スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

ネイル【ヴェルニ 64 ROSE BABY CHANEL】と貰ったサンプル|感想
ネイルはもう、別で探そうかな(汗)
CHANELはそんなに色が揃っている訳ではないので、よっぽど気に入った色がない限りはもういいかな、という気になってきました。
今回買ったのも、大して特徴的な色ではないです。
塗って3日くらいもつかな、という感じです。
白っぽい仕上がりです。

CHANEL6_20091004222045.jpg

貰ったサンプルは、リフトシリーズです。
これもツバキが配合されているのか、香りが結構キツいです。
化粧水はこのシリーズを使用していますが、美容液やクリームはまだ私には早いそうです。
同じシリーズで揃えればいいというものではないみたいですね。フムフム
サンプルは少量使うようにしています。
たっぷりめに使っちゃうと、案の定プツプツと軽いニキビのようなものができてしまいました。
なので、やっぱり年齢的に早いアイテムなのかな、と。

CHANEL7_20091004222029.jpg

今気付いた。
写真と内容が違うし(笑)
えっと、これは、いつもの愛用している美容液ですね、アクティブセラムですね。保湿美容液です。
それと、ボーテシリーズのクリーム。そして、この前購入した洗顔ですね。
私のシリーズです。
スポンサーサイト
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


お粉【プードゥル ユニヴェルセル リーブル 20 クレール CHANEL】感想
リキッドファンデデビューを果たして、お粉を持っていなかった私は
その辺で買った安いお粉と、ホワイトエサンシエルコンパクトを混ぜて使っていました。
で、やっと【プードゥル ユニヴェルセル リーブル 20 クレール CHANEL】を購入。
色は、白とベージュの二種類があり
重ねて、使う人であれば、ベージュの方が白く仕上がらないと言われたので、ベージュの方にしました。
入っているパフは、正直そんなにふわふわではありません。
仕上がりはとっても自然で、軽く、崩れにくいです。
若干夕方からのべたつきが気になりますが、そこは、化粧治しでなんとかするしかありません。
元々薄付きなので、当然と言えば当然ですね。

基礎のお手入れの成果が分かりやすいので、素肌美人になった気分になれます(笑)

CHANEL4_20091004221052.jpg
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


洗顔【コンフォート フォーミング クレンザー CHANEL】感想
今まで資生堂のGRANASの洗顔クリームを使っていましたが(四本くらいリピートしていた)
切れていた間、中継ぎとして、以前貰っていたCHANELのサンプル(ホワイトエサンシエルだったと思う)を使ってみて
あれ?洗顔力が良い…?
と思い、CHANELは泡立ちが超乏しいですが、この洗顔力は、資生堂のGRANASよりも上な気がしたので、久々にCHANELに戻して見ました。
以前少しの間リピートしていたのは、ホワイトエサンシエルクレンザーでした。
さっぱりした洗い上がりですが、やはり感想と、泡立ちの悪さで、鞍替えてしまったのです。
で、今回、乾燥はしたくないということで、勧められたのが
【コンフォート フォーミング クレンザー CHANEL】です。
5,000円。
洗顔力は問題なし。
泡立ちは相変わらず良くありません。
結構な量を使わないといけないので、結構高いです。
乾燥はしません。
お風呂からあがって、体を拭き、着替える間に乾燥しちゃう洗顔だと、たった数分の間に肌がカサついてつっぱってしまうのですが、【コンフォート フォーミング クレンザー CHANEL】はそんなことはありません。

乾燥を防ぐということ以外に一体どんなメリットがあるのか、正直疑問ですので
今度はもっと説明を聞いて、ホワイトニングで乾燥しないものがあれば、そっちを使おうと思います。
今回はCHANELの中でも、泡立ちがいいもの、としてセレクトされたような気がします。

CHANEL5_20091004221107.jpg
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


【エクストレム コレクシオン アイ CHANEL】感想
【エクストレム コレクシオン アイ CHANEL】こちらも以前使っていたものよりもバージョナップしました。
目元はいち早くエイジング対策。
お値段は少し張ってしまいますが(9,400円)、こちらは、以前使っていたもの(名前を忘れてしまった。一個下のランクのやつ。ボーテの一個上のやつ)は肌に入るというより、表面の乾燥を防ぐといった感じで、つけた後もべたつきが残る感じでして、それが嫌だと伝えましたところ
スッと肌に入っていき、且つコラーゲン配合ということで、シワの改善にも一役買うというワンランク上のアイクリームを購入。

化粧水の後に、【エクストレム コレクシオン アイ CHANEL】、そして美容液、クリームとなります。
米粒一粒。
確実に肌は老化の一途をたどっています。
シワが消えません(泣)

これを擦り込んで、少しでも笑い皺を消したいと思います。

CHANEL3_20091004220108.jpg
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


新潟妻有大地の芸術祭で見かけたMINI COOPER CONVERTIBLE
新潟アートトリエンナーレでMINI COOPER CONVERTIBLEのレンタカーキャンペーンやってまして
私の滞在期間中は受け付けてなかったように記憶していたけど
なんと、みかけました。
雲や三日月が描かれたミッドナイトなオープンです。
Sではなかったので、残念でした。
S以上でないと、MINIは走りが非常に、何と言いますか、走りが物足りないといいますか、いや運転はしやすいんだけど、大人しいというか、ソフトなんですよね。

でも当時は発売されたばかりということもあって、しかも特別に装飾が入っていたので興味がありました。
ということで、目撃したので激写。

二ヶ月も前の写真となりますが、見たって!

MINIオープン
いじわる
寝たふり   0 0

thema:こんなん見つけました! - genre:車・バイク


化粧水【エクストレム コレックシオン ナノローション CHANEL】感想
化粧水を【エクストレム コレックシオン ナノローション CHANEL】にランクアップしました。
それは肌がランクダウンしたからです。
エイジング対策に入った方がいいでしょう、と言われ
今まで愛用していた【イドゥラマックスプラス アクティブ ナノローション】や【ホワイト エサンシエル ナノローション】をやめて
こちらのハリなどを出すための?ツバキ配合化粧水に変えました。
上記の愛用していた化粧水とは違って、ガラス瓶になっております。
高級感はありますが、実際価格としては【イドゥラマックスプラス アクティブ ナノローション】よりも500円高いだけですし、【ホワイト エサンシエル ナノローション】よりも200円お得であります。
【ホワイト エサンシエル ナノローション】は、美白効果が高いので、やっぱり高いですね。
しかし、保湿には乏しいので、来年の夏には、美容液はホワイト、最後のクリームで乾燥を防ぐようにしようと思います。

で、本題であります【エクストレム コレックシオン ナノローション CHANEL】の感想ですが
保湿力は高いです。
仕上がりももっちりしています。
ちょっと香りがキツいです。
ツバキ成分が入ったシリーズはちょっと全体的に香りがキツいです。

ただ、これからも使い続ける化粧水になると思います。
【イドゥラマックスプラス アクティブ ナノローション】の香りやテクスチャは好きでしたし、ライトな仕上がり感も心地よかったです。
ただ、これから肌は老化の一途をたどって行くのは目に見えて分かっているので(実際目尻のシワにはホントにげんなりです)
少々香りがキツくても、我慢して使い続けると思います。
もちっとした仕上がりはとてもいいです。

CHANEL_20091004193535.jpg


貰ったサンプルは、新商品のファンデです。
ブラシがついているようです。
キメが細かいそうですが、多分買わないかなぁ。
CHANEL2_20091004193653.jpg
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


『小沢 剛:透明ランナーは走り続ける』展@広島市現代美術館|感想
広島市現代美術館にて『小沢 剛:透明ランナーは走り続ける』展観てきました。
9月12日に観てきたのですが、最近めっきりブログを更新することがなく
感想文もまたこれだけ遅れてしまいました。

長く制作を続けられている、地蔵建立シリーズと、なすび画廊の展示もありました。(とても数が多かったです)

