スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

子宮がん検診&エコー検査
11月に受けた子宮がん検診の結果がclass2だったので
三ヶ月に一度の検診を、半年に一回にしても良いと言われたので
半年後である5月、先日行ってきました。
23歳くらいの時に、内膜ポリープができて、それからたまに病院に行ったりして検査をしていたけれど
今回は、エコー検査、子宮も卵巣も大丈夫でした。
月経開始が今月2日なので、通常であれば、ポリープができてしまっている時期なので、検査は、生理で流れてしまった後の月経終了直後が一番良いと言われたのですが
この時期でも、問題ナシということは、結構安心してよいようでした。

ストレスでしょうかね?
なんでしょうかね?
問題なくて、本当に助かりました。

とりあえず、半年は安心して過ごそうと思います。

菜の花
スポンサーサイト
いじわる
眠りの迷宮   0 0

thema:婦人病 - genre:心と身体


今日買ったもの【CHANEL】
今、朝晩使っている【ボーテ イニシアル エマルジョン】がなくなったので
乳液を買わなくては死んでしまうと思ったので
百貨店に駆け込みました。

先日発売された皮脂コントロールの乳液【ピュルテ イデアル フリュイド】もこれからの脂ギッシュな季節には重宝するかな、と思っていましたが
サンプルで貰ったものを使ったら、確かにサラッとしているのですが、基本乾燥肌な私にはやや水分が足りない様な印象だったので(目の周り辺りが少し心配になる程度でしたが)
ホワイトか、イドゥラマックスプラスのどちらかのシリーズで乳液を購入しようと思いました。

結論としては、【イドゥラマックスプラス アクティブ ジェルクリーム ¥8,500】を購入しました。
夏も盛りになったら、夜用にホワイトのクリームを購入しようと思います。
それまでは、朝晩両方【イドゥラマックスプラス アクティブ ジェルクリーム ¥8,500】で凌ごうと思います。
CHANELクリーム


それから、ちょっと気分転換がしたかったので
口紅を購入しました。
これまで、肌に馴染むような、やや薄めの色味のベージュ系やピンク系を使っていましたが
昨日何気に見ていイなピンクのキラキラした口紅をしていて、とってもカワイかったので、似た色を探してきました。
【ルージュ イドゥラバーズ 85 LILAC SKY ¥3,600】青い偏光パール?が入っていてハードなピンクです。でも、このパールのお陰で唇の立体感を出して、顔に馴染むのではないかと思います。
これは気分転換になる色です。
CHANEL口紅1

CHANEL口紅


そして初めてのリップライナーも購入しました。
リップライナーなんてつける時間なんてない私です。ここ最近なんて唇に色を付け事すらしなくなってきていて、ちょっと冒険です。
【ル クレイヨン レーヴル ナチュラル ¥2,900】を購入。
ちょっとオレンジ系のベージュみたいな感じです。ちょっと、赤みが強かったので、私も使えるか心配です。
でも、美容部員さん一押しだったので、勢いで購入したのですよね。
一押し商品は結構買っちゃう私です。
薄めにつけて、ぼかして使おう。
CHANELリップライナー1

CHANELリップライナー


そしてネイルも購入しちゃいました。
【ヴェルニ 210 LILAC SKY ¥2,900】
なんと、口紅と同じライラックスカイです。運命を感じたので、即決でした。
この色も充分気分転換になると思われます。
ちょっと青みがかったピンクがかわいらしいじゃないですか。パステル調の赤紫って感じかな?
CHANELネイル


サンプルではホワイトのエマルジョンとナイトクリームをもらいました。
そして、28個入りの、シミ97%改善のアイテムの一つをいただきました。
有り難し。
いつかホワイトニングを本格的にやる時は購入しようと思います。
CHANELサンプル


ということで、今日はちょっと沢山買っちゃいました。
でも、基礎化粧品二つとか買ったらもっと行っちゃうので、今回はまだ安い方ですね。
3万とか越しちゃったら結構凹むし。

それと1.5倍のサイズの【イドゥラマックスプラス アクティブセラム】を予約しました。
なんと、これまで一切お得サイズとかお得アイテムが存在しなかったCHANELに、お得サイズが限定で発売されるというのです。
これは購入せねば、と思って予約してきました。
¥3,000のお得だそうです。かなりデカい。

