FC2ブログ
なにをみる
ある対象を見ていて
自分はそのどの部分を見ているのだろうと思い、ここにまとめてみることにした

◆姪と同じくらい、もしくはもう少し大きめの子ども
→走り方。一、二歳くらいの子どもの走り方はとてもかわゆい。お母さんの元へ走って行くのがかわゆい。
→子を見る親の表情を見て、羨む。

◆ひとりでいるちょっとおしゃれな男の人
→この人には恋人はいるのだろうか、そして恋人に対してどのような表情をするのだろうか、と想像する。ちょっとした変質者ではないかと思う。(その男性がではなく自分が)
→自分にありかなしかを問うと同時に何を以てしてありなしとしたか、外見の影響の大きさと、自分の心の狭さに落胆する。

◆20代~30代のスーツ姿の人(男性も女性も)
→スーツは学生時代の制服のようなものなので、その限定されたイメージの中で個々が主張する個性を見つけて感動する。
→ちょっとお尻の大きめな女性のピチピチになったスカート、更に中心がずれていると(後ろのスリット)いつも目がいっている事に気付いた。お尻も顔と同様に個性があるのだ。

◆品のある50代以上の女性
→自分もそうなりたい、と思いいつも見ているようだ。果たしてこんな風になれるのだろうか、と何十年も先の自分に思いを馳せる。

◆美術館の作品
→沢山みていると、全部が全部自分好みの作品や展示ばかりではないため、退屈に感じた時はどのようにして見ているかというと、基本一人の時は考え事に耽っているのでその背景画のような役割を果たしている事が多い。
美術館へ行くのは、好きだからをベースに、時間を過ごしに行っているようなものなのだ。
→他の鑑賞者を見て、どんな人なのだろうと想像する。一人で来ている人に対しては想像する事を楽しみ、複数人で来ている人に対してはそお会話の内容を盗み聞く事を楽しんでいる。
→美術館で時間を過ごす人はマイノリティーである筈だが、非常に沢山の人が訪れる。マイノリティーと世間から言われているその自分以外の人を見る事で自分を見ているのかもしれない。

◆能楽を見にきている人
→自分でもやっている人と、見るだけの人、私のような初級者は結構すぐに見分けがつく。全体的に退職後くらいの年齢層で9割を占める。それ以外の年齢層は女性が多い。(男性に比べ時間のある人が多いからだろう)若くから能楽を始めている人を見るととても羨む。
→能楽はなぜか観覧席が暗くない。そしてクリップになった鉛筆を番組表と供に渡される事が多いため、やはり「普及させたい」からだろう、メモる人に配慮して照明を落としていないのでないか?と思った。若しくは、照明などで舞台を意識上での区別をする必要がないとかなのかな。

◆大好きな美容部員さん
→いつもお世話になっている化粧品売り場のお気に入りの美容部員三名の女性(その三名以外には接客頂かないと決めている。嫌な客だ)が普段はどんな人なのだろうと想像する。
→もはや商品だけでなく接客を含めて購入している節がある。
→気になっているシミの対策を真剣に考えなければいけない。

◆おさかなくん
→おさかなくんは恋人はいるのだろうかと想像する。あの完全に個を隠蔽した見事なキャラクターはどこから生まれたのだろうと想像する。

◆孫をあやす母
→完全に子どもの不安を包み込む愛情表現(ちゃんと孫が満足しているかは知らないが、私は少なくともそれで育ってきたので間接的に私は隣で聞きながらほくほくになっている)
→自分もああできたらいいなとその表現技法に神経を集中させる日々

◆夜景
→単純に光の多さや密集した様を見て感動することと、光の多さに関わらず自分の状態で記憶に残るか残らないかによって感動も変わって来る事に気付いた。
→夜景を今後も楽しめる。

◆GPS携帯&電子マネー&ポイントサービス
→位置情報付き画像・記事が共有できるAPIサービスがある。私はGPS機能付携帯電話から記事を投稿している。もっとサクっと気軽に使えればいいのだが、位置情報取得する行程をどこかにまとめて欲しい。
→私が利用しているのはEdyとnanacoとモバイルSuica。ポイントやマイレージの管理が面倒な私。お客様番号とかパスワードの管理も本当に面倒。
→ETCマイレージ…車載器管理番号が必要なのだが、父の前の車に載せていた車載器なので管理番号が分からない。世の中には沢山マイレージとかポイントのお得なサービスがあるというのに、あまり活用できていない私。情けない。

