スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

『アロイーズ』展@ワタリウム美術館【感想】
ワタリウム美術館にて『アロイーズ』展観てきました。

--
アロイーズは、1886年にスイスで生まれ、ポツダムのサンスーシ宮殿でヴィルヘルム?世の王室付司祭の子どもたちの世話係の職などを務めた。31才で統合失調症となり、32才から78才でなくなるまでの46年間を病院で過ごし、自分の精神世界を追い求めて絵を描き続けました。アロイーズの芸術性は、1947年、フランスの画家、ジャン・デュビュッフェ(1901-1985)により、見出されて世の人の知るところとなります。デュビュッフェは、このような美術の概念に束縛されない自由な表現を、アール・ブリュット(フランス語=生の芸術)と命名しました。
--
ワタリウム美術館のサイトより引用(詳細はコチラ


ワタリウム美術館はその展示のセンスから、ぎゅうぎゅうになる程混み合うような美術館ではないにしても、よく知られた美術館です。
あまり広くはないため、ひっそりと観に来られる方が多いのではないでしょうか。
しかしながら今回の展示ではかなりの多くの人が見えていました。
特にビデオが流れているエリアは大変な込み具合でした。
作家を説明するようなビデオは、観る人は観ますが、観ない人が基本的に多いと思いますが
このビデオは誰もが最後まで足を止めて見入ってしまうという珍しい状況だったのです。
ビデオが流れている場所は二ヶ所ありまして、そのどちらもが人でごった返していて
やはり長時間立ったままということもあり、体力的にも疲れました。

なぜビデオに見入ってしまったのかと言いますと
やはりその世界観というか、独特の言葉が出てきました。
詩的というのではなく、私たちの心の中の、かなり深い部分の根本的なところを思い出さなければその言葉達は理解されないような、そんな言葉たちだったのです。

そして、作品たちは、マティスやピカソのように計算された美しさではなく、衝動や感動、弾ける想いから色を並べられた、という感じがしてきます。
夢中になっている様が感じられます。
なぜなら、見ているこちら側も夢中になって、画面を追ってしまうからです。

同じような作品が並ぶからなのか、一人の人の心の中に入ったような気分になる展覧会でした。



※画像はこの記事とは関係ありません。個人で写した写真です。
木目2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/742-3517dbf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。