FC2ブログ
Myspaceでの宣伝について
Myspaceの宣伝効果について
1.不特定多数のユーザに向けて音楽活動の宣伝をするアーティスト登録のユーザ

2.地域や有名アーティストのフレンドからのリンクを辿って絞られたユーザに訴求するタイプの二つに分けた場合
1.の方がより有名であればある程、効果的で、無名であればスパムと同等の処理をされてしまう。
無名であれば、地域や、有名アーティストを辿ってある程度嗜好を絞った上でメッセージを送ると割とそう低くない確率でライブやクラブイベントへ囲い込むことができるように思われる

世界で一番の規模のSNSでありながら、意外に使えない訳でもないのだ。

私はMyspaceはほぼ放置であるにも関わらず、
メッセージの内容によっては(丁寧なメッセージ)返信するし、それが一度で終わったりもしない。
勿論ネット上での繋がりなので、簡単に忘れてしまうし、後回しになるし、切れてしまう。

地域で検索してきた人が、イベントへ紹介してきたが、丁寧なメッセージを送ればちゃんと足を運んでくれるものだ。
(今週末そのイベントに行こうと思っている)

では、その丁寧なメッセージとは何か
フレンドの状況を見ると、音楽の趣味が分かれば、それを話題に挙げれば良い。
写真をアップしていれば、それについてコメントすれば良い。
動画も然り。

それだけ。

相手の関心のある話題を出せばそれだけで相手は耳を貸してくれる。

口説くのと同じと言えば同じなのだろう。


Myspaceでメッセージやり取りをしていたのは
全員私がアップしていた写真について感想をくれた人ばかりだ。

ということで
Myspace上でライブ告知をして、本当に来場してもらおうと思えば、不特定多数の人に心のないメッセージを送りつけるよりも、より高い確率で訴求できる筈なので、実践してみるといいのではないかと思う。
以前紹介したアメリカのバンドも、かなりフル活用している。
丁寧であればある程効果的。

メルマガと同じである。
日常の内容をメルマガ本文に書けば、なんとなく親近感を覚えてくれてロイヤルカスタマーになる確率も高くなる。
商品の事ばかり書いても、姿が見えないと人は関心を示さないものだ。

自分もこうしたことを実験してみたいものだ。

↓写真は記事とは関係ありません。プライベートでの趣味写真。
雨カラー
いじわる
寝たふり   0 0















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/694-ec557222