スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

山中俊治ディレクション 「骨」展@21_21 DESIGN SIGHT【感想】
21_21 DESIGN SIGHTにて山中俊治ディレクション 「骨」展観てきました。
かなり久々です。
確かチョコレートの展覧会以来かなと思われます。
基本的に店に行けば見られる、買える、デザインものの展示にお金を払うという行為はしたくないので、関心の向かない施設でしたが、今回は骨ということもあって、観に行って見ました。

内容としては、正直物足りない感じだったかな、と。
1000円の観覧料では高過ぎる感じでした。
これはサントリー美術館と同じ運命を辿る確率高いんじゃないでしょうか。

露出の割に内容がペラい感じがしました。

一個一個は真剣なのでしょうけど
ボリューム的にも、やはり内容的にも、通常美術館などで1000円払う内容のものと比べると
物足りなさ過ぎて、記憶にも残りません。

明和電機の笑う作品は、あの手作り感が良かったです。
あれは印象的でした

その他は、”製品”になってもおかしくないものたちだったのでダメでした。
製品になってもおかしくない
というのはつまり
誰もがすんなり受け入れられるもの
何の抵抗もなく
そういうものって、実は心に残らないんですよね
ごてっとしててこそ、人の肌を感じるんですけど
それが全くない

ということで
別に携帯や腕時計をバラして展示しても、航空機をレントゲンで撮っても、最先端の義足や競技用の自転車パーツを並べられても、その企画自体に1000円はやはり高過ぎる、というのが本音です。


私のようなものが観に行く展示ではないということなのでしょう…。
デザイン等の仕事に携わる人が(私もだけどw)何かのアイデアを拾いに行く展示、というポジションでいいのでしょうかね


※画像はこの記事とは関係ありません。
木蓮
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/744-bcc676e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。