FC2ブログ
細胞診の結果
今日
家に帰ると
病院からの検査結果が届いていた

11月12日(水)に受けていた子宮癌検診の細胞診の結果のことである

結果は



『異常なし』




ヤーーーウェイ!



正常な女の殿堂入りを果たした
と思いたいところだが
一度は異常な女の汚名を着せられたわたくし
半年に一度の細胞診を続けて行きましょう
とのこと

これで
半年後の人生までは考えられるようになった

これまで
正直
三ヶ月先の人生は想像できなかった
未来に光をもって想像をすることができなかった
三ヶ月後の結果によっては
奈落の底に突き落とされるかもしれないから
でも
とりあえず
半年後の自分の人生を考えられるようになった
遠慮をなくせば
一年先くらいのことなら
考えられるカモ?

超孤独だったけれど
いい経験だった
人は孤独で
『死』ということを考えた
これまで『死』について考えて来ている方だと思っていたのに
まるで初めて『死』ぬことについて考えたようだった
いや、本当に、自分が死ぬということについて考えたのは初めてだったのだろう
これまでは考えているような気になっていただけだったのだ

あっけなく死んでもいい
ただじわじわ消えて行くのだけは嫌だと
強く思ったし
それは今もそうである

アラーキーに手相を見られた
私の生命線は両方とも短い
『ここでこう行けばこうなるじゃないか』と殆ど無理矢理だったけれど、折れたところを繋ぎ合わせて長くしてみせた
小さい頃から
生命線の短さは気になっていたけれど
悪い結果が来た時には
正直『ああ、やっぱりな』と思った
長生きしそうになかったので

でも
今回の事で
自分は長生きしないのだと
思ったので
また
悪い結果が出たとしても
少しは平穏な気持ちで受け入れることができるだろう

ひとまず
2008年は
ほっとして終えることができそうだ

次回の検診は5月



寒い冬
病気の人は
乗り越えられずに亡くなる人が多い
祖父もそうだった

この冬、私はなんとか乗り越えられる

灯台2
いじわる
眠りの迷宮   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/595-39f05dd9