ということで
出費は増えるばかり。
でも、ここで安物を使ってしまうと、これまでの努力が水の泡ではないですか。
何もしなかったら、粉をふくくらい乾燥肌なのだから。
今の肌を保てているのはお金をかけているからこそなのだ。
と言い聞かせて、これからも取り憑かれたように基礎化粧品を買うのだろうな。。。
これもある意味宗教。
まぁ、独身のときだけなので、楽しもうではないか。

桜
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット


映画『GOEMON』感想|ガンガンネタバレ
映画『GOEMON』観て来ました。
普段、あまり邦画を観ない私。
前回劇場で観た邦画は、『嫌われ松子の一生』だ。
私の中での共通点は、映像が特徴的だったこと。
それだけだが、それだから観に行った。
まず、満足度で言うと、満点に近い。
かなり面白かった。

俳優について
江口洋介がめっちゃかっこよかった。
普通に容姿がかっこよかった。
ワイルドな演技もかっこよかった。
顔が、どことなくレオナルド・ディカプリオに似ていると思った(ディカプリオファンW)
眉が良かった、眉が。
特に眉間辺りの感じが。
少年のような目もよかった。
あと口元とか。
笑顔とか。

猿飛佐助役のガレッジセールのゴリもなんか、凄く演技がうまかった。
やっぱりお笑いやっている人はコントで演技するからうまいのかな。
いや、演技するのがうまいから、お笑いもできるのかな。
演じることや、楽しませることがうまいから、お笑いも俳優もできるのかな。

広末涼子はどうでもよかった。
相変わらず、いつも同じだな、と思った。
顔を揺らしながらぶりぶり演技は、ちょっとウンザリした。
お前が見たいんじゃねんだよ、演じろよ、ちょっとは。
と思ってしまった。
でも、清純な感じがして良かったけど。(結局良かったんかい)

あと、織田信長役の中村橋之助が
メイクが似合っていた。
織田信長風なメイクと衣装が、凄く似合っていて、綺麗な織田信長って感じだった。
この映画での織田信長は、ゲーム『鬼武者』の織田信長のような印象だった。

豊臣秀吉は、あまり悪者にされない印象なんだけど
キャラ的にも百姓出身の野心家というか、世渡り上手と言うか?
歴史全くご存じない系なんでよく知らんけど
この映画ではめっちゃ悪者やん
ラスボスでした

徳川家康は、正直一番魅力のないキャラクターでした。
面白味のないというか
特徴もないというか

服部半蔵が強過ぎる
霧隠才蔵役の大沢たかおが、またかっこよかった。
でも、あのキャラクターをもっと濃くというか、強くして欲しかった。
あまりにも弱過ぎるというか、影が薄いというか。
いや、ほんのちょっとだけでいいんだけど。
才蔵の最期も、かっこよかったけど、もうちょっとかっこよくできた筈。
簡単に言うと、凄みがもうちょっと欲しかったっていうか。
死ぬ間際くらい。

でも、五右衛門風呂の由来となる釜茹の刑が、まさか才蔵で描かれるとは。
ちょっと意外な感じが良かったです。
石田三成に雇われている忍びの才蔵が、秀吉暗殺に失敗(チェ・ホンマンが吊るされている秀吉を助けたんだけど。才蔵がとどめをさっさと刺さないのが悪いんだけど)して、処刑される際の話なんだけども。
息子も一緒に釜茹なんだけど、さすがに残酷なシーンはなく、張付けのまま秀吉に釜に蹴落とされる形にして、赤子も放り投げられる、という形にされていたのだけど。

洋画で、処刑シーンの時、最期に喋ったりすることって、殆どないんだけど
日本は、普段喋る人物描写がないからなのか、死ぬ間際は凄いシーンが期待できる。
やはり、欧米とは死の描写が違うと思う。
欧米は、死ぬ間際、思いっきり自由になるというような、心象で表現されるのをみかけるが、あれはとても素晴らしくて、あまり日本ではみかけないような気がする。


豊臣秀吉が、織田信長暗殺に関わっていたかどうか、というのは意外なストーリーだったけれど
そういう説もあるみたいですね
過去のことは、よく分かりません。

石田三成役の要潤が、凄くハマっていた。
メイクや衣装が最高に似合っていて、あそこまで役にぴったりだとは!



