FC2ブログ
上弦の月|人生の四分の一
もう二度と会えないのだろうか

今日

ふと不安になった



生理前になると
決まってマイナス思考になってしまう

でも
この防御本能も私の一部

いつか
勢いで
勢いで何もかも諦めて捨ててしまう日が来てしまいそうで

18:30_2

スポンサーサイト



いじわる
いびき   0 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


プレステージ|ネタバレなし
プレステージ




あまり期待はしていなかったが
予告の感じだけで「観たい」と思い、予習なしに行って来ました

まず感想から言うと
「素晴らしい」の一言

かつての「真実の行方」(エドワード・ノートンの演技が物凄い話題になった、リチャード・ギアが弁護士役の10年近く前の映画)よりも衝撃的で、矛盾もなかったし、起承転結の起伏がちゃんとあり、やっぱりマジック!!映画自体がマジック!!


X-MEN」や「ニューヨークの恋人」のヒュー・ジャックマンと「マシニスト」で激痩せしていたクリスチャン・ベール(カッコイイ!)
「ゴースト・ワールド」では私の大好きなソーラ・バーチ(「アメリカン・ビューティー」の娘役)の影に隠れて存在感の超薄かったスカーレット・ヨハンソン(今では大スター。確かに「ロスト・イン・トランスレーション」では雰囲気の良い女性を演じて良かった。「ブラック・ダリア」はまだ幼さが残っていたように感じた)も出演
あとヒュー・ジャックマン扮するアンジャーの妻役に「コヨーテ・アグリー」の主人公の女性が出演していた(これまた古い映画ですね)
あとゴラムが出てる、ので観ない訳にはいかないだろう?


130分という事だが、ちょうど良い長さだった
「長かった」とか「中だるみを感じた」という声もあるようだが、それは複雑な映画を苦手とする人の意見かと思われるのでスルーしてよろしいかと
というのも小さなところで全て繋がっているし、後でちゃんと思い出せるようにちょっとしたシーンでも印象に残るように作られているのだ
かなりちゃんと作り込まれていてとても質が高く感じた
そして、メッセージ性が強かった事が今回とても気に入った箇所である
私も常々思っている、「世間一般」や「大衆」などにある光と影を、マジックを織り交ぜて表現されているように感じたので個人的思想とリンクさせながら観る事が出来、非常に楽しめた

予告である程度ストーリーを予測できていたのだが
そこは巧妙に違ったイメージを印象付けてくれていて、予告とは全く違う展開でした(大筋は遠からず近からず?)

この映画については、ネタバレは一切ナシで感想を書く事にします



思いましたが
ネタバレを意識すると何も書けないような気がして参りましたので
後日、映画公開が終わった頃に
まだ覚えていたら書く事にします

DVD欲しい!というくらい面白かったのですが、私の「DVD購入条件」というのは、単に映像が美しいとか、音楽や映像が芸術的であるとか、意外にストーリーは重要視されないという事からあまり条件にクリーンヒットしないのですが、それ程までにストーリーが私の心を鷲掴みしたので買っちゃうかも?
「ニュー・ワールド」では驚異的な包容力を見せつけた夫の役でキューンと来ましたクリスチャン・ベールが猛烈にかっこよかったし、ストーリーがとにかく(何度も言っているけれど)メッセージ性が高くて切実に感じた訳です


という事で、どこでどう個人的に○○とリンクさせたか、とか書きたかったのですが
残念です

ここは、単純に映画を楽しんで来て下さい

映画的にも評価は高いみたいですので楽しめるかと思います


映画的な目で観ると必ずダメだしをする人がいますが、映画の楽しみ方というのは(所詮映画は娯楽以外の何ものでもないのですから)全く個人的な事とリンクさせながら個人的な目で観るから楽しめるのだと思います

おそらく映画的に言う必要がない程、ハリウッド映画は平均的レベルが高いのだと思いますけれど(正直フランス映画やドイツ映画、イギリス映画は当たり外れが多いように感じますから、単にそれらとの比較であってハリウッド映画が一番だと言っている訳ではないですよ)





また観に行きたい…!!


18:30

いじわる
寝たふり   2 0

thema:映画感想 - genre:映画


| HOME |