私が好きなのは、物を使った映像作品で、バケツや段ボール、ほうき、プラスチック製品など日常に溢れているもので、複数のブラウン管のモニターで繰り返し映像がそれらの単調な動きなどが流れるシリーズだけれど
森美術館での『日本の笑い』展?での作品は本当に面白かった。
そのビデオ作品の中でも、奇跡的瞬間を撮った物ばかり続いた映像だった。

それから
地下の展示室には、広島平和記念館に手向けられる?千羽鶴の再生紙で作った比治山の作品があった。
この千羽鶴の作品と一緒に企画されたもの?で、広島市現代美術館のグッズに千羽鶴の再生紙で作られたボールペンが一本150円で売られていたので、4本買って帰った。

その日は誕生日で
朝から雨
大雨の中、高速道路を平均150km/hですっ飛ばして広島に向かったが
とてもじゃないくらいに疲れて
美術館鑑賞の後も、いい時間の過ごし方ができなかったため
いい一日として締めくくる事が出来なかった。

いつも9月は歯車が激しく回り過ぎてどこか壊れてしまう。
実際今、色々壊れた状態で、後処理が大変だったり、心を痛めてしまったりしている。

次の展示はアラーキーの広島の顔展だ。
佐賀、熊本、広島。
西日本が結構続いている。
もうアラーキーは私の事なんて覚えていないだろう。
もう二年。
二年という歳月はあっという間だったけれど
あまりにも色んな事が起きて大変だ。嗚呼、大変だ。

広島市現代美術館
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち@熊本市現代美術館【感想】
熊本市現代美術館にて『花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち』を観てきました。

モネは期待する程の数はありません。
期待は絶対禁物です
大きめな作品2つがかなり綺麗です
で、大きな作品が写真で展示されていますが
かなり空間がもったいないというか、非常に意味がありません(汗)
美術館で作品の写真を展示するなんて愚以外の何ものでもありませんから…
写真や図録は、美術館では絶対に目を通さない方がいいですよね
例えば、さっき見てきた展覧会の図録を購入して、すぐに見る、なんてことは。
今見てきた記憶をしばらくは大切にするのがいいと思います。
それで、写真というのは、本物と全く色が違います。
全然。
だから見ない方が得策です。
山口晃氏が、教科書の源頼朝の絵と、図録か何かの模写を書いた作品があったと思いますが
つまりそういうことですw
色が全く違ってびっくりした!っていう経験はどなたもあるかと思います
ということで、美術館という本物が見れる場所で、写真を展示するというのはちょっと…

蜷川実花さんの写真は相変わらず雑誌などから出てきたポップで商業写真な花たちが満載です
それが芸術家か、と問われれば私はかなり首をかしげてしまいますが
今は人気な写真家なので、蜷川実花さん目的で来館される方も少なくないのではないでしょうか

今回見事だったのが、若手作家名知聡子さんの作品たちです
ここはさすがに観覧者たちがごった返しているエリアでしたよ
私も長く観ていました
デフォルメの仕方がやや漫画チックなところが現代の需要とピッタリなのかもしれません。


ここ数年思っていることが
圧倒されるような絵画を描く人はもう出て来ないのだろうか、と…
私はゲルハルト・リヒターが好きなのだが
ああいう、見てびっくりするような、絵画を描く人が他にもいないものか、と。
その、今までの何かを覆すような?
今の現代作家、特に若手の絵画を描く作家って、殆どが何かのフィルターを通して表現しているようで
アニメチックな描写も正直もう飽きたし
アニヲタ市場が世界中で熱いのは分かっているけれど
美術が市場に振り回されるのもどうかと思ったり…
理想ばかり言っても仕方ないのだけど…

名知聡子さんの作品は高橋コレクションの一つのようです(現代美術作家の作品買い占めか)


ところで
私が好きな会田誠氏の作品もまたアニメちっくであるにも関わらず大好きな理由は
その作品の表面よりも圧倒的に中身に惚れ込んでいるからである
絶対日本人にしか分からないような作品ばかりだ
いくら海外で評価されようとも、海外では絶対に理解されないと言い切れる程に、私たち日本人にしか分からない作品ばかりだからである
その『絶対に』というところが凄いのである
かなり最高にいい意味で『ひどい作品ばかり』で、いつも見ていて幸せというか、満足というか、充足感を得られるのである。
あ、大丈夫なんだ
という気持ちにさせられるのである。
私の『安心エリア』に直に訴えかける力を持っているということだ
と、ここで会田誠氏の作品について熱く語っても仕方がないのでこのくらいにしておくけれども…

表面での作品とのコミュニケーションを楽しむのならば、今回の熊本市現代美術館での展示も楽しめます。

ボウリング2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人@オペラシティアートギャラリー【感想】
オペラシティアートギャラリーにて『鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人』観てきました。
ここ数年の目紛しい鴻池朋子フィーバー
オペラシティにて爆発
って感じでした

ガールズパワー炸裂でした
展示数はそう多くないものの
一つ一つの密度が高かったため
観覧車はゆっくり観て回っている方が多かったです

動物の毛や、百合の花など(百合の花は香りが強過ぎるとして好まない人も少なくありませんが、キリスト教では神聖アイテムの一つなのでそれも関係してる?してない?百合は意味合いが強いので、使用意図が気になりました)刺激が強いものがあります。

アニメチックな画風や、和風テイストが人気の要因にもなっていると思いますが
圧倒的な画力には引き寄せられます

いつも思うのですが
動画が一番世界観が伝わりやすいんですよね
時間の感覚とか空気感というものが分かりやすいからでしょうか
表現としてかなり成功している手段だと思います
(でも今回大きな本に投影する、という形で動画が流されていたため、非常に見にくい。人が多くなるとまるで見えない)

ミラーボールみたいな赤子の?頭部?も良かったです。
途中なんか止まってましたけどw

オペラシティここ数年、面白くない展示ばかりでしたので
だんだん尖っていた頃のオペラシティに戻りつつあって嬉しかったです。
人が多い美術館ではないので、空間が落ち着くんですよね。


ということで
下の画像は記事とは関係ありません。
ボウリング1
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


「アイ・ウェイウェイ展 ? 何に因って?」@森美術館【感想】
クリエイティブコモンで美術館内は写真撮影が可能
当局により悉く表現を制限されてきたアイ・ウェイウェイさん
ブログなどで紹介されることで少しでも人々に伝わるようにとのことです。
表記の仕方も明記されておりましたので、それに則ってここでも紹介してみたいと思います。

職人さんたちの技術をこれでもかと作品に盛り込まれた作品たちです。
組木は凄いです。
というか、どれも凄いです。

中国人の現代作家って、当局あってのという感じがするけれど、アイ・ウェイウェイという方はそこまでそれを感じさせない人でした。勿論作品の外見上、見えないというだけで、密接な関係ではあると思いますが。

観覧中、やはりこの撮影許可ということが話題に挙っていたようで『著作権フリー』という単語が聞こえてきたりして、正直ヒヤヒヤでした(笑)フリーじゃねーよwww
少しずつクリエイティブ・コモンズ・ライセンスがちゃんと認識されるようになるといいな、と思いました。

作品は、昔の建物が簡単に壊されて行く中で柱や家具を作り替えて作品にされたものや、土器を割ったりするパフォーマンスや、上に現代を象徴されるようなペイントや、ペンキをたらされたものがあったり。
圧倒されるのが、職人技の光るものでした。
かなり美しいです。
--
作家:アイ・ウェイウェイ
下記写真は『クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示-非営利-改変禁止2.1日本』ライセンスでライセンスされています。

森1

森2

森3

森4

森5

森6

森7

森8

森9

森10

森11

森12

森13

森14
いじわる
寝たふり   0 0

山中俊治ディレクション 「骨」展@21_21 DESIGN SIGHT【感想】
21_21 DESIGN SIGHTにて山中俊治ディレクション 「骨」展観てきました。
かなり久々です。
確かチョコレートの展覧会以来かなと思われます。
基本的に店に行けば見られる、買える、デザインものの展示にお金を払うという行為はしたくないので、関心の向かない施設でしたが、今回は骨ということもあって、観に行って見ました。

内容としては、正直物足りない感じだったかな、と。
1000円の観覧料では高過ぎる感じでした。
これはサントリー美術館と同じ運命を辿る確率高いんじゃないでしょうか。

