スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

『巴』|能楽
義仲を祀った神社に参詣する里の女が泣いているところに木曽から近江粟津原へ来た僧が僧が現れ、神前で泣いているところを不審がっているところからお話は始まります。
女は義仲の回向を頼み、自らも亡者と名乗り夕暮れの草影に消えます。
里の人にその話をしたところそれが巴の霊であると知り、夜更けに弔いをする。
そこに長刀をもった甲冑姿の巴御前の霊が登場。(この姿だけでもなんとも言えない雰囲気が)
女故に義仲と最期を供にできなかったことを悔やみ嘆く。(だから成仏できていないということ。ワキ「不思議やな 粟津が原の草枕を見れば ありつる女性なるが。甲冑を帯する不思議さよ」シテ「なかなかに巴と云いし女武者。女とて御最期に召し具せざりし その憾み」ワキ「執念残って今までも」シテ「君辺に仕え申せども」ワキ「憾みは尚も」というくだり)
義仲の出陣から最期、また自らの戦いの有様を物語り、再び回向を頼み消えて行く。

平家物語では最期の戦いの時、巴は置いて来ている設定になっているみたいですが、能では戦いにお供している訳ですね。
薄氷の深田を踏み抜いた義仲は敵に首を射抜かれ、朦朧として退く方向も定かでない程に重傷を負っていて、巴は側に寄ってきてあの松原で巴も供に自害する、と言う訳です。でも女だから逃げろ、と言われるんです。三世の契りが絶え果てると言われる。「一世」は親子関係です。親も子も選べません。親子の愛情は深いですが、仏教では一世とする訳ですね。「二世」は夫婦関係。前世と繋がっていたり、あの世で繋がる事ができる関係ですね。相手を選ぶために意識が強いということです。「三世」は師弟関係です。親子よりも夫婦よりも絆が強い訳です。主従関係。

「弓手も馬手も 鐙は沈んで 下り立たん便りもなくて 手綱に縋って鞭を打てども 退く方も渚の浜なり 前後を忘じて控え給えり こは如何に浅ましや。かかりし所に 自ら駆け寄りて見奉れば。重手は負い給いぬ 乗り換えに召させ参らせ この松原に御供し「はや御自害候え。巴も供」と申せば その時 義仲の仰せには「汝は女なり。忍ぶ便りもあるべし。これなる守り小袖を木曽に届けよ この旨を背かば 主従三世の契り絶え果て 永く不興」と宣えば 巴はともかくも涙に咽せぶばかりなり」
ここ涙。
この「三世の契り」が果てると言われてしまえば巴は従うしかないんです。男女の愛よりも深い絆ですから。そこに大勢の敵が「あれは巴か女武者。余すな漏らすな」とかかってくるところを一戦を嬉しく華麗に力強く戦うんです。多分この部分は平家物語にも描写があったような。
長刀を使った舞はとても華麗です。
一戦交えた後、義仲は既に自害していて松の根に伏している頭のところに木曽に持っていけといわれた小袖が置かれていたので、義仲に別れを告げて粟津の汀で甲冑を脱ぎ捨て落ち行く
「涙と巴はただひとり 落ち行きし後ろめたさの 執心を弔いて賜び給え 執心を弔いて賜び給え」
で終わります

もう素晴らしい能でした
最近普及公演といって各地でお手頃な鑑賞料金で催されているので、積極的に足を運ぼうと思います
私もまだ数回しか観たことがないため観に行こうと思っています

来月2~3回くらい見に行く予定です
いちょう
スポンサーサイト
いじわる
寝たふり   0 0

thema:日本文化 - genre:学問・文化・芸術


Yes or No ?
目が見えない

耳も聞こえない

勘も働かない


わたしはひとり
靄の中

どこへ行くあてもなく
彷徨う


霞んだ先に見えるもの
勘のはたらかない今となっては
これも幻想か

想像力よ
今のわたしには
意味を成さないのだ


しっかり立って
ずっとひとりで立っていたはず

期待は禁物
20071231194942.jpg
いじわる
いびき   0 0

アイ・アム・レジェンド|教科書のような映画
『アイ・アム・レジェンド』観て来ました
普通に面白かったと思います
特に映画大好きって訳でもない人、あんま詳しくないよっていう人にとってはちゃんと楽しめる映画なのではないかなと思いました
でも
映画は好きだぞーたくさんみるぞーって言う人にとっては。。。
まず
展開が模範的
予告以上に面白くない
何もかも新しくない
全部どこかでみたことのある描写であり展開であり
結局宗教かいっていう
ハリウッド映画の殆どが徴兵目的か布教目的であるように感じるのでw今回の映画も結局何も目新しいものを感じる事なく終わった
最近のウィル・スミスは布教に目覚めたのだろうか
あと
アップが多い
あのカメラワークは効果的であるが乱用するとかなりチャチくなってしまわないか?
もっと
想像もできないような展開を期待したが(というのは嘘だけど)
案の定?
という感じだったな

まずタイトルがだめだ
いやいやそれお笑い芸人が最初にこれおもろいですよー言っちゃだめ法則やぶってるやん
あとウィル・スミスが主演というところで作品として一流ではないんだよな
ヒットはするんだけれども
別に奥の深い映画ではない事はこの二つで分かることなのだよね

という事で
20点(100点満点中)

宮島1
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。