FC2ブログ
GR DIGITAL 2ファームウェアインストール
GR DIGITAL 2を購入して、一ヶ月経過
やっとファームウェアを入れました

RICOHの製品情報のページに分かりやすく解説が掲載されています
詳しくはコチラ→RICOH製品情報ソフトウェアダウンロード
Macintosh環境の方のダウンロードの仕方はコチラ

ファームウェアなしでも特に支障なく使えると思っていたら
この前夜中撮影していた時に「あれ?」と思うことが
マイセッティング1も2も、カラー&モノクロ&セピア三色のカラーブラケット(※)をONにしているのだが
露光時間を15秒以上にしていると落ちるというバグが
む?
むむむ?
何のキー操作も受け付けない。電源は入っているが、電源ボタンも受け付けないため、充電パックを取り出す、という(PCで言うコンセントを抜くという一番やりたくない暴挙)操作を繰り返していた(繰り返したくないけれど、何度やっても落ちるし、そういうバグの存在を未確認だったため)
カラーブラケットをOFFにしていたら15秒以上の露光も通常通り撮影できたので、仕方なくそれで撮影していた

このバグの修正がこのファームウェアには入っている!
これは購入と同時にやっておくべきですね

ファームウェアのファイルをSDカードの『RICOHDCX』というフォルダのカレントに入れる
(カレントとはルートディレクトリ、ディレクトリ、直下という意味)
PCが認識するフォルダの直下に入れればいいです。その中に『DCIM』というフォルダがありますが、その中ではないです。同じ階層に入れる。

そして、PCから『RICOHDCX』を外して
GRのモードをダイヤルで『SCENE』にして
十字キーの上にあたる『MODE』というボタンと
再生ボタンを2、3秒長押しすると
モニター画面に『ファームウェアをチェックしますか?』と出るので
『はい』を選択し、決定

完了


これで快適に撮影できる
不良品との交換以来面倒でやっていなかったけれど
作業自体は時間はかかりません(どのボタンを長押しするのかを調べたりするのが面倒)

オンラインの環境がない人にとっては少し痛いです
あのバグはちょっと怖いです

最近の製品はファームウェアというクッションがあるので、未完成の製品をリリース
(iPod○ッチなんぞアップデートと称して有料提供っていう新しい詐欺。そのソフトウェアアップデートとやらにバグ修正ファイルも入っていたりしてね。)
オフラインでは生活できませんね
そのうち自動車もそうなったりして
国がBBに大金投入しているので機会があれば積極的にネットに繋がる環境にしていきたいものです
我が家も一度光にする機会を逃し、今月か来月やっと光に…
支障はなかったけれど、チケット争奪戦などの戦いには光&有線かなー(今現在はまだ無線)
4月リリースとかボーナス商戦とか、そういうものを中心に企業は動いているので(品質よりもケツをまず先に決める)信用ならんとです(うちの会社もしかり。どこもそう)

こういう手間って、ユーザー泣かせだなと
バラ17セピア
いじわる
いじわる第三の目   0 0

5月度月経開始予報
今月はもしかしたら思ったよりも早く来るかもしれない
猛烈な眠気は、12日13日くらいから始まったので、日数的にも、眠気的にも20日辺りに来るのではないかと思っていたが
もしかしたら、17日か18日と、週末にくるかもしれない
早く来てくれれば来てくれる程ありがたい
このまま順調に28日周期できてもらうと、6月東京へ行く時にかぶってしまうから(荷物が増える)

今日は『仕事休みたい!』と思う程の体のだるさと、眠気が朝ひどく
夕方くらいから頭痛がし始めた
今までは頭痛は月経前日にしていたのだが
ここ数ヶ月は頭痛は毎月来る訳ではないし、信号としては不確かになってきた

明日はどんな不調を訴えるか
実に楽しみである
夜も眠れない(二時間以内には寝てる筈)

--
これまでの月経開始日
10月17日
11月10日
12月8日
1月3日
2月2日
3月1日
3月28日
4月23日
こうやってみてみると、周期もはっきりとは定まっていない
正常の範囲内だけど、ちょっと忙し過ぎるねー
どうせ子供できなさそうだから、もう月経もいらないんだけども…

バラ蕾1モノクロ
いじわる
寝顔   0 0

thema:女性だけの悩み - genre:ヘルス・ダイエット


のび太といじわる
のび太といじわるは似ている
布団が宙を浮いて
会社まで行けるといいなぁと思うし
どこでもドアがあればすぐにベッドにもぐりこめる

座布団を二つ折りにして
横になり
寝るまでの時間はわずか三秒

ねむたいねむたい
ねむたいよぉドラえもーん

バラ5モノクロ
いじわる
寝顔   0 0

近くて遠い、遠くて近い君
君をみつけたよ

君をみつけたよ



君はそこにいたんだ

ずっとそこにいたんだよ

バラ4モノクロ
いじわる
   0 0

真夜中の旅
寝るのはきもちがいい

どうしてこんなに寝るのが好きなんだろう



今日も早く寝よ

真夜中の旅
って
夢の話
大きな花明るめモノクロ
いじわる
寝顔   0 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


