スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

『大いなる陰謀-Lions for Lambs-』感想|むしろネタバレ読んでから
さっき『大いなる陰謀-Lions for Lambs-』観て来ました

一般公開初日
上映時間前10分(いつもはon timeの私も10分前行動)
カッと映画館入るや否や
少なっ!!

一人しかいないし
何その端っこ

私なんて通路から一列目(前派。あんたどっち派?あたし前派。)
ど真ん中

それから5人?5人入って来た
5人

少なーっ!!

予習なし
予備知識無し
アメリカの情勢疎し
に留まらず世界の情勢疎し

『大いなる陰謀』かぁ
チケット買う時『大いなる遺産』と間違わないように間違わないように『大いなるい』まで一緒やからな、大いなる、い、まで一緒やからーと思ってモニター見ながらこれこれそうそう、『大いなる遺産』て、ちゃうやん
とか期待に添えない感じでフツーに言えたし『大いなるいsんぼう』って。おーふっあぶねーあぶねー

さてと
始まったー
『Lions for Lambs』
原題を初めて知る(毎回そう。予習しない人。する程熱心じゃない人。熱心じゃない派。言い直す派。言い直す系?)
ラムってラム肉のラム。多分
ウーン、分からん
調べてくれ
隠喩は分からん。日本人やし。ラムとライオンの関係性も分からんから訳の仕方も軽く分からん。

まぁいいや、後回し。


これ
予習なし厳しい
どっち系?どっち系?
これ上院議員トム・クルーズと40年選手の記者メリル・ストリープの独占インタビューっていうか、記事書けやーご指名インタビューのやり取りの間中ずーっと頭ぐるぐる
どっち系?
これどっち系の人が作ってんの?
それ読み取るのが先決。
表現が曖昧で、なんか意味深な表情ばっか繰り広げるからこの大物たち。
超意味深。
その目意味深過ぎる。

はい!
ここで演技評価コーナー!!
パチパチパチパチー!
以前このブログで、人間の表情は目よりもむしろ眉の動き。と豪語したいじわる。(My name is Ijiwaru.No,Iziwaru.)
違う
訂正。
訂正申し上げます。
訂正奉ります。
訂正奉り候。
トム・クルーズ眉と目がくっついてる系の人だから
この距離感!この距離感イイ!あたしも好きな人とこのくらいの距離感保ちたい!もうくっついてる同然!
トム・クルーズの眉は動かない。殆ど。微動だにしない。ラ王の如く微動だにしない。
目が喋ってる。
口程に喋ってる。
あとあの半開きの口。
あんまり半開きにするとバカっぽく見えるから今回のは、り斜め上向いての口半開きで、上から目線は控えめだった。(でもやってた。毎度の如く。)
トム・クルーズの目の演技。ちょっと参ったー。
ウマイ!
瞬きせずに瞬きするのもトム・クルーズくらいじゃ?
それ目ー閉じてないからっていう瞬き。
ちゃんと最後までしようやー瞬き、っていう瞬き。
なんかこういう演技は別の映画でも見たけど、忘れてしまった。
私の中ではアイドル的立ち位置からこれまた微動だにしないポジショニングを誠実さを持って約束することによる二人の許されない愛、だからこそその愛は不滅!っていう勢いのルーキー
だったけど、ここのとこどうあがいてもトム・クルーズの演技なんかイイ
嫌いだったのに、なんかイイ!
イイYo!

ハイ、次!
メリル・ストリープ
57歳の役だって
あ母さん的キャラがどこか残ってる感じなんだけど
そこは、あんまりカリカリした感じの人ではない方が、長年の経験、とか勘?とかそういうのが表せないから、やっぱりメリル・ストリープなんだろうなーとか勝手にこじつけたい派!
特徴的なのは仕草で演技をするんだなーという感じか
昔の俳優は演技が大袈裟な傾向にあると思うけど、ホラ、サイレント映画とかだったら余計に!
メリル・ストリープは寡黙なタイプではないから、体全体の演技が目立った
仕草や、立ち回りによる演技っていうか
表情はいつもの感じだったので、今回のキャラ特有の、という印象はなかった。

ロバート・レッドフォードは超有名だけど、古い人だからノーマーク。
超ノーマーク。
今Wikiで調べてみたけど、やっぱり殆ど見てない。
『幸福の条件』は見たけど、覚えてない。
『モンタナの風に吹かれて』もまるっきり覚えてない。
『クイズ・ショウ』は面白かったけど、監督してるだけらしい。
ウーン。分からない。


