スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

GR DIGITAL 2ファームウェアインストール 最新版|2009年2月現在
GR DIGITAL 2のメーカー保証期間内の無料修理から帰還してきたGRD2で
久々にちょっと写してみて
これまで違っていた事に気付いた

昨年春に購入して以来、ファームウェアのアップデートをしていなかった
するとその後、アップデートが二度程あっていたようで
修理の時に、どうもアップデートまでしてくれていたようでした。
サンキュー修理してくれた会社よ(RICOHではなかったようだ。ヨドバシが修理を依頼したのは別の会社名だった)

2008年11月27日公開の機能拡張ファームウェアVer. 2.20は
◆AFターゲット移動機能が通常モード時にも使用可能
◆AFターゲット移動機能をFn(ファンクション)ボタンに登録可能
◆マニュアル露光モードの絞り値、シャッタースピードをマイセッティングに 登録可能
◆マニュアル露光モード時のワンプッシュ露出設定の拡大

が追加されたようです。
どの機能もかなりありがたい機能追加となっており
特にオートフォーカスのターゲット移動はとても重宝します。
これは、通常中央でフォーカスを合わせたり、何箇所か自動でフォーカスを合わせてくれるのに加えて、カーソルを十字キーで移動させることにより、ピントを合わせる箇所を指定できるものなのですが
これがない場合は、中央フォーカスで一旦合わせたいものにピントを合わせ、半押しのままカメラの向きを変えることで、任意の箇所にピントを合わせたまま構図を移動という方法をとっていましたが
カメラを動かすことで、実際少しだけピントがぼやけたりしていました。
しかし、カメラを固定したまま、カーソル移動で任意の構図で任意の箇所にピントの合った写真を撮れるというのはとても便利な機能です。
しかも、その機能をファンクション登録できるというのですから、更に使いやすくなったのです。
これは素晴らしい!!

三番目の絞り値やシャッタースピードをマイセッティングに登録できるというのは、どういうことかと言いますと
これまでは、前回電源を切った時の値で、開始だったのが
セッティングした値で電源ONできるというのです。
これもまたある意味では便利な機能だと思います。
基本的に晴れた明るい時に、ビシっとしまった写真を写したいのよっていう人は、絞りをキュっと締めて、シャッタースピードも速めに設定しておけばいいのですよね。

最後のワンプッシュ露出設定の拡大というのは
ズームボタンをワンプッシュすることで、その時の最適な値に設定してくれるという、これはかなりありがたい機能となっております。
たとえば、三番目の機能で、いつも登録しているお気に入りの値とは違った状況下で電源ONした場合、瞬時に写したい!という時にワンプッシュでその時最適の値を出してくれるというのですから、コロコロダイヤルを回す必要がないのです。
数秒の違いですが、この数秒はカメラの世界では大きいのですよね。
このワンプッシュ、絞り優先なのか、シャッター優先なのか、両方のプログラムなのかも設定できるというのだから素晴らしい。
まだ修理から帰って来て、少ししかカメラを触っていませんので、私はまだ未設定なのですけど。

いやはや
今回の機能追加はGRDの瞬間撮影を更にスピードアップさせる素晴らしいものとなっております。

コンデジは瞬間撮影こそが命ですよね。


で、その前の機能拡張アップデートも見逃していた私です。
2008年7月24日公開の機能拡張ファームウェアVer. 2.10は
◆ホワイトバランスの色調をきめ細かく補正することが可能
◆ISO感度に応じたノイズリダクション機能の設定が可能
◆絞り優先モード時の絞り値の自動シフトが可能
◆ISO感度の表示
◆再生モード時の詳細情報表示

が追加されていたようです。
これは、私にとっては結構地味な機能拡張です。
ホワイトバランスは私にとってあまり重要ではないので。モノクロが好きだから。

二番目のノイズリダクションをISO感度で設定できるというのは、なんだかよく技術的なことは分かりませんが、きっと良いことなのでしょう。
これまでノイズリダクションは常にONにしていました。
きっと、感度が80の時でさえONになっていたのでしょうけど、80の時には、もしかしたらONでない方が画像が綺麗だったのかもしれません。
私はGRD1の頃の、高感度の時のノイズが非常に気になっていたので、勿論ノイズリダクションはONでしょ、と思っていましたが
感度によってON OFF切り替えが可能になったというのは、きっとそういうことなのでしょうね。
ふーむ。
ということで、ノイズが気になり始めるISO 400以上でノイズリダクションをONに設定してみましたよ。

その他はちょっと私にはあまり関係のない機能追加なので、スルーさせていただきます。
ISOの表示というのは、私は固定、もしくは自分で選んでいるので、関係ないんです。ISOをAUTOに設定している時に発揮する機能ですね。
絞り値とシャッタースピードをマイセッティングに登録できる今回の機能追加を考えると、ISOをAUTOにしてみて実験というのもマイセッティング2でやってみようかしら。

再生モード時の詳細情報表示というのは
正直あの小さな(GRD1の頃より画面は大きくなりましたが)画面上でコントラストやシャープネスなどの画像設定の詳細情報が確認できたとしても、その違いを感じることまではできないのでは、ということで、地味な機能追加であると認定してみました。地味、認定。



そんな感じで
相変わらず素晴らしいGRD2の多彩な機能ですが
使いこなしてこそのGRD2なので、これらの機能をフル活用して
瞬間的に、直感的に、撮影が可能となると思います。
一旦マイセッティングで登録してしまえば、そこから様々な機能を使わない傾向にあるのもまた残念な性格ですが、GX200なんかは、マイセッティングが3まで設定可能というのですから、更に柔軟ですよね。(GRD2は二つまで)

数秒で盛り上がる撮影意欲が沈下する前に、望ましい撮影条件を実現してくれるこれらの機能追加。
しかるべきボタンの位置を指に覚えさせてこそ、であります。
GRD2の一番悲しいところは、ADJ.レバーがバネで固定されていて、ダイヤル式でなくなっているところです。ちょっと時間がかかるんですよね。
一番イライラしてしまう瞬間でもあります。
この設計をフルカバーすべく、機能拡張アップデートだとも思っております。
ADJ.レバーで失った数秒を、その他の機能でカバー。
プラマイゼロ
みたいな
うそうそ
ちょっと言い過ぎました
ADJ.レバーを倒さないで良くなったんです。
【マニュアル露光モード時のワンプッシュ露出設定の拡大】という素晴らしい機能のお陰で。
ADJ.レバーはシャッタースピードの調節ですから、絞り優先でシャッタースピードを瞬時に適度な値に設定してくれるというだけで、数秒速くなりました。
ただ、このワンプッシュ露出設定、若干明るめです。
私は若干暗めで撮影するのが好きなので、ちょっと修正する必要があるんですよね。
ま、そのくらいはいいんですけど。


さてさて
機能拡張ファームウェア
いつまで更新されることでしょうかね?
フェリー椅子
いじわる
寝たふり   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/674-b7576d9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。