スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち@熊本市現代美術館【感想】
熊本市現代美術館にて『花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち』を観てきました。

モネは期待する程の数はありません。
期待は絶対禁物です
大きめな作品2つがかなり綺麗です
で、大きな作品が写真で展示されていますが
かなり空間がもったいないというか、非常に意味がありません(汗)
美術館で作品の写真を展示するなんて愚以外の何ものでもありませんから…
写真や図録は、美術館では絶対に目を通さない方がいいですよね
例えば、さっき見てきた展覧会の図録を購入して、すぐに見る、なんてことは。
今見てきた記憶をしばらくは大切にするのがいいと思います。
それで、写真というのは、本物と全く色が違います。
全然。
だから見ない方が得策です。
山口晃氏が、教科書の源頼朝の絵と、図録か何かの模写を書いた作品があったと思いますが
つまりそういうことですw
色が全く違ってびっくりした!っていう経験はどなたもあるかと思います
ということで、美術館という本物が見れる場所で、写真を展示するというのはちょっと…

蜷川実花さんの写真は相変わらず雑誌などから出てきたポップで商業写真な花たちが満載です
それが芸術家か、と問われれば私はかなり首をかしげてしまいますが
今は人気な写真家なので、蜷川実花さん目的で来館される方も少なくないのではないでしょうか

今回見事だったのが、若手作家名知聡子さんの作品たちです
ここはさすがに観覧者たちがごった返しているエリアでしたよ
私も長く観ていました
デフォルメの仕方がやや漫画チックなところが現代の需要とピッタリなのかもしれません。


ここ数年思っていることが
圧倒されるような絵画を描く人はもう出て来ないのだろうか、と…
私はゲルハルト・リヒターが好きなのだが
ああいう、見てびっくりするような、絵画を描く人が他にもいないものか、と。
その、今までの何かを覆すような?
今の現代作家、特に若手の絵画を描く作家って、殆どが何かのフィルターを通して表現しているようで
アニメチックな描写も正直もう飽きたし
アニヲタ市場が世界中で熱いのは分かっているけれど
美術が市場に振り回されるのもどうかと思ったり…
理想ばかり言っても仕方ないのだけど…

名知聡子さんの作品は高橋コレクションの一つのようです(現代美術作家の作品買い占めか)


ところで
私が好きな会田誠氏の作品もまたアニメちっくであるにも関わらず大好きな理由は
その作品の表面よりも圧倒的に中身に惚れ込んでいるからである
絶対日本人にしか分からないような作品ばかりだ
いくら海外で評価されようとも、海外では絶対に理解されないと言い切れる程に、私たち日本人にしか分からない作品ばかりだからである
その『絶対に』というところが凄いのである
かなり最高にいい意味で『ひどい作品ばかり』で、いつも見ていて幸せというか、満足というか、充足感を得られるのである。
あ、大丈夫なんだ
という気持ちにさせられるのである。
私の『安心エリア』に直に訴えかける力を持っているということだ
と、ここで会田誠氏の作品について熱く語っても仕方がないのでこのくらいにしておくけれども…

表面での作品とのコミュニケーションを楽しむのならば、今回の熊本市現代美術館での展示も楽しめます。

ボウリング2
スポンサーサイト
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人@オペラシティアートギャラリー【感想】
オペラシティアートギャラリーにて『鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人』観てきました。
ここ数年の目紛しい鴻池朋子フィーバー
オペラシティにて爆発
って感じでした

ガールズパワー炸裂でした
展示数はそう多くないものの
一つ一つの密度が高かったため
観覧車はゆっくり観て回っている方が多かったです

動物の毛や、百合の花など(百合の花は香りが強過ぎるとして好まない人も少なくありませんが、キリスト教では神聖アイテムの一つなのでそれも関係してる?してない?百合は意味合いが強いので、使用意図が気になりました)刺激が強いものがあります。

アニメチックな画風や、和風テイストが人気の要因にもなっていると思いますが
圧倒的な画力には引き寄せられます

いつも思うのですが
動画が一番世界観が伝わりやすいんですよね
時間の感覚とか空気感というものが分かりやすいからでしょうか
表現としてかなり成功している手段だと思います
(でも今回大きな本に投影する、という形で動画が流されていたため、非常に見にくい。人が多くなるとまるで見えない)

ミラーボールみたいな赤子の?頭部?も良かったです。
途中なんか止まってましたけどw

オペラシティここ数年、面白くない展示ばかりでしたので
だんだん尖っていた頃のオペラシティに戻りつつあって嬉しかったです。
人が多い美術館ではないので、空間が落ち着くんですよね。


ということで
下の画像は記事とは関係ありません。
ボウリング1
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


「アイ・ウェイウェイ展 ? 何に因って?」@森美術館【感想】
クリエイティブコモンで美術館内は写真撮影が可能
当局により悉く表現を制限されてきたアイ・ウェイウェイさん
ブログなどで紹介されることで少しでも人々に伝わるようにとのことです。
表記の仕方も明記されておりましたので、それに則ってここでも紹介してみたいと思います。

職人さんたちの技術をこれでもかと作品に盛り込まれた作品たちです。
組木は凄いです。
というか、どれも凄いです。

中国人の現代作家って、当局あってのという感じがするけれど、アイ・ウェイウェイという方はそこまでそれを感じさせない人でした。勿論作品の外見上、見えないというだけで、密接な関係ではあると思いますが。

観覧中、やはりこの撮影許可ということが話題に挙っていたようで『著作権フリー』という単語が聞こえてきたりして、正直ヒヤヒヤでした(笑)フリーじゃねーよwww
少しずつクリエイティブ・コモンズ・ライセンスがちゃんと認識されるようになるといいな、と思いました。

作品は、昔の建物が簡単に壊されて行く中で柱や家具を作り替えて作品にされたものや、土器を割ったりするパフォーマンスや、上に現代を象徴されるようなペイントや、ペンキをたらされたものがあったり。
圧倒されるのが、職人技の光るものでした。
かなり美しいです。
--
作家:アイ・ウェイウェイ
下記写真は『クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示-非営利-改変禁止2.1日本』ライセンスでライセンスされています。

森1

森2

森3

森4

森5

森6

森7

森8

森9

森10

森11

森12

森13

森14
いじわる
寝たふり   0 0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。