FC2ブログ
焦がれた蜻蛉
戻って来た私

地に足がついた


なくした臓器が
おなかの中へ戻る

ざわざわとした胸騒ぎも
定まらない視点も
なくした言葉たちも
指の間から絶え間なくこぼれ落ちていた記憶も

もう大丈夫

私は立ってられる

戻って来た部分たち




私の前から
亡霊は消えた

消してくれた君には感謝する
本当にありがとう
君のお陰で
やっと歩き出すことができそうだ


さて
霧が晴れた今
私はどこへ向かうべきなのか

何を求めて
素直な気持ちで
どんな気持ちで


これからゆっくり
一歩一歩
歩き出す

もう
不安にはなりたくない




ゆらりゆらりと蜃気楼
灼熱のアスファルトに
思わず触れた

灰となって散る蜻蛉

スペースワールド2
いじわる
   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/627-0acd5851