露出の割に内容がペラい感じがしました。

一個一個は真剣なのでしょうけど
ボリューム的にも、やはり内容的にも、通常美術館などで1000円払う内容のものと比べると
物足りなさ過ぎて、記憶にも残りません。

明和電機の笑う作品は、あの手作り感が良かったです。
あれは印象的でした

その他は、”製品”になってもおかしくないものたちだったのでダメでした。
製品になってもおかしくない
というのはつまり
誰もがすんなり受け入れられるもの
何の抵抗もなく
そういうものって、実は心に残らないんですよね
ごてっとしててこそ、人の肌を感じるんですけど
それが全くない

ということで
別に携帯や腕時計をバラして展示しても、航空機をレントゲンで撮っても、最先端の義足や競技用の自転車パーツを並べられても、その企画自体に1000円はやはり高過ぎる、というのが本音です。


私のようなものが観に行く展示ではないということなのでしょう…。
デザイン等の仕事に携わる人が(私もだけどw)何かのアイデアを拾いに行く展示、というポジションでいいのでしょうかね


※画像はこの記事とは関係ありません。
木蓮
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


コレクション展『旅』第2部「異郷へ 写真家たちのセンチメンタル・ジャーニー」@東京都写真美術館【感想】
東京都写真美術館にてコレクション展『旅』第2部「異郷へ 写真家たちのセンチメンタル・ジャーニー」を観てきました。
写真といえば『旅』ですね。
どんな風景でも新鮮で、どんな風景でも切取られた自分の心象風景となります。

写真展を意識的に観るようになって、少しずつ写真作品の面白さが分かってきたような気がします。

正直一週間前に観た展示なので、一枚一枚どんな写真があったのかを覚えていませんが
荒木 経惟と森山 大道が大好きで、今回更に好きなタイプの写真を発見できました。(名前綺麗に忘れた)

写真家のフィルターを通して見る
のか
赤裸々に見せられている
のか
次元を越えて、まるで絵本のように語りかけて来る
のか

写真一つで、こんなにも違うのかと
ようやっと分かってきたような気がします。


※画像は記事とは関係ありません。
木目3
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


『アロイーズ』展@ワタリウム美術館【感想】
ワタリウム美術館にて『アロイーズ』展観てきました。

--
アロイーズは、1886年にスイスで生まれ、ポツダムのサンスーシ宮殿でヴィルヘルム?世の王室付司祭の子どもたちの世話係の職などを務めた。31才で統合失調症となり、32才から78才でなくなるまでの46年間を病院で過ごし、自分の精神世界を追い求めて絵を描き続けました。アロイーズの芸術性は、1947年、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェ(1901-1985)により、見出されて世の人の知るところとなります。デュビュッフェは、このような美術の概念に束縛されない自由な表現を、アール・ブリュット(フランス語=生の芸術)と命名しました。
--
ワタリウム美術館のサイトより引用(詳細はコチラ


ワタリウム美術館はその展示のセンスから、ぎゅうぎゅうになる程混み合うような美術館ではないにしても、よく知られた美術館です。
あまり広くはないため、ひっそりと観に来られる方が多いのではないでしょうか。
しかしながら今回の展示ではかなりの多くの人が見えていました。
特にビデオが流れているエリアは大変な込み具合でした。
作家を説明するようなビデオは、観る人は観ますが、観ない人が基本的に多いと思いますが
このビデオは誰もが最後まで足を止めて見入ってしまうという珍しい状況だったのです。
ビデオが流れている場所は二ヶ所ありまして、そのどちらもが人でごった返していて
やはり長時間立ったままということもあり、体力的にも疲れました。

なぜビデオに見入ってしまったのかと言いますと
やはりその世界観というか、独特の言葉が出てきました。
詩的というのではなく、私たちの心の中の、かなり深い部分の根本的なところを思い出さなければその言葉達は理解されないような、そんな言葉たちだったのです。

そして、作品たちは、マティスやピカソのように計算された美しさではなく、衝動や感動、弾ける想いから色を並べられた、という感じがしてきます。
夢中になっている様が感じられます。
なぜなら、見ているこちら側も夢中になって、画面を追ってしまうからです。

同じような作品が並ぶからなのか、一人の人の心の中に入ったような気分になる展覧会でした。



※画像はこの記事とは関係ありません。個人で写した写真です。
木目2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


『伊藤公象 WORKS 1974-2009』展@東京都現代美術館【感想】
東京都現代美術館にて『伊藤公象 WORKS 1974-2009』展観てきました。
土を素材にした陶造形で知られる作家伊藤公象さんの個展です。

素材と向き合っている感じがしました
見ている私も土や、力、温度を感じる事ができた気がしました。

窯で焼けた姿の偶然性を強調されているように見えましたが
それはきっとその偶然の産物の美しさをよく分かっておられるからなのだろうな、と思いました。

素材の美しさ、熱や力、時間の作り出す造形を切取られた作品群だったと思います。


デジタルな思考回路になりつつある現代生活を営む私たちには
こうした肌触りのようなものと触れることでまた人間らしさを思い出せるかもしれません。


※画像はこの記事とは関係ありません。写真は個人的に撮影したものを掲載しております。
木目
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


SUMMER SONIC 09 事務局先行受付・Tシャツ付一日券
サマソニ明日ではないか。
ギリギリに送ってきたこのTシャツは明日しか着る時がないから
是非とも明日着ていこう(笑)

サイズSにしたんだけど
デカいなぁ

明日はNINとAphexTwinまで省エネモードで参戦予定。
MOGWAIとか遠くで見守るモードで参戦予定。

Tシャツ
いじわる
寝たふり   0 0

『興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅』展@九州国立博物館
興福寺創建1300年記念
 国宝 阿修羅 展


会期:平成21年7月14日(火)~9月27日(日)
休館日:月曜休館 *(ただし、7月20日・9月21日は開館)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:
一 般 1,300円(1,100円)
大学生 1,000円(800円)
高校生 800円(600円)
小中生 600円(400円)
作品総数:約60件
詳細はコチラ→九州国立博物館


九州国立博物館にて『興福寺創建1300年記念 国宝 阿修羅』展観て来ました。
今日は火曜日ということで、そんなに混んでいないかな、と思っていましたが、駐車場に入るまで15分は待ちましたし、入ってからも、思ったより混んでいました。
じっくり見られたい方は、平日に観に行く事をお勧めします。
土日しか見ることのできない方は、開館前から駐車場に並んで、開館と同時に入館されるなどの工夫が必要かもしれません。

さて、メインディッシュの阿修羅立像(あしゅらりゅうぞう)ですが、こちらは九国博サイトにもあります通り、阿修羅はインド神話では軍の神で、激しい怒りを表すのが一般的ですが、興福寺西金堂(さいこんどう)の阿修羅像に激しさはどこにも見られません。
これまでの罪を懺悔して、釈迦に帰依することが説かれています。阿修羅の表情は静かに自分の心を見つめ懺悔する姿を表したものと考えられます。とのことです。

なぜ憂いの表情なのか、などは展示室にて説明書きや、四コマ漫画があるので、楽しみに☆

【国宝 阿修羅像】や【国宝 八部衆像(はちぶしゅうぞう)】、【国宝 十大弟子像】などが展示された部屋の次には、興福寺の鎌倉復興期の造立された重要文化財の四天王像が。
運慶の父、康慶(こうけい)作の四天王は圧巻でした。
風が吹いている様が伝わってきました。重量感と風になびく炎や、布の対比が素晴らしいと思いました。

その奥には、【重要文化財 釈迦如来像頭部(しゃかにょらいぞうとうぶ) 運慶(うんけい)作 】と、その光背に付けられた化仏(けぶつ)、飛天等が展示されています。

作品数でいうと、前回の展示『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』展に比べると圧倒的に少ないし、チベット展の方が作られた時期が500年~800年近く新しいということもあって、状態がかなり良い、また精巧であるということから比較の対象には勿論ならないのだが、【国宝 阿修羅立像】をメインに、数少ない、またもうおそらく二度と九州には上陸されないと思われるので、拝見されて見て下さい。
普段は、ガラスで囲われているらしく、また後ろ姿も見ることができないそうですが、今回の展示では、後ろ姿も見ることができます。
何度も戦火に遭った興福寺にあって、守られた有り難き存在ですので、この機会を逃す訳にはいきませんよ!

