スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』ナタリー・ポートマンがきゃわゆい
土曜日『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を観て来た
ナタリー・ポートマンが出演するのでチェックしていたのだ

失恋して
に出るお話

カフェのオーナー(ジュード・ロウ)とイイ感じになるけれど
失恋の痛手を、未練を、断ち切るために
に出る

先からカフェのオーナーに葉書を書き
約一年間、色んなところで働き
失恋のショックによる不眠症を、忙しさで紛らわしながらお金を貯め
様々な人との出会いと別れを経て
自分の傷を癒していく

最後にまたカフェに戻って来るが
一年という長い期間は
二人にとって必要な時間であったようだ
始めから分かっていても
その長い期間は必要だったのだと思う


みんな経験したことのある筈のストーリーなのに
あまりにも当たり前過ぎて
逆にリアル感がなかったように感じた
映画はもうちょっとだけ劇的にした方がいいのかもしれない

それから
ちょっと説明的過ぎたように感じた
名言はしていなくても、投げかけるイメージの回答が限定されるものだったから
それは説明しているのと同等だ、と思った
分かるか分からないか、くらいに留めておくのが一番いいように思う
分かる人には分かるだろう、くらいに
今回のは、小学生でも分かる様な暗喩だったので単純で、限定され過ぎていて、想像の余地がなかった


ナタリー・ポートマン
あのが美しさを際立たせているのだと思う
優雅にあがったは実にゴージャス
よく動くは、また表情も豊か
レオナルド・ディカプリオも全く同じ理由だ(あの間の皺も良い)
目の表情というのは
実は乏しくて
一番大きく表情を作るのはだと思う
ナタリー・ポートマンの眉は
本当に美しい

というかタイプ
なだけ?


※以下の動画と写真は映画とは一切関係ありません


水戸ピラミッド
いじわる
寝たふり   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/183-1bcd90ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。