GR DIGITAL 2でお花を写してみよう
昨日までの雨は嘘のように
今日は眩しい空に、澄んだ空気
数ヶ月振りに庭に出てみる

雑木林ともイングリッシュ・ガーデンとも
母親のガーデニングをキシーンキシーン

花は風で大揺れするから難しい
明るい外での液晶でピントが合っているかどうかの確認は困難
ショートカットを複数割り当てられるのだが、『フォーカス』を入れようと思った
マイセッティングでスポットフォーカスにしていると、とっさに遠景や、マルチフォーカスに切り替えたい時があるため

--
気付き
GR DIGITAL 2のマクロモードでのピント
やはり少し合いにくいような…
--

今日写した中でのお気に入りを数枚

↓構図がイマイチ。これは1:1で写す必要はなかった。
バラ11セピア


↓何の変哲もない。普通過ぎるけど、バラは綺麗に写ってるから。。
バラ3モノクロ


↓もう少し官能的に写す事ができればよかったけど、普通に写っちゃった。
バラ蕾1モノクロ


↓これももっと何枚も根気づよく写していればいい構図のものができたはずなのに。風で揺れるなら良いのができるまでシャッターきり続けるのみ。(影も風で揺れるし)
ハナミズキ3モノクロ


改めて見ると、ちっともいい写真がにゃい
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


『最高の人生の見つけ方-THE BUCKET LIST』感想|多少ネタバレ
2008年5月10日(土)公開初日
『最高の人生の見つけ方』を観て来ました
さっき『スルース』見た人がまた来た、というお顔で出迎えてもらいました、チケット一枚。
長い題名だなぁと
原題は『THE BUCKET LIST』。
バケツリレーじゃありませんよ?棺桶リスト、と訳されておりました
棺桶をバケツと表現するのですね
テレビで予告が流れていたそうそうですが、私はテレビを見ないので偶然当日公開初日の映画であったし、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの映画なら、と
『スルース』と合わせて4時間程の耐久戦

悲しい土曜出勤
一人事務所でiPodで音楽を聴きながら、本日の映画上映スケジュールをちぇけ
涙で予告がちゃんと見えない(泣く気満々)

DVDでもいいかなぁ、と思いつつも
いやーこれ良かった
質もかなり高かった
私好み
台詞だけで表現したり、説明的でないけれど、全部に意味があって、全てがちゃんと表現している
控えめだけど
いちいち説明するにはそれぞれのキャラクターが年を取り過ぎ
些細な台詞の中にもそのキャラクターの性格を表現できているのが良かった
特にジャック・ニコルソン扮するエドワード役の方に注力されていたように感じた(気のせい?私がこのキャラクターに惹かれていただけ?だね、きっと。)

印象的だったのは、間を大切にした表現だった
勿論「ここで、どんな台詞が出て来るんだ?」という期待に「お~、さすが、違うなぁ」という脚本の質も高かったけれど
それを更に引き立てる間の使い方が絶妙だった
表現については申し分なかった
この辺りは、カンヌ系の映画、ヨーロッパ映画、邦画にみられないようなハリウッドの底力を見ることができたと思う

言葉が出て来ない
とても良い映画だったから
全てが思った通りの映画であることは確か
このキャラクターならきっとこうだ、物語の流れはきっとこうなる、ラストはこんなだろうと
それでも素晴らしい映画だと思えるのはやっぱりジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという誰もが認める二人の演技と、それらを十二分に引き出す物語と表現技術が素晴らしいのだと思う

もうこれ以上何も思い浮かばないので
終わり
また見たい

とってもいい映画でした
誰にでもおすすめできる映画です
100点!
くるみハナミズキ
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


『スルース-SLEUTH』感想|多少ネタバレ
5月10日(土)レイトショーで『スルース』をみてきました
別に前々から見たかった訳ではなく
土曜出勤でせっかくの土曜をこのまま終わりにすまいとして、映画館の上映時間をチェックしている時に、偶然あっていた映画が『スルース』だった、というだけ

私が好きな映画にジュード・ロウが多数出演している
特別好きという訳ではないけど、女性に好かれる理想的な役者としては何の違和感もなく見ていられるタイプの俳優か、という認識だけだった
しかし『クローサー』では非常に印象的な演技をしていて、好感の持てる役者という印象に変わり
そういえば『ホリデイ』での演技も良かった…
なんて
過剰評価し過ぎだろうか
今回の『スルース』では、そんな演技もできるのか、と認めざるを得ない力
無名の俳優という役だったから、俳優が俳優を演じるというプレッシャーの高い中、少々オーバーなくらいに舞っておられました
マイケル・ケインも老いを感じさせず、美しく見えました

せっかく二人とも素晴らしい演技をしていたのに
1時間40分という短い映画であるのにも関わらず
少々退屈に感じたのは
息苦しいくらいに、部屋の中のシーンしかなく
アップが多くて、カメラアングルも単調で、飽きてしまった

物語は売れっ子小説家と、その妻の浮気相手との闘い
映画というより劇っぽい作り
脚本自体が
台詞が全てを表現していて、俳優はそれをオーバーに演じている、というような印象
こういう脚本は現代の俳優にとっては難しくないだろうか、と思った
最近はより自然な演技が主流なように感じるため、二人の演技と脚本とのアンバランスさをもっと映像表現で援護して欲しかった