阿修羅展
いじわる
寝たふり   1 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


【リフト ルミエール フリュイド ファイヤンス 05】リキッドファンデ購入【CHANEL】
【リフト ルミエール フリュイド ファイヤンス 05】を購入しました。
テクスチャはサラっとしていて、伸びが良く、仕上がりは滑らかで艶やか。
潤いがあるということで、冬も使えて、SPF15あるので一年中使える優れものです。
サンプル色は購入した2段階暗い20なのですが、仕上がりが気に入っていたのと、エサンシエルの方は、サンプルで貰っていた色が廃盤になっていて、今私に一番合う色がこの【リフト ルミエール フリュイド ファイヤンス 05】だということもあって、これを購入しました。

サンプルと色がだいぶ違うので、使うのが楽しみです。

今日貰ったサンプルは、ホワイトエサンシエルナノローションと、ホワイトエサンシエルセラムです。
旅行の時とっても助かるんだよねー^^

CHANEL_20090719224331.jpg
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


映画『トランスフォーマーリベンジ』感想
トランスフォーマーリベンジ
公開初日か前夜に観に行ってきました。

まぁまぁでした。
見せ方がおとなしくなっていて、ちょっと迫力に欠けました。

主人公の彼女役のミーガン・フォックスが前回とだいぶ顔が変わっていたので嫌でした。
唇の整形が明から様で、しかも強調されるようなメイクだったので、おえっときました。
前作ではかわいいなぁと思っていたのに。残念この上なし。

1みたいに映像がダイナミックじゃなかったのですよ
なんだか全貌を写すことが多くて、客観的な視点で見せてくれましたみたいな感じです

あと3時間くらいあったし長いのなんの。
面白かったけど、1より面白くなかった。

なんかロボットの数も多かったし、分からなくなることも多々。


っていうかもう覚えてない。
まぁ、楽しみにしていた分、ちょっと期待はずれでした。

ロボットのデザインは、本物の?トランスフォーマーにはいなかったんだろうな、と思うものが何体かあったかと思います。
アニメ版トランスフォーマーを見た事がある訳ではありませんが。
一つ目の豹っぽいデザインのロボットはあまりかっこよくありませんでした。一つ目というところが妖怪のようにしか見えないし。やっぱり気持ち悪い。
割と冒頭で登場する(あれは中国?)もの凄い大きい、コンテナとか運ぶような?でっかい機械がロボットになるのは、トレーラーでも確認できますが、あれはかっこよかった。
一つの大きなタイヤで走るんですけど、どうやってバランスとるんだろうみたいな。
あと、色んな機械と合体して、かなり大型のロボットに変身する奴も出て来てたんだけど、あの、それも予告で出て来たんだけど、吸い込むやつ。あれはかっこよくはないんだけど、充分迫力はあったな、と。なんか、下品なデザインでなんかそれが破壊力に繋がってかっこよく見えたり。
ピラミッドを登るシーンは、なんかかっこよかったと思いますよ。

そんなもんかな?
主人公の愛車カマロのバンブル・ビーは私嫌いなんだよね
あのキャラとか、寒いし。
名前も寒過ぎる。
カマロはカッコイイ車なのに、なんだってあんなお調子者な性格なの?
あと顔も丸くて愛嬌のある感じが、私のイメージするカマロじゃない。



小屋水色
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


先行上映で観に行った『ターミネーター4』今頃感想|ネタバレなし
もう忘れた
内容も危うい

面白かった
よくあるレビューのように、殆どが爆発シーン
常にドカーンドカーンと眠れやしない
いや、寝るつもりは最初からなかったけど

熱烈な?(いや熱烈でもないけど)チャンベールファンのあたくしとしては
ちょっと物足りなさを感じる映画でした。
よく2のジョン・コナーの印象と合わないとか、あれが大きくなってもチャンベールにはならねーとかいう声多数
確かに、エドワード・ファーロングみたいな妖艶な雰囲気は全くなかった
そして、いつものチャンベールのような闇の魅力というか、セクスィーさもなかった。

ジョン・コナーの妻役に、『ヴィレッジ』の盲目の主人公の人が出てた。
ちょっと薄幸な印象だけど、なんか映画での存在感はあった。
でも、役の存在感はあまりなかった。つまりキャラクター性があまりないというか。ま、いいんだろうけど。

それより何より
今回のT4で一番の収穫は、サム・ワーシントンって変な名前の俳優
かっこよすぎ。
チャンベールとかマジどうでもいいしってなった。
いやー、主人公やった。完璧に。
ジョン・コナー?は?誰?みたいな感じ
そのくらいかっこよさ満点で、キャラクター的にもかなり重要な役だったし、俳優もかっこいいし、もう何これみたいな。

ターミネーター3は見てないんだけど
見てなくても、全然大丈夫。
基本1とか2とか見てたら話は分かるし。
サラ・コナーは声での出演だったそうです。懐かしのシュワくんもCGで登場。しかもラ。
こりゃ1からおさらいやな!と思いました。

いつもはネタバレするんだけど
今回の見どころは、サム・ワーシントンがかっこよかった!ってことだけ伝えたかったんで。
一点の悔いなしです。

YouTubeで埋込禁止になってたんでリンクだけ。
このトレーラーが一番良かったんで、NINの音楽も使われているし。
http://www.youtube.com/watch?v=pcg5t0mT8V4

小屋3
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


ユニクロのオンラインストアで注文してみた【UNIQLO online store】
Webデザインで評判の良いユニクロのサイトを見ていました。
私の中では個人的にはユニクロにはあまりというか全然興味がないので
評判が良くても、サイトを見ていませんでした。
ですが、今のサイトは商品をクリックしてみたくなる感じでしたので
http://www.uniqlo.com/jp/introduction/
遂にユーザー登録して、商品を注文までしてしまったのです。
なんということだ。

ま、最新のFlash Playerでないと見れないのでイラっとくるのですが…(家のMacOSは古い(10.3.9)ので最新のFlash Playerをインストールできない 涙)
AS3とかじゃなくても充分表現できるんじゃ?
なぜわざわざFlash Player10でしか動かないもの作るかな。開発環境がCS3以降のFLASHだから。という単純な話だと思うけど、FlashPlayerはIEなんかみたいにMSのOSアップデート時に勝手にアップデートされるようなものじゃないから時代がどんどん新しいものになるからと言って古いものはどんどこ淘t(ry
PC買って一度もWindowsアップデートしない人だって沢山いるっていうのに(アンチウイルスソフトが多分正常に動かなくなるから色んなダイアログがうるさいと思うけど、無視してるんだろうね、そういう人達は)
とにかく上のページみたいに色分けしてダーっと流れているのは、上手いな、と。
色分けすると綺麗だし、一つ一つの商品力というより集合美に頼ることで惹き寄せる事に成功すると思います。
店舗でのディスプレイでもよくみかける技だと思います。
コンランとかずーーーっと大昔からそうやって商品レイアウトしていたし。
ということで、なんかカワイイ、ポチっとな。
お、めちゃくちゃ安い。
購入。
え、あと○○円で送料無料?
じゃ、他のも色々見てみよう。
って、綺麗に踊らされた。