ちょっと長くなり過ぎている。
いかんいかん。

率直な感想。
娯楽ではないけど、凄く面白かった!
断定的ではないように感じたけど、メッセージ性は強くて、具体的だったように感じた。
アメリカの抱える問題を結構詰め込まれているように感じた。
主にイラク撤退とかそういうのだけじゃなく、アメリカの中にある根本的な問題も沢山凝縮されていた。
思いが強く感じられたので、感動した。
その問題とはアメリカだけのものではないので、日本人も、特に学生などは見るべきだと思った。
高校生くらいに。
若者の無関心は、日本の場合、若者だけではない。
日本の場合、政府はとっくの昔に陥落していて、企業が日本を作っているようなものだ。
企業に属する人たちは企業の理念の下働いているだけなので、基本的には自分、自分の属する組織以外の事には関心がない。
意見する、ということが叩かれる対象になると思い込んでいる人が多いから。
意見を持たない事が安全で、見て見ぬふりをする方が賢明だと考える人が多過ぎる。
そういうことを、『大いなる陰謀』では、大学の教授ロバート・レッドフォードと、学生トッド役でのシーンでは突きつけて来る。
アーネストとアーリアンのシーンは、全部切ない。
この問題はまだ日本は直面していないが、他人事では決してない。
結構ありえない感じで、この二人は描かれているので、見るに耐えない。
他のシーンは全部冷たいタッチで描かれているため、より問題を問題たらしめるために対比させるためだろう。
トム・クルーズの少数精鋭部隊大作戦について好意的な報道をするように記事依頼しているその時既にその作戦が大失敗っていう
チョッパー(ヘリコプターの事チョッパーって言ってなかった?)は打ち破られ、吹っ飛んで行くアーリアン。
どのくらい地面と距離があるかも分からないのにアーネスト友を追って飛び降りる
落下傘部隊ではない。ノーバラシュートノーライフ。
ありえねーとか思ったけど、そこはキャラクターを表現するためにも必要なこと。。
こんな若者が哀れに死んで行くなんてありえねー(涙)
っていう

とは言うものの
ちょっと日本人の私としては聞き捨てならない台詞もあったり
学費免除で復学できるとか、大学院にも行ける成績だけどローンがキツいとか、問題と直面しないといけないっていう考えのもと、志願兵としてアフガンに行く、と教授に言うけれど
教授が『戦う意味のあるものだったら反対しないが』みたいなことを言った
戦う意味のある戦争って一体なに?
どっち派で?
それこそ聞きたい。
戦争なんて一方の考えを押し付けるものだから、真実とか本当の正義とかはなくて
この世の中が示す通り、戦争に勝った秩序で世界が動くだけの話だから
そもそもの平和論とかではないんだろうなって思った。
だから結局ロバート・レッドフォードもアメリカ人な訳で。
今チベット人権問題とかやっとここまで浮き彫りになってるけど、にわかな日本人も今頃になってフリーチベットとか叫んでるけど、一応は仏教国なのに恥ずかしいったら。
私は海外旅行には全く興味がなかったけれど、大学の講師で非常にお世話になった先生に、どこに行きたいのか聞かれて、チベットと答えた時に反応があったのが嬉しかった。あの頃は丁度ニューヨーク同時多発テロで、同じ学年の子が海外研修?にヨーロッパに遊びに行っていた頃(数日帰るのが遅れている)。日本人が自分の国の事も忘れてアメリカ様々になり、哀れんで騒いでいた頃だった。バカみたいに日本中がアメリカの言いなりになって、思惑通りに洗脳されていた頃。
他の国も大変だけど、まず自分の国だろって、いう基本的な事が欠如するっていうのはどういうことなんだろうと思う。
『大いなる陰謀』も言いたい事は大体はそういうことなんだろうけど
やっぱりアメリカだから、戦争は続けないといけないビジネスだし、基本概念に、そもそも戦争しないっていう考えがないのだと思う。
でも、確かに、もし、国民が豊かになったら(勿論金銭的にではない)アメリカも変わるかもしれない。
どこまでを想定して『国が変わるかもしれない』という台詞を言っていたのか分からないけれど。

経済的には格差は絶対にマズいと思う。私は。
頑張った人が報われる社会?じゃあ頑張れない人は死ねっての?
社会主義はとうの昔に崩壊しているから言うまでもないけれど、格差はいかんと思う。

教育だけが国を救う。
私の考えはこれ一本。
望みはこれしかないんだもの。


独白が続いてしまった。

言いたいことが簡潔にまとまっていたので、伝わりやすいとは思いました。
ただどういうつもりでこの映画を作ったのかは、先に知っておいた方が良かったなって思いました。
大体こういう映画はいつも疑ってかかるので。。。
結局アメリカはアメリカ式正義の下でこれからも戦争し続けるのは、こういう映画を見た後も分かっておかないといけないと思う。
グローバル化と言っても民族は根本が違うのだから。

桜いっぱい2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:映画感想 - genre:映画
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/202-3ad05adc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。