スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展&『高松次郎コレクション in Hiroshima』展@広島市現代美術館
広島市現代美術館にて『どろどろ、どろん~異界をめぐるアジアの現代美術~』展観て来ました。

かなり良かったです。

盛り沢山でした。
現代美術と、巻物や掛け軸、その他お面などの展示がミックスされていました。

西尾康之氏の観た事のない作品がみれて良かった。
特に冒頭の、女の頭部が良かった。
あと、昆虫三体の作品も、非常に良かった。
背中まで回ってみると、甲羅?の部分がとても良かった。

売れっ子というか、スピーディーに?手法?や媒体にこだわらず?様々な作品を作りだす小谷元彦氏の作品(能面のやつ)があった。
もの自体に込められた魂のようなものは、残念ながら西尾氏の比にもならないが
見てくれはクールで、キャッチーだと思う。
いや、このキャッチーさが私はたまらなく好きなんだけど。
キャッチーというのは、ある意味失礼な言葉かもしれない。
でも、どの作品も抵抗なくクールに見えるのだから、そうなんだと思う。
現代にピッタリの、需要と供給がピッタリ綺麗に合ったポイントにいらっしゃる方だと思う。
変な癖がなくて憧れます。

西尾康之氏の掛け軸?の作品が凄く良かった。
着物を着た女子が、幽霊となって現れた、やや下から見上げる感じに描かれている。
こりゃ凄いと思った。
怖くなかったのが少し残念なんだけど。怖さよりも圧倒的に美しいというところが、少し悲しかったけれど。
例えば、昔の幽霊画の掛け軸なんて、あんなに怖いもんないよね、という怖さがないというか。
これならコレクションで欲しいわ、ときっと人は言うはず、そんな感じ。

売れっ子?加藤泉氏の作品も、たくさん見れて良かった。
色がやっぱり綺麗でした。
毎回感動する、あの色の美しさ。
油絵の具の、ぼてっとした感じがいやらしくなくて、色がパーンと来て、いつも『ああ、いいなぁ』と思うのです。

会田誠氏の『おむすび仮面の小さ過ぎる旅』?だったか、そんなタイトルのビデオインスタレーション
これも最初から最後まで観たのは初めてで。
なぜこの人はこうまで他の人とテンションが違うのだろう。
真剣さがまるっきり別のところに働いているところが、この人の凄さかな、なんて。
この人の画力なんて今更色々言うこともないかと思うので割愛するけれど
いつも、予想よりも全く違うところにこの人はいるから、驚かされる。
期待を悉く覆すことが、この人のやりたいことなのだろうか。
おむすび仮面は、結構色んなところでお目にかかるのだけど
ちょっと、リアルで、寂しい気分になるので
フラッシュバックです。
私自身が。

凄い。


常設展の、『高松次郎コレクション in Hiroshima』展もとても良かったです。
高松次郎作品をこんなに盛り沢山観たのは初めてです。
高松次郎と言えば
大学の時に、田中幸人さんがもの派を力説される時に必ず登場する人でした。
立体作品が私はとても好きです。
日本のもの派や、アメリカのミニマリズムの、立体作品はとても好きです。
ただ、それと同じくらい、嫌いでもあるのです。
あれは、あれで完結してしまうところが、あまり好きではないのです。
言葉や理論で作品を作ってしまうと、それを越えることができなくなるのが、悲しいのです。
それもある意味反芸術なのでしょうか…。
人の想像を、越えることができないというか。
解釈が、一つだけというのが、悲しいのです。
勿論投げかけとしては、あの時、絶対にあってくれないと、今はないのですから、いや、好きなんだけど
いつも、見ていて窮屈な気持ちになったものです。

帰り、ショップで赤瀬川原平の『東京ミキサー計画』を980円も出して購入してしまったではないか。

という訳で
今回の広島市現代美術館も、今回の展示終了までギリギリのところ、滑り込みセーフで観て来ました。
良かったです。
とても。

では、また次回、楽しみにしています。

広島市現代美術館
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/717-bff38139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。