FC2ブログ
私を群馬に連れてって
群馬県の会社のサイトを作ることになりそう

まぁ、いつものごとく、途中でなくなるかもしれないけれど。


もし取材が発生したらいいな、と思う。
私も営業に連れてけ


↓横浜トリエンナーレ作品。こういうのも理解できない。せめて作品の説明資料をどこかに置いて欲しい。ガイドブック買いたいと思う程のアートイベントでもなかったし。
横浜トリエンナーレ5
いじわる
寝顔   2 0

感じることだ
いじわるさん今晩は。

芸術は説明されて理解するものでは無いよ
目で見てはダメだ。

感じることが大切だ。たとえば
「すげー」「かっこいい」「ばっかばかしい」「おもしれー」
「でけー」「なんじゃコレ」「笑える」「だせー」等々何でもOK!
で、好きか嫌いかだ。

オイラは写真で見る限りはなかなかフォトジェニックで
いいオブジェだと思うけど、カメラマンがいいのかな。。。

↓チョット目を離した隙にずいぶん凹んでるなぁ
あんまり弱わっちいと人にいじわる出来なくなるぞ^^
2008/10/23 02:58 | | edit posted by 黒い犬
弱ったいじわるです
右には、白いシートの上に、浅い箱があって、その中には黄色のペンキが入っていました。そこにすれすれに吊るされた鉄の玉。監視員によってたまに振子のように揺らされていました。(なので黄色のペンキが散っています)そこに家をモチーフにされたようなセットが。
意味深だけど、一体何を意味しているのかは分からない。
ああだ、こうだと議論されるのを待っているような作品でした。
ヨーロピアンですな。
意味深だけど気分屋な作品。
横浜トリエンナーレは、全体的に『放置』で、ガイドブックには作家の紹介などされているのに展示空間は完全放置というのが私にとっては印象悪かったです。普段どういう作品を作っているか、くらいは紹介してもいいのでは、と思いましたよ。それ以上興味が湧かないより、少しでも関心持ってもらった方が作家のためにはなると思います。
スタッフの数が多過ぎて鑑賞の邪魔になったし、私の中でかなりポイント低かったです。。
でも、初日だったから、ということにしておきます。
二日間有効の割高チケットにも不満。(一日のみ有効のチケットはなかったのです)単価上げて運営費稼ぐなんてひどいです。
いつも作家にとってどうか、芸術に関心のない人にとってどうか、運営者にとってどうか、という観点から見ようと努めていますが、総合的に横浜トリエンナーレは良いところが少なかったです。展示作品のジャンルが偏っているにも関わらずサブタイトル的なものもなかったので、これが現代美術と思われたらたまったものじゃないと思いましたよ。
シャトルバスだけが良かったです。宣伝が足りませんでしたけど。
2008/10/23 22:11 | | edit posted by いじわる














 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/538-91e3fd7d