低予算なんだろうな、という印象も受けた
なんだか色々ともったいない映画だった

リモコンは、Macのリモコンを使用していた
それはあんまりだ、と思った
そちらを向けると反応する装置であるなら
Macの四つのボタンはどういう使い分けをするのだ?と思った
歴史のあるお屋敷の内装を妻が現代的にカスタマイズしているのだが
それだけお金をかけているのに、Macのリモコンを汎用利用するなんて、なんてチープなんだと思った
テレビのリモコンで車のドアも開くっていう、あれだよね
あれやってるってことよね、Macのリモコンで。それは笑える。
なのに監視カメラを見るPCのモニターはサムスンだった
現実的じゃない(MacのPCを使っているなら余計に『チープだ』として納得できるのに)

私個人としては、映画館で観る映画ではないと思ってしまいました

男性は女性よりも嫉妬の仕方が執念深いような気がする
この映画も面と向かって浮気相手と夫が顔を合わせるのだが
女はもっと単純に嫉妬心を露にするものだけど
仕事をしていく中でも、男同士の闘いはとてもしぶとくて、長期戦で、水面下で煮えたぎる様な闘いを繰り広げている
勿論女性に比べて退職まで働くのが前提なので、そう露にする訳にはいかないからであろうと思うが
恋愛に於いても往々にして男性の方が恐ろしい
男としての美学が嫉妬を露にしない、耐えることを基本としているのかもしれないけれど
嫉妬心も男性の方が強いようにも感じるし
独占欲も支配力も強力で、女性の嫉妬とは全く別の性質を持っていると思う
女性の嫉妬の物語も面白いと思うが、こうした男性の嫉妬の物語ももっと見てみたい気がする
原作は同性愛者だろうか、どうなんだろう
こうした感情をテーマにした物語は体力がいるので、避けたいところだが、こうした中に美を見つけるのは同性愛者が得意とするところかな、と言ってしまうのは差別になるか?
そういう気はないけれど
同性愛者の友達いたし


なんだか不完全燃焼
42点
伝線カラー
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


がんばれいじわる
GR DIGITAL 2、又は初代GR DIGITALで撮影された写真などを
たまにみたりする
ブログ検索などで
あまりみないように心がけているのだが

つい先日
とても上手な写真を見てしまった
ちょっとヘコんだ
とても上手だなぁと、細部まで舐めるように見た

数日、思い出しては
自分のこれまでの撮影の仕方などを振り返ったりした

私には意識が足りないと反省した
もっと集中して写さないと、いいものは撮れないと思った


がしかし
おい、ちょっと待てよ?と思った
確かに上手に写されていたが、あれは一体何を写したかったんだ?
確かに綺麗な風景だ、綺麗な、若しくは魅力的な対象だ
だが、一体何を写しているんだ?

そこで気付いた
私は技術面にばかり気を取られていた(案の定)
お上手な写真はカメラが写してくれる
GRも安いカメラではない
真面目に写せば見栄えのする写真はカメラが勝手に写してくれるものだ

本当に集中しなければならないのは
何を写すのかをハッキリさせることだ
その何か、は自分が何をどのように表現したいか、ということ
寂しい空なのか、希望に満ちた空なのか、自分のその時の心情を写すのがそもそもの目標だったじゃないか
何の変哲もない、つまらない対象の中に命を吹き込むことに集中しなければならないのだ

このブログにもリンクを貼っているが
Zorgという写真専門のSNSがあるが、それのview数だって多いのは模範的な写真ばかり
私の個人的な視点というのはまだまだ精度が足りないということだ
模範的な写真は写真撮影がお上手な人が撮ればいい
私は模範的な写真などには興味はない

しかしながら私はまだまだ甘いのだ
いつも『ああ、もうちょっとこういうのも撮っておけばよかった』と後悔ばかり

難しい



あ、映画を見に行かなければ
2本続けて
耐久戦!

↓これなんて、斜めにするならもうちょっと斜め、水平保つならちゃんと水平。中途半端なんだよなぁ
本丸鷲
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


限界一歩手前
もう危ない兆しがみえてきた

さっそく始まってしまった


後悔すると分かっているのに



だめだ、だめだ
でも、どうすればいいっていうんだ?
天守閣逆光モノクロ
いじわる
いびき   0 0

排卵後のくもり
排卵後の気分のくもり具合が、とても不愉快
ちょっとしたことでもいやな気分になる

けど
姪っ子が洗濯物をわたしのところまで届けにきてくれるの
まだ喋れないけど『はいー』ってね
元気いっぱいにね

靴下もってきてくれたねー
片方ずつ
次はハンドタオル持って来てくれたねー
次はガーゼのハンカチだねー
ありがとうねー明日持ってくよー
あれれ?次はばーばのエプロンもって来てくれたよー
んー?次はれもんの靴下もってきたねー
またれもんの靴下ー?
明日はかなくていいのー?
れもんのハンドタオル?
おやおや?おしりふきウェットティッシュ?
いーっぱいもって来てくれたねー
宅配屋さんだもんねー