一個一個は見るに絶えない代物なのに、この安さ!
あと、色んな通販サイトの良いところ全部持ってるし。
例えば、最近チェックした商品が下の方に表示。
さっき見てたやつ~あれどこから探したんだっけ、って時に助かる。
cookieでやれること。
あと、送料無料まであと幾ら!っていう表示によって、ユーザが計算せずに済むのは勿論、いらないものまで購入させる商売の基本技も組み込まれている。
(購買意欲をかき立てる、くらいの表現にしとけって感じだけど、実際そうでしょ、いらないものでしょ。一度買い物カゴ見てる時点で買い物終了!って思ってる訳だから。いい物があろうがなんだろうが、一度終わってんだよ、買い物は。)
あとは、カテゴリ分けが的確というか、オンラインで購入できるアイテム数が随分限られているから簡潔に済んでいるという印象。ユニクロの店舗を想像すればあれが全部オンラインで変えちゃうと買う(選ぶ)方も大変。実際、実店舗では透明ビニールに梱包されたままの状態で到底試着しようとは思わないもの(頼めば勿論試着できると思うがあんなに安価なものをわざわざ試着すると時給に換算すると損失になってしまうので、安価であればある程購入にかかる時間は少ない方がお得だ)そこをちゃんとアイテム数絞って、導線も綺麗にまとめられていて迷子になることがない。
ただ、ちょっとちゃんと動いていない箇所があった。
それはメニューに『値下げした商品』というものがあるのだが、更に『全部の商品』をクリックすると商品がだいぶ被って大量に表示されている。あれはバグなんじゃないの?(Google Chromeで確認)
ユーザ数が多いだろうに、放置されているのは強いなーと思いました。ありえないっす。

ポロシャツは随分前に買った事があって、形が一番微妙だったんですけど、黒だったので普通に着ても無問題とし、ある夏は活用していました。また買いたいとは思いませんけど。
あ、でも前に購入したことのあるポロは、今の形と違うので、今のは形がかわいくなってるかもしれません。今なんか1990円で、二枚買えば990円引きみたいなことやってた。何それ。
http://www.uniqlo.com/jp/stylebook.html#/polo/1/
こんなに他のアイテムで引き立てれば随分かっこよくなるんだな、と。
1990円のポロシャツをどうしてこんなにオサレなアイテムで引き立てなければならないのだろう、というくらいに見せ方が上手。
でも、ユニクロの良さは価格。この価格で購入してしまえば、物自体に愛着はないと思う。殆どの人に。だからここまでかっこよく着てくれたら嬉しいけどねって
こんな見せ方されたら1990円が随分安く見える。
ブランド戦略勝ち進んでいるユニクロの一面がこのオンラインストアかなーと。
あとは、実店舗の方でも色んな戦略あるんだろうけど(売上げの下限が厳しいっていう話を聞いたような。売れない店舗は即潰すみたいな。知らんけど)興味なし(笑)
CMとかイベントとか企画商品とか色展開とか凄いなぁと思うところ多々。
店内のでかいポスターとかも、無印良品とかスポーツブランド店みたいな印象でブランディングに一役買ってますねー

私個人としては、作業着ならユニクロ、部屋着ならユニクロっていう確固たるポジションに加え
どこで買っても差はない商品に、ユニクロが加わりそうな気配。それって凄く大きいと思う。
例えばシルエットが目的を達成していれば、事足りるようなアイテム。レギンスとか、スキニーとか。

今回は、半袖のパーカーを注文してみました。黒。サイズはS。
フードがついている、黒。という点をちゃんと達成されているのであれば成功だと思って。
多分かわいくないと思うので、オサレ着には絶対無理だけど。
あと、10分丈のレギンス。これは990円だったので、どこで買ってもあんまり価格帯に変わりなし。
あと、Tシャツ。値下げ商品を選んだ。Aラインということで、肩がぴったりくるようにSにしてみた。
あとは、送料無料になるまで商品が見つけきれなかったので、母が短パンを。

今回は
買う筈もないものを買いましたー、こんな仕掛けで。
という話題でした。

小屋2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:通販・ショッピング大好き - genre:ライフ


買ったもの【CHANEL】基礎化粧品たち
ここ最近のスキンケア・コスメへの投資には目を見張るものがあります
ストレス発散がこんなところに…!

さて
先日購入したもの
【イドゥラマックスプラス アクティブ セラム 50ml ¥13,500】
【ホワイト エサンシエル コンパクト 10 ¥5,300】
です。

【イドゥラマックスプラス アクティブ セラム 50ml ¥13,500】は
【CHANEL】では初?お得版です。
なんと大盤振舞い?の3000円のお得美容液。
貧乏臭いですけど、お得版があるなんてね!
勿論、【イドゥラマックスプラス アクティブ セラム】リピーターの私としては
買わない訳にはいきませんでした。
去年は、年間を通して保湿に力を入れておりましたが、今年はホワイトニングラインにも手を出しています。【CHANEL】のホワイトラインはさっぱりした仕上がりですが、決して乾燥はしません。
ですが、【イドゥラマックスプラス アクティブ セラム】は肌質改善してくれるので、使い始めてカサカサと皮がめくれる程乾燥なんてしなくなりました。
CHANEL6.jpg

【ホワイト エサンシエル コンパクト 10 ¥5,300】は、なんと今回二ヶ月での補充となりました。
紫外線が強くなってからは、厚塗り厚塗りで…。
通常三ヶ月もつリフィルが、二ヶ月で…。
高くついてしまった…。
CHANEL7.jpg


今回、アドバイザーの方に勧められたのが、リキッドファンデ。
これまで下地(【ホワイトエサンシエル メイクアップベース】を愛用)の後、コンパクトでしたが
リキッドファンデを勧められました。
というのも、厚塗りしたがる私を見て、カバー力のあるリキッドファンデを勧められたのです。
Ikkoさんの手法で、リキッドファンデを1プッシュ、手のひらに伸ばして、顔全体に押さえながら乗せるという方法。
これでぼてっとした仕上がりではなく、薄付きで、自然な仕上がりになるとのこと。しかもカバー力もある。
そして、パウダーで押さえるという順番なのですが
とりあえず、次回、近々リキッドファンデを買ってみて、押さえるパウダーは、今回のコンパクトで。
挑戦してみようかなと思っております。

貰ったサンプルは、リフトルミエールリキッドファンデと、マットルミエールエクストリーム?だったっけ。カバー力抜群のコンパクトファンデです。
CHANEL8.jpg

明日リキッドファンデを手にひろげて付けてみよう!
パウダーは、大きめのパフを買わなくては。

小屋
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


『マーティン・クリード MARTIN CREED』展@広島市現代美術館
『マーティン・クリード MARTIN CREED』展
会期:2009年5月23日(土)~7月20日(月・祝)
会場:広島市現代美術館


広島市現代美術館にて『マーティン・クリード MARTIN CREED』展観て来ました。
作品数はそんなに多くありませんでしたが、アジア初の展覧会ということで、必見です。
2001年にターナー賞を受賞して以来、国際的にも注目を浴びるようになったということで
美術手帖なんかで見た事あった、くらいの遠い方だったのですが
今回、広島市現代美術館という箱での展示。
感想はというと、まぁ、空間に依る作品というか、現代の、現代による、現代のための作家、という感じなので、つまり環境や、評論家の影響を強く受ける作品なので
あたくしはあんまり感動しなかったというか。
物自体に力はなく、懐かしのミニマリズムとか、日本国内に於いてのモノ派、またマルセル・デュシャンみたいな、やったことに対する評価の方が強い作風というか?
コンセプチュアル・アートってことで。
『ライトが点いたり消えたり』という作品は、二番目の何もない部屋の照明が点いたり、消えたりするだけの作品である。
これがターナー賞作品というのだから、よっぽどイギリスもネタがなかったのだろう。
かなり私見が出ちゃいましたけど
あたくしがなぜこういう作品を観て満足しないかというと
例えば、今回広島市現代美術館に合わせて作られたというブロッコリーの魚拓と、比治山公園のもこもこ生い茂る木々の見える窓のカーテンが開いたり閉まったりする作品はセットだったらしいのだが
このカーテン、自動で開閉されるのだが
光を取り込むところが作品らしいのだ、光や、ま、ブロッコリーとセットであるならば、あの木々が見える風景もセットなのかもしれないが。
それは、言われないと分からない訳だ。
答えが、決まっているのだ。
芸術はなぞなぞじゃないんだ。
答えがあって、ああ、そうですか、じゃ面白くないじゃないか、と。
最初の展示室でこれだったので、少しやる気が失せてしまった私はその後も意味深で、且つ窮屈な作品たちに辟易することになる。
なぜ、そのカーテンにガックリさせられたかというと
そんな意図よりも、遥かに自動で開閉されるカーテンの動き自体の方が奇妙で面白かったからだ。
黒いカーテンが開いたり閉まったりするのがコミカルに見えたのだ。
そこに解説が加わり、こうですよ、と言われた瞬間に萎えるのは当然のことではないのか。
終止作品達はその調子で続くのだ。
ミニマリズムもコンセプチュアル・アートも一度やってしまえばもう終わり。
誰もが出来るアートで、誰がやったとかそういうのは大して意味を持たないというところが醍醐味であり、発想の転換や、ものの見方を提案するものであるかもしれないが、例えば人生の楽しみ方といっても過言ではないかもしれないけれど
その態度というのは、どこかこれまでの鑑賞者を嘲笑しているという雰囲気があるのだ。
結局のところ、美術界で食べている人間が、美術界に君臨するために評論家に媚びをうっている当本人たちがそれをやるのだから私は気に食わないのだ。
面白い発想をする人間や、驚きの行動をする人間、想像もできないものを作り上げる人間は
どこにでもいるのだ。
それを美術館でやりたいがために彼らはその場所で、嘲笑という態度で臨んでいるのかもしれない。