映画全体として、ボリューム感満点で、盛り沢山、観ていて飽きない。
映像も豪華で、衣装やセットも豪華で良かった。
金かかってるなーという印象。
テンポもよくて、ストーリーもとてもよかった。
あと、かなりメッセージ性が強かった。
強かった?というか、分かりやすかった。
ただ、かなり切実さに欠けていたので、そのおまけ程度のメッセージは、やっぱりおまけでしかないのだろうな、という印象。
市場原理主義とか、格差社会に関する批判(疑問レベル)とかは五右衛門の台詞に登場
才蔵が五右衛門を名乗ってからの、最期の台詞にも登場
『幸せのために戦う』という服部半蔵の台詞は
軍需産業が大きなウェイトを占めるアメリカを筆頭とする戦争せずにはいられない国々に対する批判が込められているし
五右衛門が徳川家康に戦をしないことを約束させたシーンも、日本の役割としてのメッセージが感じられた
けど、そんな模範的な、どこにでもありそうなメッセージ性をここで言うのか、と思ったし
やはり映画全体をみていて、それがメインとはどうしても思えない仕上がりだった。
やはり『GOEMON』はエンタメ映画然としていたので。
勿論、今の日本の風潮が、意見することを嫌ったり、大きな声で叫ぶことを嫌うので、おまけ程度がちょうどいいのかもしれないけれど。



あと
前半の映像が、アニメちっくで新鮮だった。
かつてMTVのCM?映像(電車のやつとか)みたいな、色味とか、動きを思い出した。
手法としては、それのパクリってこと?昔からあったコミカル表現ではないと思うし。CG使ってる辺り。
あと、なんとなく全体的に漫画ちっくに感じるところが多々あった。
漫画世代の人が作ってるんだろうな、という感じ。
例えば、五右衛門が、家康を討つシーン。
五右衛門目線で、家康軍の鎧を着ている佐助が、五右衛門を短刀で刺している瞬間を写したシーン。震えながら佐助がこっち(五右衛門)を見上げているシーンなんて
よく漫画などで描かれるようなシーンじゃないですか。
手下だと思ってた奴が、近い人間が、トチ狂って致命傷を与えるなんて。
五右衛門は、その時青年時代に茶々からの贈りものである茶々の扇子で家康の首をとっているだけなのだが。
視点とか、テンポとか、描き方(演出)が漫画チックってことなんですけど。
そういうのやっぱり日本人はうまいよねーと思います。

漫画とか、ゲームのような世界観が、特徴的でした。



柿の木
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


リバイタル グラナス クレンジングミルク 3本目【REVITAL GRANAS】
完全なるリピーターでございます。
今のところ、クレンジングでは【グラナス】が一番いいです。

先月くらいにホワイトニングの美容液を買いましたが
同じ価格の【CHANEL】のホワイトセラムと比較すると、完全に負けていたので
グラナス製品は、クレンジングのみにしようと心に決めました。

今日は、肌チェックもしてもらいました。
キメや透明感は、かなり良好でした。
というか、水分以外は、全部の項目で良好でした。
5段階評価のうち、4.5以上の高得点です。

やっぱり乾燥気味なんだな、と。
暖かくなって来たこれからの季節も、日中は徹底的に保湿に注力しようと思います。
紫外線が気になる季節ですが、夜の、ホワイトニングを頑張れば、なんとか大丈夫だと思うので
今使っている【グラナス】のホワイトセラムを使い終えたら、即刻【CHANEL】に戻ろうと思います。
鞍替えした私が悪うございました。
全く効果がありません。
ホワイトニングは【CHANEL】が一番です。
値段も同じなら尚更のこと。(【グラナス】が安いと思っていた)

今日は、クレンジングミルクのみ購入。
クレンジングオイルのサンプルを貰いました。

グラナス洗顔
いじわる
寝たふり   0 0

『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展&『高松次郎コレクション in Hiroshima』展@広島市現代美術館
広島市現代美術館にて『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展観て来ました。

かなり良かったです。

盛り沢山でした。
現代美術と、巻物や掛け軸、その他お面などの展示がミックスされていました。

西尾康之氏の観た事のない作品がみれて良かった。
特に冒頭の、女の頭部が良かった。
あと、昆虫三体の作品も、非常に良かった。
背中まで回ってみると、甲羅?の部分がとても良かった。