旗斜め正方形
いじわる
いびき   0 0

【GR DIGITAL 2】WBが難しい
GR DIGITAL 2のWBが難しい
というのは、以前書いたのだが
数日前に撮影した際のカラー写真を例に出してみます

空の色が、少し紫がかっている
真っ白である筈の色が、少しピンクっぽく写っている
外での撮影の際は、自分好みのWBが、屋内で好んで設定しているWBとは違うので
設定1、2でそれぞれ設定しておこうと思う
けど、屋外でのWBは、その場では確認しづらいので、この色だ!と見つけるまで時間がかかるだろう
(外では液晶が見えづらいので)

↓旗の白い部分がちょっと…。空の色もちょっと…。
旗カラー


↓空の色がちょっと…。お城もこんな色じゃかっこよくないや…。
天守閣表カラー縦
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


夏の足音と、静まり返った心
もう春とは言えない程に初夏
木々も生い茂って元気な季節になってきた

今月のイベントはGWだったが
私自身は大してどこへも行かずに終わってしまった

6月は蛍の季節だ
一ヶ月後、6月頭には蛍全盛期かな
夜空の星と見分けがつかないくらいに蛍が舞う場所がある
ここ数年のうちに警備員が立つようになってしまい、臨時駐車場などができたり、商工会だろうか、ボランティアだろうか、ツアーガイドのようなおじさん達も平日も毎日いるくらいの大賑わいになってしまった
私が知ったあの頃は真っ暗闇で、その道を歩くだけで怖かったのに
今は車のヘッドライトの明かりが届いてしまうし、大勢の鑑賞者たちのお陰で静かに鑑賞できるものではない

今年は三脚を持って行きたい
昨年はガードレールに置いての撮影だったので、振動が伝わってちゃんとした静止画が撮れなかった

そして、6月の3週目には短めの美術館廻り
いつも3泊4日で、長過ぎるな、と思っていたが、今回もう一泊長くすればよかったと後悔
仕方あるまい
9月は長く取ろう

今年は淡々としている
去年よりも心は落ち着いている


天守閣表モノクロ縦
いじわる
寝息   0 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


二人目の姪っ子誕生|GR DIGITAL 2でぼんやり撮影
5月6日早朝に
実姉が二人目の赤ちゃんを産んだ
まだまだ先のことだろうと思っていたのでビックリ
一人目の出産は昨日のことのように覚えているのに
時が経つのは早いものだ

GR DIGITAL 2は、初代に比べてマクロ時のピントがあまり信頼できない
カーソルは緑になっているのだが、対象が丸かったりすると、対象の形を認識できていないようだ
初代GRではそのようなことを感じることはなかったのだが
赤ちゃんは曲線でできているので、ピントが合っていない?
りおん足セピア横

『設定』で、シャープを5段階のうち、一番低くして撮影すると
ちょっと、ピントがあっていないような印象の写真に仕上がる
ということはその5段階は結構程度が甚だしいということなのかもしれない
※今回掲載の写真はどれもシャープ加減は低くはありません
りおん足セピア縦くっきり

自分自身、それらの設定の違いが分かるようになってきたのかもしれない
初代GRの頃は、かわいがっているようで、実は野放しだったのだろうか
りおん手セピア横
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


『ブラン エサンシエル メークアップ ベース』のパフ汚れについて
特に書くこともないので
化粧品のお買い物報告でもしようかと思う

今回、数年前発売された頃からずっと使い続けていた下地である『ブラン エサンシエル メークアップ ベース ロゼ』が切れかけていたので、夏に向けて下地を買わねば、と百貨店へ
このブラン エサンシエル メークアップ ベース ロゼもこれまで何本使ってきたのだろうか
対して使い心地は良くないのに、ファンデ『ブラン エサンシエル コンパクト QD ベージュ クレール』の10番との相性のためだけに使用しておりました
通常ならば3ヶ月に一本のペースであるのに、私は2ヶ月で一本と、どれだけ顔が大きいのだという話
日焼け止め効果と、カラーコントロールを意識して、厚めに塗っていたのだ、白状すると
しかし美容部員さんに何度も何度も注意され、薄く伸ばすことを意識して、まともな人間と同じ量を使えるようになった
夏用は、昨年発売され、昨年だけで2、3本購入したのだが、今年も日差しが強くなってきたことだし、『UV エサンシエル 50』を購入
下地だけで5,500円
これまで必要経費と思って値段を意識していなかったが、下地にこの価格は法外だなぁと、今頃気付く
資生堂の私くらいの年齢ラインであれば2,000円~3,000円で下地を用意できるというのに
この『UV エサンシエル 50』は名前の通り、日焼け止め乳液なので、カラーコントロールのような、カバー力はゼロ
ただの日焼け止めである。
『ブラン エサンシエル メークアップ ベース ロゼ』とダブル使用してくれと言われたが、それはできない。絶対に。
なぜなら!
『ブラン エサンシエル メークアップ ベース ロゼ』は、とても油分が多い。
なので、私ら友人とも愚痴っているが、ファンデをつけると、パフが一回で汚れてしまう
油分が多過ぎて、パフがその油分を拾ってしまうのである
すぐにパフが汚れるし、油分が多いということは、よれやすいということなのだ
そこで私たちが編み出した使用方法は
◆下地をできる限り薄く伸ばす
◆ファンデをできる限り厚くのせる
というもの
これは、油分の多い下地をまず、少なめに
そして、ファンデ(粉)を極力多くのせることで、時間が経っても油分の登場を少しでも遅らせるということなのだ
なんと素晴らしいアイデア!
ふぅ…
私は化粧治しをしないので(普通の女の子じゃないから。というか寧ろ女じゃないのかもしれない)
あの下地にはこうやって崩れを対処するしかないのだ

