スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

大竹 伸朗 展|『路上のニュー宇宙』
大竹 伸朗の『路上のニュー宇宙』
7月14日(土)公開初日
台風の中車を走らせ、観に行って来ました。
風に乗って、飛ばしに飛ばし、路面を滑るようにして山を越え、予定よりも早く着きました。

14時から始まった講演
生の大竹伸朗を見たのは2度目
前回は、東京都現代美術館にて、『全景』のイベント?でギターのノイズが現代美術館に轟きました。
話しかけようとしましたが、その勇気はありませんでした。
観衆を眺めながら演奏(?)をしている大竹氏
なんだか、ちょっとワルな雰囲気の大竹氏に近づく勇気がなかったのです(笑)

そして、今回、福岡市美術館にて『路上のニュー宇宙』でのアーティストトーク

独特の豪快さで登場した大竹氏
やっぱり、こうでないと、と思いましたね

ちょっとだけ辿々しく始まったお話
飾りっ気のない、自然で、やっぱり豪快な喋り口がとても好きでした

そして、腕が大きいんですよね
前回は籠った形での演奏でしたから、肩から上くらいしか見えなかったのですが
今回、Tシャツでしたので、ゴツい手や腕を見て
作品を思い出し、ぴったりと一致しました

語り口調は
トーンは低めですが、鋭くて、自然で、雰囲気としてはワルだけど、真っ直ぐな感じがとても格好良かったです

話の内容はここで書くつもりはありませんが

作品が全てを語っているので
そう、作家の話は裏付けでしかないのですよね
うんちくではないのですよ

今度
広島でやる、というような事を言われていたので
2度観たのだから
3度目も観に行こうと、決めました

そして、次こそは
話しかけようと
思いました

でも
多分
私の事だから
大竹さんのファンではない
という事も言っちゃうんでしょうね
でも、大竹氏なら、その意味がどういう意味か、という事を分かる人だと思うんですよ

取り巻きというスタイルで話しかけるのは
必ずしも相手に好印象を持たせる訳ではないと思うし
ああいう自然な人というのは、褒められたり、崇められて嬉しがる馬鹿ではないと思うのですよ

何より
私は物凄い恥ずかしがり屋なのでね
ああいう見透かす人っていうのは(まず眼力があるんですよ)
ドキドキしちゃいますからね



それにしても
今日の文章は訳が分かりません
うちに姪っ子が来ていて家族全体が賑やかで、集中できません
また、書き直します。

また、来てね




はい、という訳で
書き直すというより、書き足す、事にしました
7月19日(木)
もう寝る時間なのですが
簡潔に終わらせます

大竹氏の魅力っていうのは
何より自然で、高飛車でない事でしょうか
かと言って奇妙ではないし、一般の人とちゃんとお話できるようなタイプだし
でも、他の作家と違うのは
やっぱり作品へのアプローチの仕方が違うっていう事でしょうか
人柄を表している、としか言い様がないのですが

そして作品一個じゃ何も分からない訳ですよ
数見れば見る程、大竹氏の肌を感じるというか
大竹伸朗そのものに触れる事ができるというか

えぇと、要するに単なる痕跡とか、記録ではない訳ですよ
見えてくるのは、ちゃんと大竹氏本人なんですよ
大竹伸朗の目、とか、肌、とか、息とかなんですよね

生きた痕跡を残す作家はいますけど
それらとの違いっていうのは
よりマーキング性が強いというか
マーキングっていう言葉はなんだか失礼なようで凄く当たっているようで
悪い意味で言っているのではなくて(いちいち小難しい言葉使いたくないんですよ。だって、そっちの方が失礼なような気がして)
痕跡とか、そういうものに、大竹氏の生々しさみたいなのが出てるっていうか
で、一つ一つの作品は断片であって、決して完結はしていないんですよね(それはお話の中でもそういうような事をおっしゃっていましたね)

非常に魅力的で、ドキドキしちゃうような、50代とは思えないエネルギーを感じた訳なんですけど
ホントに台風の中、行って来て良かったなって

だって、私、学生の頃絵を描いていて
親の縛りに一人暮らしだったにも関わらず苦しんでいた訳なんですが
友人に「大竹伸朗見てみなよ、彼は大学を休学して外国に行って、周りの反対押し切ってやり通したからこそあんななってんだよ。反対は付き物だよ」なんて言われた時に
大竹伸朗めって思いましたものね(笑)
いや、なんか、その頃からずっと「大竹伸朗にできて、私にできなかった事」みたいな悔しさっぽいものが残ってた訳なんですよ
別に作品は好きでもなく、嫌いでもなくって感じだったんですが(自分と全くタイプが違うし)
気になってはいましたよね
そういう強さっていうか、反抗心みたいな
私だって小さい頃からよゐこではなかったから
元々反抗してなんぼのところがあった訳だけれども
そこはできなかったっていうか
無茶するのは怖くなかったけれど、両親を心配させるのが少々気がひけてたっていうのはあったし

で、偶然、去年東京都現代美術館で「全景」があってたものだから
観た訳だけれど、あれは多分私にとって、何かの縁だったんだろうなって
やっぱり本人を見たっていうのが大きかったのかもしれない

ホントに魅力的で
なんていうか、目力みたいなのはありますよ

話したいっていうか、飲みたいですけど
えぇ、勿論無理なのは分かっているけれど、飲みたくなる人っていうかね
8月のライブ、気になるけど
広島まで、お預けにしようかな、とも

うぅん、迷うところだわ

温室葉っぱ

いじわる
寝たふり   1 1

thema:展示会、イベントの情報 - genre:学問・文化・芸術


大竹伸朗さん
すごい人です。
2009/02/22 16:32 | | edit posted by naya














 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/73-ff7f6d3d
大竹伸朗大竹 伸朗(おおたけ しんろう、1955年10月8日 - )は、日本の現代美術家。東京都目黒区出身。1974年、東京芸術大学に落ち、武蔵野美術大学油絵学科に入学するも、即休学。北海道別海町の牧場で働く。翌年から北海道各地を巡り絵を描いたり写真を
| みずほの日記 | 2007.09.11 10:03 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。