売れっ子というか、スピーディーに?手法?や媒体にこだわらず?様々な作品を作りだす小谷元彦氏の作品(能面のやつ)があった。
もの自体に込められた魂のようなものは、残念ながら西尾氏の比にもならないが
見てくれはクールで、キャッチーだと思う。
いや、このキャッチーさが私はたまらなく好きなんだけど。
キャッチーというのは、ある意味失礼な言葉かもしれない。
でも、どの作品も抵抗なくクールに見えるのだから、そうなんだと思う。
現代にピッタリの、需要と供給がピッタリ綺麗に合ったポイントにいらっしゃる方だと思う。
変な癖がなくて憧れます。

西尾康之氏の掛け軸?の作品が凄く良かった。
着物を着た女子が、幽霊となって現れた、やや下から見上げる感じに描かれている。
こりゃ凄いと思った。
怖くなかったのが少し残念なんだけど。怖さよりも圧倒的に美しいというところが、少し悲しかったけれど。
例えば、昔の幽霊画の掛け軸なんて、あんなに怖いもんないよね、という怖さがないというか。
これならコレクションで欲しいわ、ときっと人は言うはず、そんな感じ。

売れっ子?加藤泉氏の作品も、たくさん見れて良かった。
色がやっぱり綺麗でした。
毎回感動する、あの色の美しさ。
油絵の具の、ぼてっとした感じがいやらしくなくて、色がパーンと来て、いつも『ああ、いいなぁ』と思うのです。

会田誠氏の『おむすび仮面の小さ過ぎる旅』?だったか、そんなタイトルのビデオインスタレーション
これも最初から最後まで観たのは初めてで。
なぜこの人はこうまで他の人とテンションが違うのだろう。
真剣さがまるっきり別のところに働いているところが、この人の凄さかな、なんて。
この人の画力なんて今更色々言うこともないかと思うので割愛するけれど
いつも、予想よりも全く違うところにこの人はいるから、驚かされる。
期待を悉く覆すことが、この人のやりたいことなのだろうか。
おむすび仮面は、結構色んなところでお目にかかるのだけど
ちょっと、リアルで、寂しい気分になるので
フラッシュバックです。
私自身が。

凄い。


常設展の、『高松次郎コレクション in Hiroshima』展もとても良かったです。
高松次郎作品をこんなに盛り沢山観たのは初めてです。
高松次郎と言えば
大学の時に、田中幸人さんがもの派を力説される時に必ず登場する人でした。
立体作品が私はとても好きです。
日本のもの派や、アメリカのミニマリズムの、立体作品はとても好きです。
ただ、それと同じくらい、嫌いでもあるのです。
あれは、あれで完結してしまうところが、あまり好きではないのです。
言葉や理論で作品を作ってしまうと、それを越えることができなくなるのが、悲しいのです。
それもある意味反芸術なのでしょうか…。
人の想像を、越えることができないというか。
解釈が、一つだけというのが、悲しいのです。
勿論投げかけとしては、あの時、絶対にあってくれないと、今はないのですから、いや、好きなんだけど
いつも、見ていて窮屈な気持ちになったものです。

帰り、ショップで赤瀬川原平の『東京ミキサー計画』を980円も出して購入してしまったではないか。

という訳で
今回の広島市現代美術館も、今回の展示終了までギリギリのところ、滑り込みセーフで観て来ました。
良かったです。
とても。

では、また次回、楽しみにしています。

広島市現代美術館
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


『淡路夢舞台』写真レポート
初めて兵庫県淡路島の安藤忠雄建築『淡路夢舞台』に行ってきました。
感想は、今まで観た数少ない(笑)安藤建築の中では一番雄大で、優しい印象を受けました。
景色のせいだろうか
花のせいだろうか
敷地が広かったせいだろうか

海と、植物、花に囲まれて
打ちっぱなしの無機質な幾何学建築が、優しく見えました。

夢舞台1

夢舞台2

夢舞台3

夢舞台4

夢舞台5

夢舞台6

夢舞台7

夢舞台8

夢舞台9

夢舞台10

夢舞台11

夢舞台12

夢舞台13

夢舞台14

夢舞台15

夢舞台16

夢舞台17

夢舞台18

夢舞台19

いじわる
寝たふり   0 0

thema:建物の写真 - genre:写真


映画『レッドクリフ part2』感想
『レッドクリフ part2』の感想を書くのを忘れていた。
いつ観たのかすら少し忘れかけている。

part1は、何も起こらなさ過ぎてつまらなかったが
今回は、少し面白かった。
趙雲がまたしてもかっこよかった。
尚香の活躍が見ていて快かった。
巷では、周瑜と孔明の仲が良過ぎと不満な声が聞こえていたものだが
まぁ、でも、三国志マニアじゃない私としては、ラストは仲悪そうな感じで終わったので
いいんじゃない?と思ったが
マニア的には、もっと仲悪く描いて欲しかったのだろうか。