『UV エサンシエル 50』のカバー力ゼロにはどう立ち向かうか?
それは、気になるとこにリキッドファンデをのせよう
時間がなければ、それまでよ
いいってこと
何をしても元が悪いのだから

ファンデもなくなってきたから、おそらく今月中旬にはまた買わなくてはならないのだろう
お金が足りない
なぜ化粧品如きに毎月2、3万もかかるのだろう…
それは
元が悪いから
元が悪いなら、最初から諦めてチープコスメで済ませればいいじゃないか(私の友人はチープコスメをかなり上手に使い分けている。この前教えてもらったフェイスパウダーを私も買ってみようと思う)
勿論そこで諦めたら安西先生に諭されてしまうので、乙女としては、元が悪かろうと悪いなりに頑張ろうとするわけ!つまり!そういうことなの!聞いてるっ?

下地だけであと三時間くらい文章書き続けるよー誰か止めないとー

あと一個、『ルージュ イドゥラバーズ 83』を購入
いつもとは違う百貨店で購入したので、下地をくれと言ってすぐに会計されてしまったので
いつも新製品をチェックするので、「何か、グロスか口紅か、見せてもらってもいいでしょうか」とこちらから持ちかけた
これまでの『レーヴル サンティヤント』シリーズ(リップグロス)が新しくなって、新登場したものを購入しようかと思ったが、いつも買っている色か、冒険してコーラルピンクな色にしようかと思ったが
やめて、これまでずっと探していたピンクベースで、少しベージュとグレーがかった、肌に馴染む色の口紅を買った
口紅は20代の前半から使うのをやめてしまって、それ以来ずっとグロスのみであった
化粧品はDiorとCHANELを愛用していて、ここ3年くらいはCHANELに絞っている
ついついいつも同じ色みのグロスしか買わないので、口紅をお持ちになれば、同じグロスでも印象が随分変わりますよ、という美容部員さんからの助言でこの度『ルージュ イドゥラバーズ 83』を買ったのだ
この色はとても良い
自分の肌の色にマッチング
これで少しは気分が変わるかもしれない

2月くらいからグロスすらつけない状態が続いていたため(男の人とのキスにはグロスは邪魔だからねー。なんて心配は無用だけど)未完成なまま普通に外に出て、人と会っていた
慣れてしまった自分では分からないが、『未完成なままだ』と思われていたのだろうか…

新製品のグロスは、先がブラシになって進化
そして、粘度が強くなったそう
ほっほー
水飴のようになった、と表現していた(その表現はどうだろう)
つまり持ちがよくなったってこと
これは欲しー
今度新色が出たら、またチェックしてみようと思う

口紅
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・スキンケア - genre:ヘルス・ダイエット


GR DIGITAL 2と共に熊本城築城400年祭
熊本市現代美術館へ行った帰り
熊本城へ寄ってみた
これまで何度も近くを通っていたのに、一度もまともにその姿をみたことのなかった私
熊本城築城400年祭ということで、本丸御殿が復元されて、大賑わいの熊本城
閉門一時間前、城が閉まる30分前に、足を踏み入れる
立派な楠が沢山立っていた
石垣が立派だった
先日熊本市現代美術館で観た日比野克彦氏の個展で、石垣が大きく注目されていた理由が分かった気がした
綺麗な曲線を描く石垣
これは立派だ
そして、敷地の広いこと広いこと
これは1時間では無理だ
要点だけを観て回ろう
勿論全てには入ることができなかった
でも、写真を写すことができたので大変満足
立派なお城だなぁ
熊本城は遠目に見ると、かわいらしい形をしていると思っていた
どの角度からだろうか、近くからだと、かわいい形が分からなかった
四角い印象の熊本城
あまりお城は見た事ないのだが、きっと、お城には特徴があるのだと思う
広島城は細身で尖っていて、高さを感じた
熊本城はどっしりとした、肉付きの良い印象
お、好きだ、と思った
また行かねば
もっとちゃんと見たい
せっかく今回新しくできた本丸御殿なんて、全く見ていない(木に覆われていて全貌は見えなかった)
色んな広間があったんだろうなぁ
本丸はでも、殿様の殿様振りを見ることになるので、あまり興味がない
この広間はこういう広間で、この広間は女性だけしか入っちゃいけないんです、この広間はこういうことが行われる場所として使用され、これらの襖を全てあけるとほらこんなに広いでしょう、みたいな説明はあまり聞いていて気持ちのいいものではない
でも、詳しく知っていくと面白いと思う
結局のところ歴史は苦手だったから敬遠しているだけの話かもしれないけど

