FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

YouTubeを凄いと思った瞬間【JUSTY-NASTY】
今日はなぜかふと思い出した【JUSTY-NASTY】というビジュアル系のバンド
これを検索してみるとYouTube動画が

このバンドは私が小学4年生か、5年生辺りに姉の友人から借りたCDを録音して好んで聴いていたバンドなのである。
もう20年近くも昔の話。

その頃はCDにコピるなんてできないから、カセットテープに録音する訳だが
確か切れたもんね、テープが。
あ、切れた、と思ってセロハンテープで補修すると
勿論聴けるよね、アナログだもの。
そんなことをしていた時代の、切ない思い出すわ。

バンド名はかろうじて覚えていたようだが
それもちょっと驚き。
その当時は確かBUCK-TICKとかもいたと思うけど、その後も有名だったみたいですね。
ビジュアル系を聴いていたのは、ほんの一瞬だったので、シーンがどういう動きをしたとかは全く知らないのだけど、有名どころのLUNA SEAとかも、同じようにこれからっていう時だったんじゃないでしょうか。

インターネットのお陰でこんな懐かしい思い出に浸ることができて
もう、わたくしめは感激でございまするよ。

YouTubeが凄いと、本当に思った。
よくおじさんなんかが、YouTubeで感動するような体験、私はまだしていなかったのだ。
超アナログ時代に夢中になっていた音楽の映像を見て初めてYouTubeありがてぇ!って思いました、ごめんなさい。

この【JUSTY-NASTY】
澄んだ声と、特徴的な歌い方、どことなく妖艶なメロディーが気に入っていたのだけど
今聴くと嫌になるだろうな、と思いきや
今聴いてもイイんですけどー
何これー
今の私にとって、邦楽でいいと思えない自分、ビジュアル系なんてもってのほか、であるのに
何これー
相変わらずこのボーカルには惚れ惚れするんですけどー

きっと小学生の私には憧れの声だったんでしょうね
嫌悪感どころか感動です

でも、その後【JUSTY-NASTY】を解散後は【CRAZE】というバンドのボーカルになったと、これまた検索で知ったんですけど
年をとると、声質が変わるんでしょうね。
音楽自体も、その他のビジュアル系ロックバンドと区別のつかないものに聞こえました。
きっと、【JUSTY-NASTY】の時代の音楽の感じと、藤崎賢一氏のその頃の声(ボーカルの名前まで知ることになるなんて…!)がぴったりと好みに合っていたのでしょうかね?

繊細だった声は、少々野太くなって、荒削りになっていたように聞こえました。(残念)

でもやっぱり素敵な声だからこそ、今でも活躍されているのでしょう。
ちょっと嬉しかったです。
ひと時の短い間でしたが、確実に私の脳裏に焼き付いて今でも素晴らしい思い出として刻まれていること、こうして三十路も目前にしてYouTubeで再開出来たことが何より嬉しいことでした。

↓聴いたって!懐かし過ぎる姿格好ですが、声がいいの声が!しかも上手じゃない?近頃のライブでは音程はずれまくりのへたくそなバンドのボーカルとは違うくない?あれ?こんなに絶賛するの私だけ?いやいや、まさか!

※好きな曲は、曲名が分からないため動画を探すことができなかった。というより、アップされていなかった。残念。ネットで当時のアルバムを探すというのも手だな。
美しい思い出として買わないべきか、買うべきか。おー、なんという時代だ。


横浜トリエンナーレ21
スポンサーサイト
いじわる
寝たふり   0 0

thema:YouTube動画 - genre:音楽


LABYRINTH
ゴールなんていらなかった

ただ
そこいらをひたすらに歩き回るだけで幸せだったのだ



ただ
歩いていれば

それだけで



しかし
ひとたび同じような風景を目にすると
同じところをぐるぐるまわっているだけなのではないかと
不安に駆られて走り出す

突然の不安の到来に

正気を失った私は


横浜トリエンナーレ20

いじわる
寝息   0 0

硝子
約束なんて
しちゃだめだよ

約束なんて
するもんじゃないよ



だって分からないじゃないか

守れるかどうかなんて
分からないじゃないか


でも
それと同時に
疑っちゃだめなんだ
隠れて覗き見なんてしようものなら
不幸を見るだけさ

それがたとえ違っても
覗き見したら
なんだって


だからだめなんだよ
だから
君はだめなんだ

臆病者の君
君が見たものがたとえウソでも
疑いの目をもった君には
真実が見えないんだよ

横浜トリエンナーレ19
いじわる
   0 0

空に浮かぶ
だんだんと薄くなる影

高速で走り抜ける光に
奪われる影

圧倒的な存在感を放つ現実の世界が
光と共に
影を奪い去る



私の中から
確実に消えて行く影



私の頭上には
赤い風船

空に浮かぶ
赤い風船

横浜トリエンナーレ18
いじわる
   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。