FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

もりあがらないきもち2008
ここのとこ
何をしても
気持が盛り上がりません

転職を考えていたけれど、同業種で転職するのをやめようかな、と
今ふと思ってみたけれど
そんなリスキーなことができる年齢でもないので、多分思いつきに終わる。

でもこのまま一人でぽつねんと生きていくならば
私は自分のやりやすい働く環境を作らざるを得ないんだけども
それだったら明らかに異業種であって
始めるなら早い方がいい、と良く言われるし。
人脈がないとどうしようもないので
去年から人脈を拡げるために奔走しているところ。

私は体が強い訳でもないので(実際3ヶ月に一回監視しておかないといけない体であるし)
そんなに大きいことはできないのだけれども



気分が盛り上がらないと言っているが
私自身が盛り上がらないから、盛り上がらない機運しか廻って来ないのだ。
私自身のせいなのだ。

私自身が幸福感に包まれていなければ。

もっと自己中になろう



自由な気分になりたい
呪縛から解き放たれたい

きっと
あれは呪縛なのかもしれない

私が引き寄せられたのではなく
引きずり込まれているのかもしれない


早く気付け
早く気付け私

でないと
終わりのない奈落に
ただただ引き落とされるだけかもしれないぞ

水族館15
スポンサーサイト
いじわる
いびき   0 0

パラレルワールド展 - Parallel Worlds -|東京都現代美術館
東京都現代美術館にて『パラレルワールド展』を観てきました。
想像の世界の展覧会です。
"パラレルワールド"と言われて、『あ、そうそうこんな感じ』という作品から、『こういうのも、ふぅん、ほぅ』と思えるものまで様々。
今は全盛ではない世界観なので、どの作品もマイナーと思われるものばかりでした。
だから、例えば本の挿絵調のものだったり、正に本の挿絵だったり、挿絵風にモノクロで描かれたものや、版画だったり、ちょうど、サイレント映画の頃の雰囲気のものがよく見られました。
サイレント映画の雰囲気は好きです。あの頃のホラー映画とか、あんなにかわいらしいホラー映画はないわ、と思います。
映像作品もいくつかありました。
全体的に大人しい雰囲気の作品が多くて、ゆっくりした気持になりたい時にはおすすめです。
ぼーっとできるような空間はありませんでしたが
展示空間としてはもっと薄暗くして、雰囲気出してもよかったのではないかな、とも思いました。
ちょっと美術館のまんま、に作品が普通に展示されていただけだったので
少々お粗末な印象を受けてしまいました。
作品が作品なだけに、雰囲気でだいぶ違って見えると思うのです。



子供のころに読んだ絵本の中の世界を思い出しました。

夜空に浮かぶ星を見つめて
月の表面を歩く得体の知れない生き物と、お花、屋敷から漏れる明かり
森の音を聞きながら
闇に怯える子供の頃の記憶

水族館18
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


青の洞門に行ってみた20080921
大分県中津市本耶馬渓町にあります。
約250年前に人の手によって30年かけて掘られたトンネルです。
今では自動車が通れるようにトンネルが大きく掘られたようですが、自動車ってつい最近…と思うと、つい最近まで鑿の痕が残っていたんでしょうね。
でも、今でも一部鑿の痕を見ることができるそうです。

日本最古の有料道路だそうです。

車で通ると、あっという間なので、往復しちゃいました。



↓写真は関係ないです。大阪海遊館で写したカニの写真。
水族館16
いじわる
寝たふり   0 0

大切な人と好きな人
大切な人=何年会わなくても気にならないが、困っていたら助ける。幸せを願う。

好きな人=独占したい



似ているけど
全然違うと思う

大切な人との間にも、絶対的な信頼と心の繋がりがあって、その関係もまたほぼ一生続くと思うけれど
好きな人とは何かあった場合、それがパタっと切れてしまう。
でも、小さな事から大きな事まで困った事に対処できる、要望に応えてあげれるのは好きな人との関係の方がより現実的。



大切な人<好きな人(恋人)<結婚相手


っていう感じだとは思うけれど
理性でかなり制御できてる大切な人との関係の方が、清らかさがあるような気がする。




なぜこんなことを
いちいち書き出したかというと
多分たまに分からなくなる時があるから

水族館14
いじわる
寝顔   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。