観る方も疲れるのだから
作る方も大変疲れるだろう。



地下の展示室では
映像作品がシリーズで展開されているのだが
今回の映像作品は非常に良かった。
これは言葉で説明されていないのに、全く完全に表現しきっているのである。
頭の中にもやもやしたものを綺麗に表現されるとこちらはかなり爽快だ。


常設展示も、今回も良かった。
コレクションを上手に扱っていると思った。
作品の価値を分かっていると思う。
毎度毎度、ちゃんとテーマを持って展示されているこれらのコレクション作品たちは幸せだと思う。
(普通常設なんて、ただ並べて終わり、なのだから)

広島市現代美術館

いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


感想『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』展@九州国立博物館
『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』展
会期:平成21年4月11日(土)~6月14日(日)
会場:九州国立博物館 3階 特別展示室


九州国立博物館にて『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』展観て来ました。
いやいやいやいや、かなり良かったです。
かなり盛り沢山でした。
これはちゃんと目一杯ご飯食べてから挑まないと、最後まで体力持ちませんよ。
仏像関連の展示では、大体に於いてメインディッシュが一体あって、その他はサブとは言いませんが、客寄せレベルは多くはないんですけど
今回この『聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝』展なんですか。
メインディッシュばかりで、ぼくちゃん大変困ってしまいました。
なんかどれも怖かったです。
観ることができて本当に良かったです。
未だ海外に行った事のない私が、行きたい国は?と訊かれて、答えていた国がチベットでした。
勿論チベット仏教などに興味があったのですが、チベットに行ったとしてもこれらを目にする事はできなかったと思います(一般には公開されていないものも多数ありました。通常は布を被せられているものも数体)
この展示ばかりは、二回観に行きたいと思わされるものでした。
まだあと約一週間あるので観に行っていない方は是非。

桜3
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


買ったもの【CHANEL】基礎化粧品たち
先日購入した【CHANEL】基礎化粧品たちのご紹介です、いえーぃ。

まず一つ目、どーん。
【ホワイト エサンシエル セラム 30ml】¥14,500
これが本来の目的
ちょっとの間浮気していた、資生堂グラナスのホワイトセラムが全然ダメダメだったので
あなた、ごめんなさい、あたしが悪かったわ、と言わんばかりに【CHANEL】に戻りました。

CHANEL2_20090602211243.jpg

もちろん、それだけに留まらなかったー。
ということで、二つ目はほっぺをかわいらしく彩るチーク【レ ティサージュ ツイード ピンク】¥5,800
去年の冬にDiorのオレンジ色のチークを使い続けて、ちょっと飽きて来たのと、【CHANEL】の軽い色付きが懐かしくなったこと、ピンク系のチークに戻りたくなったこと、でチークで相談してみた。
今回なぜか、ツイードの商品をごり押しされたんだけど(どうして定番商品を紹介してくれなかったのかしら?ツイードの売れ行きよくないのかな??)結果この色はキュートだったので良しとします。
ゴールドのラメがたまにキラっとするし、とにかく少量で軽くふわっと色付くので即決。使って行くうちに練り込まれたピンクとベージュのパウダーが、左右に分かれて行くのだそうです。勿論ゴールドのラメは最後まで練り込まれているとのこと。

CHANEL3_20090602212419.jpg

CHANEL4.jpg

そういえば、化粧水も終わりそうなんだけど…
ってことで、これで終わらなかったー
三つ目【ホワイト エサンシエル ナノローション 150ml】¥6,700
乾燥肌の私は、冬は勿論、夏もカサカサカサカサ。ネズミか!ってくらいカサカサしてます。
夏も保湿の化粧水を使いたい人なんだけど、ブースト効果ということで、美容液と化粧水、ライン使いの方が効果は絶大なんですけど、と言われちゃ、ホワイトの化粧水買うしかないっしょ。
この前買ったクリームは保湿のにしたから、まぁ激しく乾燥したりはない筈!と信じて…

CHANEL1_20090602213431.jpg

今回も、すんごい買っちゃいました。
いいの、いいの。消耗品だから仕方ないわ。
三十路前後くらいから、普段のお手入れ具合で差が出て来るってことです。
アンチエイジングするっス。
頑張るっす。
そして、去年の夏は年間通して保湿に徹してみたけど、今年は本格的にシミ対策。
ホワイト エサンシエルのライン使いで、紫外線と真っ向勝負してみるつもり!
かかって来い!紫外線よ!

最後に、おまけ。
頂いたサンプルのご紹介。
いつもありがとうございますです。と言ってもロイヤルカスタマなんで、当然なんだけどー。
旅行の時に大活躍なんです。えぇ。

CHANEL5.jpg

新製品の保湿化粧水【イドゥラマックスプラス アクティブ ナノローション】のジェルタイプじゃないサラサラ液体タイプの化粧水です。
水分の浸透量は同じとのこと。あとは質感の違いなんだって。でも、私はジェルタイプがしっとりな心地が好きだから購入するのは、ジェルタイプかなー。
今回買った【ホワイト エサンシエル セラム】と【ホワイト エサンシエル ナイトクリーム】
ナイトクリームは夜限定ってのが難点なんだけど、日中と夜とにクリームも分けるんであれば、それこそライン使い、徹底すべき?
テクスチャもかなりイイ感じだった。こっくりしている感じ。(オイリーな感触というより、水分豊富な感じ)
それと、サンプルではないんだけど、28個入りの徹底シミ対策の使い切りタイプ。
凝縮されたホワイト美容液。
これもいつか買いたい!
(でも『どこにそんな気になるシミが?』と言われるくらいのシミしかないので、まだ買わなくていいかも。例の97%シミを消すって自信満々のホワイトニングアイテムです。)

ということで
老化を少しでも遅らせるために?もしくは、単なる自己満足。ストレス発散としてのアイテム。
気分が良くなれば、笑顔でいれる!
にゃおーー!