◆距離と状況
→距離とか空間を認識する能力は遥かに男性の方が勝っていると実感する。
→認識、処理の仕方がまた男女で違いがあると実感する。
→状況に関しても認識の仕方、捉え方に男女で違いがだいぶあると実感する。
色んな意味で。

◆現実と幻想
→現実と幻想をどう結びつけるかが人によって違うので興味深い。それは位置情報とコンテンツをどう結びつけるか、というものと似ていて、その表現の仕方に個性を見る。
→人は見たいものしか見ない。
→風景画の奥の深さはそこにある。網膜が映し出すものを脳内で処理する際に既に振り分けが行われているので、記憶そのものの信憑性がいか程か考えると面白い。

◆写真と記憶
→写真を道標に記憶を辿る事がある。時間が経って来るとしかし写真からそれ異常の情報を呼び起こす事が出来なくなって来る。写真そのものが記憶となってしまう。
→記憶を辿れない写真がある。それは何の情報も持たない簡潔な平面の彩りだ。ある時にある場所で写されたその写真はその写されたという事実から離れ、完全に独立した存在となる。

以上
今日のところはこのくらいしか思い出せないためここで終わり
20071231194955.jpg
スポンサーサイト



いじわる
寝起き   0 0

ひとりだけど、ひとりじゃない旅
時空をずらして
一緒にいれたような数時間

一年以上想い続けている人と
頑張れば会えたかもしれないのに
もっと勇気があれば
更に傷つく事を恐れずに勇気があれば
精一杯好きだと表現し、と同時に精一杯気持ちを抑えた

まだ自分は好きだなーと思った
大好きだなーと思った
どきどきして、恥ずかしくて会えないなと思うくらいに

気持ちを弄ぶような言葉にいちいち動揺し
言われるままにしたい自分がここにいるのに

いつか会える日が来るだろうか
来るだろうか
尾道夜景モノクロ
いじわる
寝息   0 0

広島ちょい探訪|広島市現代美術館~イリヤ・カバコフ『世界図鑑』絵本と原画~
イリヤ・カバコフ『世界図鑑』絵本と原画


広島市現代美術館に行って来ました
イリヤ・カバコフという旧ソヴィエト時代に政府非公認芸術家として活動する傍ら、絵本の挿絵作家として活躍されていた作家だそうで、現在もご存命で(失礼極まりない人)ニューヨークで活動中だそうです。現役バリバリの作家さんのようです。私は知らなかった。
展示自体は正直退屈に感じてしまいました。
が、広島市現代美術館ファンとしての私は、どうしてこの企画をやったのだろうと、考えながら観るのが楽しかったです。
きっと何か意味があるんだと思いました。よく分からなかったけれど。
でもスタンプカードが満タンになったので、次回は無料て展示を観る事ができますイエーイ
常設展は、9月にも観たものでしたが、『ポップ・アート1960's → 2000's』の流れでとても興味深い展示です。
大物作家の作品のオンパレード
地方の美術館でこんなに作品を集める事ができるのってとても素晴らしいと思います。やっぱり広島市現代美術館は日本の中でもかなりまともな美術館であり、トップレベルだと思います。六本木辺りのただ人を入れるだけの美術館よりも優れたコンセプトで中身がある、さすが日本のポイントとなる、代表の地の一つである広島に相応しい美術館だと思います。ブラボー(うちの姪っ子が笑顔でブラボーをします。両手の指を組んで振る所作)

