スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

財布買換えの時期とは|Hippinessよ、さよなら
この財布客観的に見てどうなのか
分からなくなってしまった
財布表

もう6年くらい使っているのでは?
財布裏

膨れ上がる財布
中性脂肪に悩む財布
財布斜め


お金は入っていないのにパンパンに膨れ上がる財布…
通帳やらお店のカードやらで色んなものがつまり過ぎている財布…
人生が詰まっている、なんて愛着はないけれど…
これだけ長く持っているのだ、気付かない愛着があるのかもしれない

女の子が財布だけ持ってお昼小走りする姿
ができないタイプ。こやつはできない。したくてもできない。
こやつはどちらかっていうと、健サン(健康サンダル。イボイボのついた。え?略するなって?)を履いて、ゴールドのラインの入った黒いジャージを履き、腹巻きと白いランニングに、小脇に抱えて歩くタイプの輩だ。
そのくらいデカい。
世に言う、セカンドバッグというやつ。

ごめん、言い過ぎた。
財布厚み

家に帰って、レシートや、殆ど行かないお店のカードなどを出す

鍵をまとめるキーホルダーも高校生くらいから使っていたものだったので
確か昨年ビゾンテのやたら重いキーホルダー(のくせに8000円近くした!真鍮と皮なのに!)に買い替えたのだった

きっと財布も強い意識が働かないとずーーっと死ぬまで使い続けてしまう類のものだ

ウーム

買い替えたいけれど
中途半端に今変えるのもなんだから
何かきっかけができたら変えよう

今じゃない
今じゃない
ガマン、ガマン。

財布ロゴ

これはHippinessといって
福岡発の洋服のブランドが初めて皮製品をリリースした時の第一号なのだ
懐かしい
roller's hight!!っていうセレクトショップから独自ブランドを立ち上げてHippinessができた(と聞いた記憶が。間違っていたらごめんなさい)
福岡市東区香椎にセレクトショップがあって(地元の人しか知らない様な商店街の中にぽつんと)
私も大好きだったお店だった
今は亡きマツヤレディースにも店舗を展開していた時に購入
Hippinessの服もよく買っていた
検索してみると、ブログが見つかり、今も昔と変わらぬちょっとダラリとした、アンニュイな、で且つロックな、アウトサイダー炸裂な服を展開していて、かなり懐かしく
また行ってみよう!と思った(今は今泉にお店を出しているみたい詳細はコチラ→hippinessの服と人々。
古着も着たくなった
Hippiの服は古着とよく合う。
蛍光色使いも超私好み。
学生の頃はよく蛍光色をよく服の中に入れていた

なんだか
あの頃の自分はどこに行ってしまったのだろう
とセンチメンタルな気分になってしまった。。

この財布を未だに持っていることが
少し申し訳ない様な気もして来る

あの頃の私はもっと希望に満ちていて、と同時に絶望的で
まさにロックな女の子だった
(ナンシーと呼ばれていた私。しかも影で。シド&ナンシーのナンシー)

この財布は多分使っていてはいけないと思う
よし、ビゾンテのタバコ入れと一緒にしまっておこう(ビゾンテのシガーケースも現行のものとは似ても似つかないくらいに変色している。いや、私一代でそうしたのではなく、友人に貰ったものなのだ。煙草の似合う人にあげようと思っていたが、まだ誰にも渡すことなく持ち続けてしまっている)

新しい財布を手に入れたら

君を20代の思い出としてしまっておくことにする



↓会社の同僚の台湾土産。烏龍茶。ウマイ。
烏龍茶
いじわる
寝息   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/201-6d800fcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。