桜2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


今日買ったもの【CHANEL】
今、朝晩使っている【ボーテ イニシアル エマルジョン】がなくなったので
乳液を買わなくては死んでしまうと思ったので
百貨店に駆け込みました。

先日発売された皮脂コントロールの乳液【ピュルテ イデアル フリュイド】もこれからの脂ギッシュな季節には重宝するかな、と思っていましたが
サンプルで貰ったものを使ったら、確かにサラッとしているのですが、基本乾燥肌な私にはやや水分が足りない様な印象だったので(目の周り辺りが少し心配になる程度でしたが)
ホワイトか、イドゥラマックスプラスのどちらかのシリーズで乳液を購入しようと思いました。

結論としては、【イドゥラマックスプラス アクティブ ジェルクリーム ¥8,500】を購入しました。
夏も盛りになったら、夜用にホワイトのクリームを購入しようと思います。
それまでは、朝晩両方【イドゥラマックスプラス アクティブ ジェルクリーム ¥8,500】で凌ごうと思います。
CHANELクリーム


それから、ちょっと気分転換がしたかったので
口紅を購入しました。
これまで、肌に馴染むような、やや薄めの色味のベージュ系やピンク系を使っていましたが
昨日何気に見ていイなピンクのキラキラした口紅をしていて、とってもカワイかったので、似た色を探してきました。
【ルージュ イドゥラバーズ 85 LILAC SKY ¥3,600】青い偏光パール?が入っていてハードなピンクです。でも、このパールのお陰で唇の立体感を出して、顔に馴染むのではないかと思います。
これは気分転換になる色です。
CHANEL口紅1

CHANEL口紅


そして初めてのリップライナーも購入しました。
リップライナーなんてつける時間なんてない私です。ここ最近なんて唇に色を付け事すらしなくなってきていて、ちょっと冒険です。
【ル クレイヨン レーヴル ナチュラル ¥2,900】を購入。
ちょっとオレンジ系のベージュみたいな感じです。ちょっと、赤みが強かったので、私も使えるか心配です。
でも、美容部員さん一押しだったので、勢いで購入したのですよね。
一押し商品は結構買っちゃう私です。
薄めにつけて、ぼかして使おう。
CHANELリップライナー1

CHANELリップライナー


そしてネイルも購入しちゃいました。
【ヴェルニ 210 LILAC SKY ¥2,900】
なんと、口紅と同じライラックスカイです。運命を感じたので、即決でした。
この色も充分気分転換になると思われます。
ちょっと青みがかったピンクがかわいらしいじゃないですか。パステル調の赤紫って感じかな?
CHANELネイル


サンプルではホワイトのエマルジョンとナイトクリームをもらいました。
そして、28個入りの、シミ97%改善のアイテムの一つをいただきました。
有り難し。
いつかホワイトニングを本格的にやる時は購入しようと思います。
CHANELサンプル


ということで、今日はちょっと沢山買っちゃいました。
でも、基礎化粧品二つとか買ったらもっと行っちゃうので、今回はまだ安い方ですね。
3万とか越しちゃったら結構凹むし。

それと1.5倍のサイズの【イドゥラマックスプラス アクティブセラム】を予約しました。
なんと、これまで一切お得サイズとかお得アイテムが存在しなかったCHANELに、お得サイズが限定で発売されるというのです。
これは購入せねば、と思って予約してきました。
¥3,000のお得だそうです。かなりデカい。

ということで
出費は増えるばかり。
でも、ここで安物を使ってしまうと、これまでの努力が水の泡ではないですか。
何もしなかったら、粉をふくくらい乾燥肌なのだから。
今の肌を保てているのはお金をかけているからこそなのだ。
と言い聞かせて、これからも取り憑かれたように基礎化粧品を買うのだろうな。。。
これもある意味宗教。
まぁ、独身のときだけなので、楽しもうではないか。

桜
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


映画『GOEMON』感想|ガンガンネタバレ
映画『GOEMON』観て来ました。
普段、あまり邦画を観ない私。
前回劇場で観た邦画は、『嫌われ松子の一生』だ。
私の中での共通点は、映像が特徴的だったこと。
それだけだが、それだから観に行った。
まず、満足度で言うと、満点に近い。
かなり面白かった。

俳優について
江口洋介がめっちゃかっこよかった。
普通に容姿がかっこよかった。
ワイルドな演技もかっこよかった。
顔が、どことなくレオナルド・ディカプリオに似ていると思った(ディカプリオファンW)
眉が良かった、眉が。
特に眉間辺りの感じが。
少年のような目もよかった。
あと口元とか。
笑顔とか。

猿飛佐助役のガレッジセールのゴリもなんか、凄く演技がうまかった。
やっぱりお笑いやっている人はコントで演技するからうまいのかな。
いや、演技するのがうまいから、お笑いもできるのかな。
演じることや、楽しませることがうまいから、お笑いも俳優もできるのかな。

広末涼子はどうでもよかった。
相変わらず、いつも同じだな、と思った。
顔を揺らしながらぶりぶり演技は、ちょっとウンザリした。
お前が見たいんじゃねんだよ、演じろよ、ちょっとは。
と思ってしまった。
でも、清純な感じがして良かったけど。(結局良かったんかい)

あと、織田信長役の中村橋之助が
メイクが似合っていた。
織田信長風なメイクと衣装が、凄く似合っていて、綺麗な織田信長って感じだった。
この映画での織田信長は、ゲーム『鬼武者』の織田信長のような印象だった。

豊臣秀吉は、あまり悪者にされない印象なんだけど
キャラ的にも百姓出身の野心家というか、世渡り上手と言うか?
歴史全くご存じない系なんでよく知らんけど
この映画ではめっちゃ悪者やん
ラスボスでした

徳川家康は、正直一番魅力のないキャラクターでした。
面白味のないというか
特徴もないというか

服部半蔵が強過ぎる
霧隠才蔵役の大沢たかおが、またかっこよかった。
でも、あのキャラクターをもっと濃くというか、強くして欲しかった。
あまりにも弱過ぎるというか、影が薄いというか。
いや、ほんのちょっとだけでいいんだけど。
才蔵の最期も、かっこよかったけど、もうちょっとかっこよくできた筈。
簡単に言うと、凄みがもうちょっと欲しかったっていうか。
死ぬ間際くらい。

でも、五右衛門風呂の由来となる釜茹の刑が、まさか才蔵で描かれるとは。
ちょっと意外な感じが良かったです。
石田三成に雇われている忍びの才蔵が、秀吉暗殺に失敗(チェ・ホンマンが吊るされている秀吉を助けたんだけど。才蔵がとどめをさっさと刺さないのが悪いんだけど)して、処刑される際の話なんだけども。
息子も一緒に釜茹なんだけど、さすがに残酷なシーンはなく、張付けのまま秀吉に釜に蹴落とされる形にして、赤子も放り投げられる、という形にされていたのだけど。

洋画で、処刑シーンの時、最期に喋ったりすることって、殆どないんだけど
日本は、普段喋る人物描写がないからなのか、死ぬ間際は凄いシーンが期待できる。
やはり、欧米とは死の描写が違うと思う。
欧米は、死ぬ間際、思いっきり自由になるというような、心象で表現されるのをみかけるが、あれはとても素晴らしくて、あまり日本ではみかけないような気がする。


豊臣秀吉が、織田信長暗殺に関わっていたかどうか、というのは意外なストーリーだったけれど
そういう説もあるみたいですね
過去のことは、よく分かりません。

石田三成役の要潤が、凄くハマっていた。
メイクや衣装が最高に似合っていて、あそこまで役にぴったりだとは!



映画全体として、ボリューム感満点で、盛り沢山、観ていて飽きない。
映像も豪華で、衣装やセットも豪華で良かった。
金かかってるなーという印象。
テンポもよくて、ストーリーもとてもよかった。
あと、かなりメッセージ性が強かった。
強かった?というか、分かりやすかった。
ただ、かなり切実さに欠けていたので、そのおまけ程度のメッセージは、やっぱりおまけでしかないのだろうな、という印象。
市場原理主義とか、格差社会に関する批判(疑問レベル)とかは五右衛門の台詞に登場
才蔵が五右衛門を名乗ってからの、最期の台詞にも登場
『幸せのために戦う』という服部半蔵の台詞は
軍需産業が大きなウェイトを占めるアメリカを筆頭とする戦争せずにはいられない国々に対する批判が込められているし
五右衛門が徳川家康に戦をしないことを約束させたシーンも、日本の役割としてのメッセージが感じられた
けど、そんな模範的な、どこにでもありそうなメッセージ性をここで言うのか、と思ったし
やはり映画全体をみていて、それがメインとはどうしても思えない仕上がりだった。
やはり『GOEMON』はエンタメ映画然としていたので。
勿論、今の日本の風潮が、意見することを嫌ったり、大きな声で叫ぶことを嫌うので、おまけ程度がちょうどいいのかもしれないけれど。