いつもはこれで満足して帰っちゃう私だけど
今回は少しだけ開拓
夜中に九州を出発した私は、途中仮眠とも言えないような仮眠を摂りながら広島入りし
広島城へ行ってみた
初めて城に近づき、中に入ってみた
これまで小倉城の近くに行ってもあまり興味を示さず(歴史弱し)、熊本城の横を通り過ぎても上を見上げる事も殆どなく、それらの差異に気付く事すらなくといった具合だったのだが、広島も幾度となく訪れているし、少しは馴染み深くなってきた都市であるから、看板に従い熊本城に行ってみた
護国神社参拝者用の駐車場に車を停め(無料イエーイ)かなり遠回りして堀の外を歩いてやっとこさ熊本城へ到着
茶色の部分が見える(白色の壁っていうイメージだったので少し目をひく)
石垣が高い(角度も急に見えた)
スレンダーなシルエット(幅がない高さを強調した形に見えた)
堀をほぼ一周して(駐車場から正規ルートから逆側から攻めてみた)表から侵入
二の丸を通過して、一番遠いところに天守閣
もう脚がガクブル(ガクブルの使い方を華麗に間違ってみる)
観覧料360円(その60円は一体…?)200円だろ普通とか心の中でケチな事をブツりながら階段を上る
座敷童ハケーン(ハケーンの使い方を見事射止めてみる。派遣社員の事だと思っていた人)
と思ったら普通の人間の女の子だった
ありえないところに女の子が立っていたのでちょっと驚いてみせたのだ(みせたのではなく、ちょっと意外な展開を面白く感じただけで、驚く事はできなかった)
中は驚く程に現代仕立てで、どうせならいっその事エレベーターを設置してくれと心の内で叫んだ
心臓破りの階段を登り終えた先にはカップの自販機が
夏に登ればそりゃ喉の乾きを癒したくなるだろうけれど、登った目の前にコインを入れるタイプの双眼鏡がどーんと現れるところも充分に気分を萎えさせてくれたりと、何かと現代仕立てが主張を繰り返すために飛び降りたくなった
しかし見事そこには柵が張り巡らされ、その衝動を抑えることとなったのである
と、文句を垂れているようだが、実はとても感動しており、刀や鎧などの資料に目を通すような関心は抱かなかったにしても、城があれば中に入ってみる、という事をこれから始めるのだろうなと思った
能楽に興味を持ったのが始まりかもしれない
軍記物の能が私の心を揺さぶるので、城を観る事でその雰囲気に浸れるからかもしれない

早朝の張りつめた空気が段々と緩やかになってきて
私は現代美術館へ向かった
お腹が減っている事に気付いた私は、美術館に入る直前に左折し、日本中の商店街を食いつぶす郊外型ショッピングモールの一つSATYに入り、昼食を済ませる

そして美術館に入った
いつもあの比治山公園の入り口がどこか迷ってしまう
山がそこにあるのは分かるのに、登り口が分かりにくいのだ
弱方向オンチ&覚えの悪い私にとってはいつも山を一周してしまうのだ
東京都現代美術館のようにどこからでも行けるように看板を立てて欲しい

そして尾道へ向かった
道中車のタイヤのエア抜けを気にしながら(どこのスタンドのおじさんにも「80キロくらいで走って、スタンドごとに空気圧のチェックをすればなんとかいける」と助言されたにも関わらず私の右足は重く、頑張っても120キロ以上我慢する事ができなかった)仮眠を摂りつつ千光寺公園へ
夜景百選に選ばれた千光寺公園といううたい文句で行こうと決めたのに
行ってみると暗いこと暗いこと
街灯しか見えないじゃないか、と落胆していると
奥の方から無言のカップルが
おぉ、向こうに千光寺があるのか、と
その方向へ歩いてみると不気味な雰囲気の遊園地
そして尾道市立美術館
安藤忠雄氏が改築に設計しているという事だったが、暗くて正面からしか見ていない
奥の方は多分昔のままの建物かと思われる
高さのあるガラスの面が特徴だった
明るい時に見れたらよかったのに、これでは見たうちに入らない
そして千光寺への道標を便りに更に暗い方暗い方へ
かなり不気味な雰囲気だったので(霊場とか書かれてるし)行きたくなかったのだが
人の声もするし、(すれ違う人すれ違う人に「こんばんわ」と声をかけられた。この辺りでは見知らぬ人にも挨拶をするのだな、とホッとした)
夜景もこちらがメインだという事が分かったので怖い方へ向かった
デジカメで撮影
何か変なものは写っていないかとか色々想像しながら
でもひとりでないようで、楽しみながらまわった
岩と岩の間をくぐると、更に道が続いていたが
これ以上は怖過ぎて行く事ができなかった
走って逃げる事になる予感がしたから(どんなだ)

一応目標を達成した私は九州へと引き返した
広島城
いじわる
   0 0

| HOME |