今回は連休中にGR DIGITAL 2で撮影するっていうのが目標だったから
なるべく熊本城がかっこよく写るように心がけていたけれど
どうだろうか、いまいちだろうか
PCで見てみると、まだまだだなぁと思うものばかり
数枚気に入ったものがあったが、それが私以外の人にも気に入られるかどうかは甚だ疑問だ

今回自分では気に入っているものを掲載します
何の変哲もない写真だけども

↓門入るとすぐに旗がバタバタ風になびいていたのでキシーンキシーン(カラーブラケットでのセピア)
旗セピア


↓立派な楠がたくさんあった
城一部モノクロ楠逆光


↓熊本城天守閣を本丸側から撮影
天守閣逆光全体モノクロ

うぅん、いっぱい撮った割にこれといっていいのがなかったから、中途半端な写真ばかり
今回カラーが失敗だった
晴れの日に外で写したのは初めてだったので、WBを詳細設定でAUTOにしていなかったため、少し赤みがかったまま撮影していた
なので、空があまり綺麗じゃないのです
好きな色じゃないのです
WBもまた難しいなぁと思いました
精進精進
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


『ピクニックあるいは回遊』熊本市現代美術館
今日は連休初めて外へ出た
近場で熊本市現代美術館へ
行きは4時間近くかかっている(夜中であれば1時間半で着くのになぁ)

『ピクニックあるいは回遊』2008年4月19日(土)~7月6日(日)
九州出身の作家を中心にした展覧会
売れっ子作家も数人みかけました


なぜだろう、九州出身というのは関係あるのだろうか?
好きな作家がたくさんいたし、とても良い作品に多数出会えた
なぜ?なぜ?九州だからって何か作用しているのかしら?
先入観なしなのに、好きな作品がたくさんあった

検索でひっかけてきた人は申し訳ないけれど、これはいじわるのいじわるによるいじわるのためのブログであるから、いじわるが気に入った作品だけを紹介しますありがとうございました

角孝政という作家が作っていた、虫の形をしたテーブル
はとても好きでした
エアブラシなどで塗装された黄色、赤、緑、青?辺りの原色の樹脂製のテーブルで、ライト付きでした
こういうのはあんまり好きじゃないんだよなぁ、と思いながら見ていると
デートの時などに囲んで欲しいと思いながら作りました
というようなことが書かれていたので
『用途を限定しておる!しかもデートの時だなんて!虫なのに!』ととても感銘をうけたので、好きでした
だって、小さいんだもの。彼との距離が近くなるんだもの、しかも虫だし、きっと二人の心の距離も近くなるに違いない!と思い、気に入りました

田中みぎわという作家が水墨画のような作品で
独自のタッチで自然に対する畏怖の念を表しているようでした
畏敬の念ではなく、彼女にとって、畏怖の念であるのだな、というように
自然の絶大なエネルギーを感じる作品で、人間の力などちっとも及ばないような、そんな自然をまた人間がひっそりと覗いているような、田中みぎわさんという人の視点というか、田中さんの気持ちと同じになれるような作品でした
とても好きな作品が一つあり、それは一番小さな作品で、力強さでいうと、一番繊細で、静かな作品でしたが、奥行き感が絶妙で、これまで完璧な奥行き感、模範的な奥行き感を様々な水墨画でみてきていたためか、田中みぎわさん独特の奥行き感があって、個性を感じました
雨の音が聞こえて来るような、とてもリアルな作品でした

『完成度』という点について
感じる、感銘を受ける完成度というのは、現代の作家において、これまでのものと比べて、その基準が変わって来ているのではないかな、と思うことがたまにある
これまでの『完成度』であれば、おそらくもう飽きてしまって感動しない
「え、そこで完成にするの?」っていうところが、実はとてもリアルに感じて、その作家を感じることができているような気がするのだ
それは私だけかもしれないが
「ここをもうちょっとこうするとこうなると思う」というのは誰でも分かっていて、それをあえてその基準に従わないところに現代の作家の個性を感じるというか
現代の美術界もゆるやかに変化しているのではないかなと思った
個人の中にそれを見る

横山裕一という作家はこの展覧会の中でも一番名前が知られているのではないだろうか
台詞のない漫画を描く作家だ
受け入れられやすい作家なのではないかと思う
お金にもなりそうだ(失礼な言い方かもしれないけれど、実際お金になりやすい、なりにくいというのはあると思う。作品の善し悪しに関わらず)
私も嫌いではない。好きではないけれど。
確固たるポジショニングを保ち続けるだろうなぁという感じで、強さを感じる
きっと実際強い人なのだろう

