スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人@オペラシティアートギャラリー【感想】
オペラシティアートギャラリーにて『鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人』観てきました。
ここ数年の目紛しい鴻池朋子フィーバー
オペラシティにて爆発
って感じでした

ガールズパワー炸裂でした
展示数はそう多くないものの
一つ一つの密度が高かったため
観覧車はゆっくり観て回っている方が多かったです

動物の毛や、百合の花など(百合の花は香りが強過ぎるとして好まない人も少なくありませんが、キリスト教では神聖アイテムの一つなのでそれも関係してる?してない?百合は意味合いが強いので、使用意図が気になりました)刺激が強いものがあります。

アニメチックな画風や、和風テイストが人気の要因にもなっていると思いますが
圧倒的な画力には引き寄せられます

いつも思うのですが
動画が一番世界観が伝わりやすいんですよね
時間の感覚とか空気感というものが分かりやすいからでしょうか
表現としてかなり成功している手段だと思います
(でも今回大きな本に投影する、という形で動画が流されていたため、非常に見にくい。人が多くなるとまるで見えない)

ミラーボールみたいな赤子の?頭部?も良かったです。
途中なんか止まってましたけどw

オペラシティここ数年、面白くない展示ばかりでしたので
だんだん尖っていた頃のオペラシティに戻りつつあって嬉しかったです。
人が多い美術館ではないので、空間が落ち着くんですよね。


ということで
下の画像は記事とは関係ありません。
ボウリング1
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/746-69384a53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。