北方謙三の三国志の評判が良く聞こえるので、いつか読んでみたい。


とりあえず
ジョン・ウーっぽくない映画だったので、楽しめました。



周瑜と孔明が話す時は、殆どと言っていい程、今にも接吻が始まりそうな距離だったのが一番気になった。あれ?仲悪いんだよね?
あと、団欒を意味する団子が振る舞われたシーンが笑えた。

あんま感想という感想ではないけれど。
報告まで。

モクレンカラー2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画


GW '09
10年振りくらいに会った幼馴染
三人が同じ場所に居合わせたのは、25年振りとかになるのではないのか?orz

幼馴染なのに
私だけがおつむが弱く
彼らは慶応に東大(法)に塾に行かずして行く秀才
なんだかなーって感じだけど

ある共通の友達の結婚式をきっかけに
デートを重ねたり、連絡を取り合っていたりしたが
やっぱりなんだか根本的なところでの疑問が払拭されず
一旦距離を置いたりした
その後も一年に一回、また数回会うようにはなったが
なんともいえない微妙な距離のまま、現在に至っている訳だけど

年末に会った際に
もう一人の幼馴染が地元に帰って来ているようだが
連絡取っているのかと聞かれ
当然ながら、大学時代から友達伝手の情報も入らなくなって以来
彼の事は全く何も知らなかった

次のGWに帰るので、彼も呼んでみようかという提案に
私は何の意図があるのか、少し気になったが
(私が年末に飲もうと誘ったのはただ単に久々に、ということだったが、彼は私の中指の指輪を見て、結婚か何かの報告かと思ったらしく、その誤解を解いた後に、その提案があったのだ。気を遣って私に出会いを…?)

中学以来会っていないし
高校の時、その出席した共通の友達と、夏休みの勉強中のところ、家を襲撃してみたりした以来
本当にそれっきり会っていないので

まったく
最初の沈黙といったら
どうすればいいのか
困ったものである
もう三十路も手前の大人が
こんなに沈黙に飲まれていいのか
というくらいに
どう出ていいものか
長い沈黙をオーダーでなんとかし
やっと、普通の、一般的な、飲み会の雰囲気に。
彼らはお酒が弱いので、明らかに飲むものと、飲む量の違いが面白かったが
向こうは二人なので良いバランスというか

リズムが掴めると
本当に楽しくって
会話が
話がうまいとか、面白いとかではなくて
気持ちの良い会話というか
ストレスのない会話というか

早い撤収だったが
その後
10年振りの幼馴染と連絡を取り合うようになって数日

その前に
これに至る経緯
同じタクシーで帰り
彼の家の近くから
私は一緒に歩いておくってもらい

彼は携帯番号など、聞いて
来なかったのだ!

丸っきり自然の流れである筈なのに、だ。
『また機会があれば』
『うん、是非』

私は心の中で
携帯を聞かないんだ、へぇ、そうなんだ、と。
次いつこんな機会があるかも分からないのに、悠長に。
と思ったものだ。

まぁ、いいか、と思っていた次の日の朝
メールが来ていたのです。

もう一人の幼馴染に、聞いていたのです。
楽しかったこと、お店の予約をありがとうございました等
そして、連絡先を聞いたこと、勝手な真似して済みません。
この丁寧さに感動。

その後は、PCのアドレスなども教えていたのでPCでのメールのやり取り。


でも
ちょっと怖い
何がって
いっつも、いい感じになって、終わるのだ。
パターン化されているのだ。
慣例化されているのだ。

彼氏候補は、毎月変わる、と言っても言い過ぎではない。
いっつも、だめにする。
だめにするのは
私だ。
きっと。

彼氏いない歴を日々更新している今
もう2年と半年を迎えようとしている
よく人に
選び過ぎだと言われる

選んで何が悪い

と思う。


選んでいると
やっぱり気軽にはいかないもの

今回もそうなのかなとか


ちょっと
思わないかも


だって
私を小さい頃から知っている人だもの
それに
なんだか
頑張らなくてもいい感じなんだもの


いつもだめになっちゃう
探り合いモードじゃないし


探り合いモードじゃ
ないのよ!


これってこれって!

花カラー
いじわる
   4 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。