スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

目的のない笑顔
眠りたい

二度と
起きなくてもいい

もう二度と
起きなくてもいい


と思うことがたまにある

つまり生きていても仕方がない、というようなことである


病的だと思うけれど
現に私は幸福感を感じていない
今現在は、その状況に慣れてしまって、淡々とした気持ちで日々を過ごしているわけだが
あまりにもハッピーな気分がないと、生に対する欲求が薄まる時がある

しかしながらそれは一時的なものであり
実際は、朝起きて、仕事に行き、休日も引きこもることなく活動する
実際は、希望をもって生きているのだ
どんなに死にたいと思っても、人は光に向かって生きていく強い生き物なのである。

一番大切なのは
幸福感のために生きること
笑顔
日常
であると考える

決して評価でもなければ、何かを成し遂げる、とかお金のために生きるものではない
それを得ることで幸福感を得るという保証はない
幸福を探すという作業は、人によって違うし、時によっても変わるので、つまり簡単ではない
幸福を探す集中力は意識しておかなければならないと思う

そして笑顔
辛くても、苦しくても、楽しくなくても、笑顔でいることの大切さ
これは体験してみないと分からない
これを実践している人と時間を過ごさなければ分からないことかもしれない
どんなに素晴らしいことか
どんなに人を助けられるのか
人に殆どの場合良い影響を与えることなのだ
笑顔だけが人を幸せにするといっても過言でないと思う
私が学んだ中で一番素晴らしいのが”笑顔”
面白くなくても、自分は苦しくても、笑いたくなくても笑っているということがどれだけ人の心を動かすだろう

そして日常
一時的な鬱状態、一時的な野心を軽く凌駕する力を持つのが日常だと考える
つまり習慣である
一時的な鬱もよし、一時的に無敵になるもよし、しかしながら日常に勝るものはないということだ
恒久的な向上心というのは、日常の習慣であると思う。


幸福を探す集中力
笑顔を絶やさない
日常の習慣


楽しくない今でこそ
笑顔だね

がんばれ、私

赤とんぼ
いじわる
寝顔   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/588-a7401c6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。