FC2ブログ
本多 孝好【真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A】読んだ
b○○k○ffで105円で買った【真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A】を読んだ。
これで読んだのは二冊目。
【FINE DAYS】を以前読んだ事があって
ホラーチックな描写に驚いた記憶あり。
今回の【真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A】は
ホラー描写なくて
ふぅん、てな感じで
結構色んな部分で共感できることが多くて
普通に元気づけられたり?
私も頑張ろうなんて、励まされたり?
あれ、こんな作家だったの?っていう。

正直になろうって
思えた?
励ましてくれてありがとー

疑問に思ってたり、不安に思ってること
あまり人に話さないような繊細な内容のことが
しっかり書かれていて
そういうところで不安に感じたり、いいなと感じたり、目に留めるもんだよね
って、そういうところで共感?
できたのかな

3年とか、6年とか、10年とか
普通に年月長いんだけど

私の苦しんだ2年間
失った2年間、なんて呼んでたあの年月
まだまだ短いじゃない、なんて
励まされたり

騙して騙して
自分を見失った年月にさよならすべく
ちょっとだけ後押ししてくれた一冊

個人的には
いいきっかけになった
本でした

桜島
いじわる
寝たふり   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/642-168c4d04