スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじわる
スポンサー広告  

花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち@熊本市現代美術館【感想】
熊本市現代美術館にて『花・風景展 モネと現代日本のアーティストたち』を観てきました。

モネは期待する程の数はありません。
期待は絶対禁物です
大きめな作品2つがかなり綺麗です
で、大きな作品が写真で展示されていますが
かなり空間がもったいないというか、非常に意味がありません(汗)
美術館で作品の写真を展示するなんて愚以外の何ものでもありませんから…
写真や図録は、美術館では絶対に目を通さない方がいいですよね
例えば、さっき見てきた展覧会の図録を購入して、すぐに見る、なんてことは。
今見てきた記憶をしばらくは大切にするのがいいと思います。
それで、写真というのは、本物と全く色が違います。
全然。
だから見ない方が得策です。
山口晃氏が、教科書の源頼朝の絵と、図録か何かの模写を書いた作品があったと思いますが
つまりそういうことですw
色が全く違ってびっくりした!っていう経験はどなたもあるかと思います
ということで、美術館という本物が見れる場所で、写真を展示するというのはちょっと…

蜷川実花さんの写真は相変わらず雑誌などから出てきたポップで商業写真な花たちが満載です
それが芸術家か、と問われれば私はかなり首をかしげてしまいますが
今は人気な写真家なので、蜷川実花さん目的で来館される方も少なくないのではないでしょうか

今回見事だったのが、若手作家名知聡子さんの作品たちです
ここはさすがに観覧者たちがごった返しているエリアでしたよ
私も長く観ていました
デフォルメの仕方がやや漫画チックなところが現代の需要とピッタリなのかもしれません。


ここ数年思っていることが
圧倒されるような絵画を描く人はもう出て来ないのだろうか、と…
私はゲルハルト・リヒターが好きなのだが
ああいう、見てびっくりするような、絵画を描く人が他にもいないものか、と。
その、今までの何かを覆すような?
今の現代作家、特に若手の絵画を描く作家って、殆どが何かのフィルターを通して表現しているようで
アニメチックな描写も正直もう飽きたし
アニヲタ市場が世界中で熱いのは分かっているけれど
美術が市場に振り回されるのもどうかと思ったり…
理想ばかり言っても仕方ないのだけど…

名知聡子さんの作品は高橋コレクションの一つのようです(現代美術作家の作品買い占めか)


ところで
私が好きな会田誠氏の作品もまたアニメちっくであるにも関わらず大好きな理由は
その作品の表面よりも圧倒的に中身に惚れ込んでいるからである
絶対日本人にしか分からないような作品ばかりだ
いくら海外で評価されようとも、海外では絶対に理解されないと言い切れる程に、私たち日本人にしか分からない作品ばかりだからである
その『絶対に』というところが凄いのである
かなり最高にいい意味で『ひどい作品ばかり』で、いつも見ていて幸せというか、満足というか、充足感を得られるのである。
あ、大丈夫なんだ
という気持ちにさせられるのである。
私の『安心エリア』に直に訴えかける力を持っているということだ
と、ここで会田誠氏の作品について熱く語っても仕方がないのでこのくらいにしておくけれども…

表面での作品とのコミュニケーションを楽しむのならば、今回の熊本市現代美術館での展示も楽しめます。

ボウリング2
いじわる
寝たふり   0 0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術
















 

http://sekitobamimick.blog91.fc2.com/tb.php/747-b330d3c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。