あと
前半の映像が、アニメちっくで新鮮だった。
かつてMTVのCM?映像(電車のやつとか)みたいな、色味とか、動きを思い出した。
手法としては、それのパクリってこと?昔からあったコミカル表現ではないと思うし。CG使ってる辺り。
あと、なんとなく全体的に漫画ちっくに感じるところが多々あった。
漫画世代の人が作ってるんだろうな、という感じ。
例えば、五右衛門が、家康を討つシーン。
五右衛門目線で、家康軍の鎧を着ている佐助が、五右衛門を短刀で刺している瞬間を写したシーン。震えながら佐助がこっち(五右衛門)を見上げているシーンなんて
よく漫画などで描かれるようなシーンじゃないですか。
手下だと思ってた奴が、近い人間が、トチ狂って致命傷を与えるなんて。
五右衛門は、その時青年時代に茶々からの贈りものである茶々の扇子で家康の首をとっているだけなのだが。
視点とか、テンポとか、描き方(演出)が漫画チックってことなんですけど。
そういうのやっぱり日本人はうまいよねーと思います。

漫画とか、ゲームのような世界観が、特徴的でした。



柿の木
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


リバイタル グラナス クレンジングミルク 3本目【REVITAL GRANAS】
完全なるリピーターでございます。
今のところ、クレンジングでは【グラナス】が一番いいです。

先月くらいにホワイトニングの美容液を買いましたが
同じ価格の【CHANEL】のホワイトセラムと比較すると、完全に負けていたので
グラナス製品は、クレンジングのみにしようと心に決めました。

今日は、肌チェックもしてもらいました。
キメや透明感は、かなり良好でした。
というか、水分以外は、全部の項目で良好でした。
5段階評価のうち、4.5以上の高得点です。

やっぱり乾燥気味なんだな、と。
暖かくなって来たこれからの季節も、日中は徹底的に保湿に注力しようと思います。
紫外線が気になる季節ですが、夜の、ホワイトニングを頑張れば、なんとか大丈夫だと思うので
今使っている【グラナス】のホワイトセラムを使い終えたら、即刻【CHANEL】に戻ろうと思います。
鞍替えした私が悪うございました。
全く効果がありません。
ホワイトニングは【CHANEL】が一番です。
値段も同じなら尚更のこと。(【グラナス】が安いと思っていた)

今日は、クレンジングミルクのみ購入。
クレンジングオイルのサンプルを貰いました。

グラナス洗顔
いじわる
寝たふり   0 0

『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展&『高松次郎コレクション in Hiroshima』展@広島市現代美術館
広島市現代美術館にて『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展観て来ました。

かなり良かったです。

盛り沢山でした。
現代美術と、巻物や掛け軸、その他お面などの展示がミックスされていました。

西尾康之氏の観た事のない作品がみれて良かった。
特に冒頭の、女の頭部が良かった。
あと、昆虫三体の作品も、非常に良かった。
背中まで回ってみると、甲羅?の部分がとても良かった。

売れっ子というか、スピーディーに?手法?や媒体にこだわらず?様々な作品を作りだす小谷元彦氏の作品(能面のやつ)があった。
もの自体に込められた魂のようなものは、残念ながら西尾氏の比にもならないが
見てくれはクールで、キャッチーだと思う。
いや、このキャッチーさが私はたまらなく好きなんだけど。
キャッチーというのは、ある意味失礼な言葉かもしれない。
でも、どの作品も抵抗なくクールに見えるのだから、そうなんだと思う。
現代にピッタリの、需要と供給がピッタリ綺麗に合ったポイントにいらっしゃる方だと思う。
変な癖がなくて憧れます。

西尾康之氏の掛け軸?の作品が凄く良かった。
着物を着た女子が、幽霊となって現れた、やや下から見上げる感じに描かれている。
こりゃ凄いと思った。
怖くなかったのが少し残念なんだけど。怖さよりも圧倒的に美しいというところが、少し悲しかったけれど。
例えば、昔の幽霊画の掛け軸なんて、あんなに怖いもんないよね、という怖さがないというか。
これならコレクションで欲しいわ、ときっと人は言うはず、そんな感じ。

売れっ子?加藤泉氏の作品も、たくさん見れて良かった。
色がやっぱり綺麗でした。
毎回感動する、あの色の美しさ。
油絵の具の、ぼてっとした感じがいやらしくなくて、色がパーンと来て、いつも『ああ、いいなぁ』と思うのです。

会田誠氏の『おむすび仮面の小さ過ぎる旅』?だったか、そんなタイトルのビデオインスタレーション
これも最初から最後まで観たのは初めてで。
なぜこの人はこうまで他の人とテンションが違うのだろう。
真剣さがまるっきり別のところに働いているところが、この人の凄さかな、なんて。
この人の画力なんて今更色々言うこともないかと思うので割愛するけれど
いつも、予想よりも全く違うところにこの人はいるから、驚かされる。
期待を悉く覆すことが、この人のやりたいことなのだろうか。
おむすび仮面は、結構色んなところでお目にかかるのだけど
ちょっと、リアルで、寂しい気分になるので
フラッシュバックです。
私自身が。

凄い。


常設展の、『高松次郎コレクション in Hiroshima』展もとても良かったです。
高松次郎作品をこんなに盛り沢山観たのは初めてです。
高松次郎と言えば
大学の時に、田中幸人さんがもの派を力説される時に必ず登場する人でした。
立体作品が私はとても好きです。
日本のもの派や、アメリカのミニマリズムの、立体作品はとても好きです。
ただ、それと同じくらい、嫌いでもあるのです。
あれは、あれで完結してしまうところが、あまり好きではないのです。
言葉や理論で作品を作ってしまうと、それを越えることができなくなるのが、悲しいのです。
それもある意味反芸術なのでしょうか…。
人の想像を、越えることができないというか。
解釈が、一つだけというのが、悲しいのです。
勿論投げかけとしては、あの時、絶対にあってくれないと、今はないのですから、いや、好きなんだけど
いつも、見ていて窮屈な気持ちになったものです。

帰り、ショップで赤瀬川原平の『東京ミキサー計画』を980円も出して購入してしまったではないか。

という訳で
今回の広島市現代美術館も、今回の展示終了までギリギリのところ、滑り込みセーフで観て来ました。
良かったです。
とても。

では、また次回、楽しみにしています。

広島市現代美術館
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


『淡路夢舞台』写真レポート
初めて兵庫県淡路島の安藤忠雄建築『淡路夢舞台』に行ってきました。
感想は、今まで観た数少ない(笑)安藤建築の中では一番雄大で、優しい印象を受けました。
景色のせいだろうか
花のせいだろうか
敷地が広かったせいだろうか

海と、植物、花に囲まれて
打ちっぱなしの無機質な幾何学建築が、優しく見えました。

夢舞台1

夢舞台2

夢舞台3

夢舞台4

夢舞台5

夢舞台6

夢舞台7

夢舞台8

夢舞台9

夢舞台10

夢舞台11

夢舞台12

夢舞台13

夢舞台14

夢舞台15

夢舞台16

夢舞台17

夢舞台18

夢舞台19

いじわる
寝たふり   0 0

thema:建物の写真 - genre:写真


映画『レッドクリフ part2』感想
『レッドクリフ part2』の感想を書くのを忘れていた。
いつ観たのかすら少し忘れかけている。

part1は、何も起こらなさ過ぎてつまらなかったが
今回は、少し面白かった。
趙雲がまたしてもかっこよかった。
尚香の活躍が見ていて快かった。
巷では、周瑜と孔明の仲が良過ぎと不満な声が聞こえていたものだが
まぁ、でも、三国志マニアじゃない私としては、ラストは仲悪そうな感じで終わったので
いいんじゃない?と思ったが
マニア的には、もっと仲悪く描いて欲しかったのだろうか。

北方謙三の三国志の評判が良く聞こえるので、いつか読んでみたい。


とりあえず
ジョン・ウーっぽくない映画だったので、楽しめました。



周瑜と孔明が話す時は、殆どと言っていい程、今にも接吻が始まりそうな距離だったのが一番気になった。あれ?仲悪いんだよね?
あと、団欒を意味する団子が振る舞われたシーンが笑えた。

あんま感想という感想ではないけれど。
報告まで。

モクレンカラー2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。