森淳一という作家は私も大好きな作家
であるけれど、実は作品をまともに見るのは初めてだったかもしれない
大理石の彫刻などでとても有名
今回も衣服のみの作品があり、見事だった
見事過ぎて参った
木彫の作品も二種類あったのだが、これまた見事で参った
フレアのライトのシェイド?なのか?白熱灯などの傘の部分?の作品も素敵で、しゃがんで見とれてしまった(低い位置に吊るしてある辺り、その美的センスにまた参った)
ああいう作家には頭が上がらない
しっかりとした技術、誰にも真似出来ないようなハイレベルな技術
これは頭が上がらない
アイデアでもなければ運でもない
ただ往々にして職人扱いされがちな分類に属すると思うのだが、くっと心を掴む美的センス、人よりもちょっと先をゆく美的センスを兼ね備えていれば美術作家として存在できると思うのだ
早過ぎても、違い過ぎてもだめ、一般人よりもちょっとだけ違っていて、理解の範囲内で先をいっているセンスを持ち合わせていれば、生きているうちにちゃんと評価されるのだ、職人扱いされずに
この作家の作品をちゃんと見ることができて、とても嬉しかった
本当はもっとゆっくりじっくり見たかったのだが、監視のおばさんが視野に入っていて、ちょっと集中できなかった

倉山裕昭という作家は、割れた鏡を敷き詰め、照明を上から吊るした作品で、鑑賞者はその上を歩くことができた
これも面白いと思った
靴を履き替えて、歩くことができるのだが
綺麗の前に、足の裏でピチピチと割れたガラスが音を立てるのは非常に心地が悪くて、ゾクゾクしっぱなしだった
壁に写る光の模様も美しかったが、やっぱりヒヤヒヤが勝ってどうしようもなかった
もっとずっといたかったが、長居はいかんだろうと思い、もっとスリルを味わいたいという気持ちを抑えて出て行った
もしガラスにひっかかって倒れでもしたら怪我をするに違いない
実際危ないのだ、この作品は
その危なさが美しかったし、視覚的にも美しかったし、歩いているドキドキもまた官能的であった
こういう恐怖は、興奮と直結して、とても官能的だ
気持ちがよかった

篠塚聖哉という作家は木炭紙のような紙に(木炭紙とは書いていなかったのだけど、とても似ていた)オイルパステル(クレヨン)で描かれた風景画
これも大好きだった
理屈抜きに、感覚的に好きという感じ
部屋に飾っていたら素敵だろなぁ、という感じ
とても綺麗だった
静かで、優しさの中にも厳格さが垣間見れるような…

こんなに気に入った作品があるなんて…
どうしてだろう…
期待していなかったから?いや、違う。もうこの年になれば、期待していないというのはただの勘ではなくて、根拠があったりするのだ
でもそれを余裕で裏切るなんて、一体どういうことだ
九州の感覚というのがあるのかもしれないね、もしかすると


という訳で
今回は私にとって、とても良い展示でした
満足満足


--
追記:
宮島達男のDEATH CLOCKだったか、3年前のこの時期に展示されていた当時の新作が展示されていた
自分が死ぬであろう日付を入力すると、死ぬまでの時間をカウントダウンするという作品
流れていたデータが熊本での展示のものであれば、3年前の自分が…なんて思いながら暫くの間、目の前の椅子に座って眺めていたが、勿論流れる訳もなく、時間がなくなるばかりだと思い、その場を離れた
そう言えば、3月下旬に水戸芸術館で宮島達男の新作展を見て、とってきた『Peace in Art Passport』をまだ送付していない
今月中旬までなので、急いで用意しなくては…

熊本市現代美術館
いじわる
寝たふり   2 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


本多孝好『FINE DAYS』感想|好きかそうでないか
本多孝好『FINE DAYS』を読んだ
かつて私の人生に関与した人物に、好きな作家を尋ねて返って来たのがこの作家であった
あまり期待はしていなかったが、その人物が好きだというからには、きっと何かがあるのだろう、と
その作家の作品を読むことで、何かが分かるのかもしれない、と
別の期待をもって、いつか読んでみようと、3年が経過し
やっと手に取った本多孝好
短編が4つ入った作品、定価1600円のところ、BOOK OFFで105円で購入
5年前に発行されているので、きっとその人物も読んでいる作品だろう

予定を入れずに、ただ無駄にこの連休を過ごす時間潰しに選ばれた本であるが
特別な4連休を日陰で本を読みながら過ごす事自体がただ虚しく、ひたすらに気分が萎えるだけであった

作品自体の感想は、それ程悪くもなく
しかしあまり大好きにはなれない感じであった
文章の感じも嫌いではなかったし、物語も退屈ではなかった
知的な印象もあったし、嫌な癖も特徴も感じなかった
が、なんだってこんなに現実離れした物語ばかりなのだろう、と思ってしまった
少し、アニメチックというか、映画化とまではいかないが、キャッチーとも違う、なんだろうか
メルヘンとかSFとかではないのだが、未知なる力が、みたいな、そんな現実離れした要素が結構登場するので、ちょっと不気味だった
面白いのだが、好き好んで読みたいとは思わなかった
これは私個人の嗜好であって、小説としての力は充分にあったし、立派な作品だと思うので誤解を招かないようにしなければならないが、私の好みではないな、ということだ、つまり
そういえば、この作家を読んでいた人物は、アニメなども好んで見ていたような…
関係なくはないだろう
もう一冊、二冊読んでみて、最終的に結論を出そう
勿論私なりの。私の嗜好にはまるか、はまらないか、というただそれだけの結論を

