スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

200901【CHANEL】新色【ワイルド ローズ】レーヴル サンティヤント ワイルド ローズ リップグロス
今日購入したもの
レーヴル サンティヤント ワイルド ローズ リップグロス ?3,300
ルージュ アリュール 38 ?3,900
CHANEL1.jpg

今回購入した新色は、リップグロスである【レーヴル サンティヤント】シリーズの2色のうち【ワイルド ローズ】の方。
もう一色は、白っぽいピンクベージュでした。
こちらの方は、濃い色味の口紅を持っている人には、重ねて塗ると表情が変わるのでイイ感じでしたが、私は濃い色の口紅や、濃い色のグロスなどはあまり持っていないので
濃い色のグロスを購入しました。
薄い色のグロスなどと混ぜて塗っても表情が変わるようですし、まぁ、気分転換にいつも購入する色とは違ったタイプの色を選びました。
ローズ系ですが、シルバーのパールが入っているため、グレーっぽい表情になって、クールな印象です。
それに合わせて、薄い色、ヌーディーな色の口紅を一緒に購入しました。
これは、昨年初夏に発売された【ルージュ アリュール】シリーズの口紅です。
軽い付け心地に、落ちにくいという特徴があるそうです。
植物油を使用しているため、トリートメント効果もあるとのこと。
確か、このシリーズの口紅には映画調のムービーが作られていて、なんとかアルバが出演していましたね。女優の名前、忘れちゃいました。なんとかアルバだったような。
ワンタッチでシュポンと出て来る容器です。
ただ、色や質感、成分だけでなく、世界の最先端を行くCHANELだからこそ、容器にもこだわって、行為そのものにも贅沢なひと時を演出したい、ということなのでしょう。
口紅の部分にCHANELの刻印がされているのも特徴の一つです。
このワンタッチでシュポンと出て来るのは、その他No.5など香水類にも多数使用されています。
今回このラインでの口紅は初めて購入したので、他のラインとの違いなど気付きがあればまた更新します。
CHANEL3.jpg

今回私がこの組み合わせで購入した理由。
この新色リップグロス【ワイルド ローズ】は、これまで長年ヌーディーでライトな色を好んで付けていた私にとっては、色味を強く感じます。
色、付けてます!って感じてしまいます。
目が慣れていないせいですね。
なので、ラインを薄い色でひくといいわけです。
ゴールドの口紅を持っているので、事足りるのですが、確かもう8年くらい前に購入した限定色な為(【アンフラ ルージュ 14】色の名前は『MISS FIZZ』と書かれています。限定かな?どうなのかな?)
手に入らない上に、ゴールドなのでアゲアゲな気分の時に使いたいということや、年数経っているので唇にも負担あり?と思いまして、普段使いできるような、ゴールド調のベージュを選んだのです。
薄い色を持っていれば、濃い色を購入しても、混ぜたり、ラインで使ったりすることで印象を薄めることができるので、この色を購入しました。

紅の口紅
と言えばCHANELですよね。
永遠の憧れ、ですよね。
これまでの歴史上でも、憧れの女性はきっと、かなり多数の女性が持っているはずです。
キーワードとなるような女性は、おそらく皆、持っているはず。
CHANELの紅には、三種類あって、朱っぽい色み、ローズっぽい色み、そして深紅。
私は多分ローズっぽいのを好みそうですけど。
まだまだ赤!なんて使う時ありませんねー。
私も、機会あれば、買ってみたいものです。
赤だけでも沢山ありますからね。きっと私の顔、肌の色、メイクに合う色を見つけられる筈。

余談でした。

今日は、いい買い物できたんじゃないかな、と思います。


CHANEL2.jpg
しかしながら
値上がりしましたねー
昔、まだ私が中学生だったか、高校生だったか
そう10年以上前は、口紅は2800円だったと思うんですけどね。
そして3200円になって、今では3900円ですか。
ちょっとビックリですね。

グロスも、昔は2800円とかだったように記憶していますけど、気のせいでしょうか?
いやはや、口紅が4000円代に突入したら、私特攻隊長としてCHANELに強行突入しますけど。許しませんけど。しれっと値上がり。品質は上がっているのは認めますけど、だからって値上がりは認められませんよ。
まったく。プンプン
いじわる
寝たふり   0 0

thema:コスメ・美容 - genre:ヘルス・ダイエット
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/651-77b176e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。