FC2ブログ
『クローバー・フィールド』感想|ネタバレ少々
『クローバー・フィールド』を観て来た
ホームビデオで撮影された謎の多いパニック映画、ということで
ちょっと期待しながら映画館へ

予告で自由の女神の頭が吹っ飛んで来るシーンや、怖い生き物系の侵略?らしいぞ?くらいの予告で
結構期待させる感じの予告に仕上がっていたけれど
『ブレアウィッチ・プロジェクト』には負けるっしょ
と思いながら観たら、トータル的には案の定『ブレアウィッチ・プロジェクト』に負けていた

そこで簡単にネタバレと感想をまとめると(※注意…感想を書くためのネタバレしかしないつもりですが、内容を知りたくない人は以下読まない方がいいかもしれません。)

1.ホームビデオにしては、画質が良過ぎて、あまりホームビデオな感じがしなかった

2.高画質高音質なのに、テープらしい

3.モンスターが想像を絶しなかった(見たことのないようなデザインを期待していたため不満だった)

4.最後まで何も明らかにしないのは正解だと思った。しかし『ブレアウィッチ・プロジェクト』みたいにもう少しはもったいぶって、モンスターの全貌はぼかして、状況も分かりにくくした方がリアルだったのではないかな、と。少し観客に対して親切過ぎたような気がする。欲求不満さを残すくらいがいいのかもしれない。

5.パニック映画にしては、愛が語られていたので、その辺りも少しリアルさに欠けたけど、それがなかったらあの映像は撮影されなかったことになるから、例外の一つとしてあってもまぁいいかぁ、くらい

6.『リアルなパニック映画』として作りたかったと思うけれど、欲を言うなら、もうちょっと、現代っぽさを出してもよかったのかもしれない。もうちょっと。携帯で吹っ飛んで来た自由の女神の頭部を何人もの人が撮影しているシーンは確かに現代っぽさを表現していたけど(「そんな至近距離で一体何を撮影しているか分からないじゃないか」と突っ込みたくなるくらい自由の女神の質感を撮影している人も数人いたけど)危機に対する反応の薄さというか、遅さみたいなものをもう少しだけ感覚的にでも伝わるようにするとまたちょっとリアルだったんじゃないかな、と思ったり。そこは結構できていたからこそ、もう少し…!とエールを送りたくなっただけなのだが。

7.マリーナ役が超カワイイ。あの目つきの悪さと、オシャレな格好、黒い髪と、素っ気ない態度がかなりカワイイ。ジョーディー・ホワイト(マリリン・マンソンでのトゥイギー・ラミネス)の女版って感じ。あのキャラが結構リアルに表現されていたので良かった。単純に冷たいと思った人物が友達を思って行動を共にしていたり、別に対して好意を抱いている訳でもないのに助けたり。意外にそういうのが人間だなって。



というのが取り敢えずの感想

どうしても『ブレアウィッチ・プロジェクト』と比べてしまうけど
比べちゃだめね!

面白かった
満足!
85点!

車1
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/190-5fba888b