今現在5月4日日曜日23時過ぎ
まだ一歩も外へ出ていない

神戸へ行くつもりがやめてしまった(夜景でもみにいこうかとおもったが、それだけ?)
鳥取砂丘に行くつもりがやめてしまった(鳥取砂丘の他にどこへ行こう?)
広島(市現代美術館)に行くつもりがやめてしまった(柳宗理のためだけに広島というのも…)
熊本(市現代美術館)に行くつもりが出発の時間が今からは微妙過ぎる(せっかくの連休なのにこんな近場も味気ない)

私はこのままたいしてどこにも行かずに、貴重な連休をやり過ごすのだろうか

楠逆光モノクロ
いじわる
寝たふり   0 0

thema:読書感想文 - genre:小説・文学


君の最後の表情は、まるで
君の最後の表情は、まるで…



突然の強制的な別れは
君の意図するところだったのかい


それがちょうどよかったのかい





私は大丈夫
いつだって大丈夫

どんなに寂しくても
どんなに悲しくても

笑顔で迎えられる
どんなことも





私は弱い人間

だけどそれを取り繕う術も
その不安を埋める虚しい時間潰しも
知っている

私は、君が思う通りの
弱くて、大切にする価値のない人間です




諦めることに慣れた私は
望むことも忘れてしまった





君は大丈夫
君は強いから
後悔するような人生を歩まない





私はたまに
どうしようもなく悲しくなって
自分の価値も分からず
一人泣く


きっとこの不安感にも慣れて
一人であることにも慣れてゆくのだろう

舞鶴マンション前地面
いじわる
いびき   0 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


進化の気付き【GR DIGITAL 2】初代と比較して
初代GR DIGITALと、GR DIGITAL 2の違いの中で
初代GR DIGITALは、『平面的な写りをしていたのではないか』ということに気付いた

平面構成を楽しみながら写していた覚えがある
でも、同じ感覚でGR DIGITAL 2で写してみると
奥行き感があった
どの写真も
光の存在が強く感じられる写りになっているように感じた

決してコントラストを強くしているからではなく、光の表情が豊かになったように感じられる
そして、繊細になった

これは、自分だけかと思って
GR DIGITAL公式ブログのPhoto Galleryで、見てみると(GRだけでなくCaplioシリーズの作品も掲載されている)やっぱり、初代GRで写されたものは、どことなく平面的であるように見える
あとは、かなりシャープ(初代)であるということだろうか

あまり変わっていないようで、実はちゃんと写りも変わっているのか

平面構成だけではハードルが高かったので、GR DIGITAL 2になって、写し易くなったかもしれないと思う

一枚の写真の中で、ストーリー性を持たせることができるかもしれない、という希望がでてきた
限界を感じていた私には、いい気付きであったように思う

松原
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


煙が恋しい夜
この気分は
一体なんだろうか

煙が恋しい

夜空を眺めながら
体を内側から炙りたい


分かっているけど
言葉にしちゃいけない



明日のことは
明日考えよう

↓中州屋台
中州屋台

↓舞鶴とある居酒屋
舞鶴居酒屋
いじわる
いびき   0 0

thema:日々のつれづれ - genre:日記


思いつき|GR DIGITAL 2持って出かけよう
RICOHのCaplioGX100で思い出したこと
まだ寒い頃
3年ぶりくらいに遠くから友達が会いに来てくれて
ドライブした日のこと
深夜、山の中に煌煌と光る大規模工事現場を発見
ザザッと車を停めて、二人でその工事現場を見下ろせる場所まで駆け寄り
デジカメをササっと…
別れた初代GR
そして友人はなんとCaplioGX100
たくさんカメラを持っているその友人の持っているカメラ、羨ましそうに見つめる
『なにそれRICOHじゃない?』
『そうだよ、知らなかったっけ。この前買ったんだ』
『へぇ、どぉ、いい?』
『うん、いいぜ(にやり)』
私を無視して写そうとする友人
『なんなん、その潜水艦みたいなファインダー。なんなん、超ウケるんですけどーなにそれ超ウケるんですけどー変なんですけどなにそれーいいなー私ものぞきたいそうやってのぞきたいのぞきながら写したいなんなん、なんなん、どうなんそれちょっとちょっとどうなんそれ』
笑わせて手ブレを狙ってみたが、軽く無視され、サッとポケットにしまう友人
私も数枚写して、サッとケースにしまい込む
結局CaplioGX100についての詳しい情報は聞けなかった

GR DIGITAL 2にプラス1万5千円上乗せで乗り換えたのだ
ちゃんと上達するように、もうちょっと真面目に写すようにしよう
『自分がイメージしたものを写す』
これが目標

GWはCaplio GX100友人に『撮影大会しようよー』と誘ってみたが
案の定仕事らしく華麗に断られてしまった

むぅ
一人でもいい
撮影大会するぞ

※撮影会、ではない。そんなオタクっぽいことしないの。あくまで撮影大会。優勝とかあるの。商品とかあるの。そう。上手く撮れたらご褒美があるの。ケーキとか。
舞鶴
いじわる
いじわる第三の目   0 0

thema:GR DIGITAL - genre:写真


| HOME | NEXT